トラブル

犬にとって危険な植物たち ~危険!犬に食べさせてはいけない植物~

 まず、絶対NG!球根のある植物

犬にとってとても危険でいちばん注意しなくてはならないのは、球根植物です。
犬が絶対に食べないように注意してください。

【 ユリ類(ユリ科・旧ユリ科) 】

〈 ユリ 〉
ユリは、植物は花、花粉、葉、球根などすべてが有害となります。
少量で腎臓に障害がおこり、特に、猫に有害で死亡することもあります。
決して食べさせないようにしてください。

〈 チューリップ 〉
チューリップもユリ科の植物です。
ツリピンという成分が心臓に猛毒で、胃腸炎や痙攣を起こす可能性があります。

〈 スズラン 〉
食べたら数時間で不整脈、下痢、嘔吐、腹痛などが起こります。最悪の場合、異常に興奮した後昏睡、心不全で命を落とすこともあります。

〈 アロエ 〉
私たちにとっては、薬や食用に使うアロエですが、犬はアロエの樹液で下痢になります。

その他、ヒヤシンスなど。

【 ネギ類(玉ねぎ、長ネギ、チャイブなど) 】

球根の部分の毒性がとても強いのが特徴ですが、葉や皮の部分にも毒性が含まれます。
これらの野菜はキッチンでも犬が届かないところに置くように注意しましょう。

【 ヒガンバナ科 】

〈 ヒガンバナ 〉
ヒガンバナには、全体的に毒性がありますが、特に茎と球根には特に強い毒性があります。
犬が食べたら嘔吐、下痢、腹痛、麻痺などを引き起こし、最悪命をと落とすこともあります。

〈 スイセン 〉
食べたら下痢、嘔吐、心不全などになります。
稀に昏睡、麻痺を起こし、命を落とすこともあります。
その他、アマリリスなど。

〈 ベゴニア 〉
ベゴニアには、全体に毒があり、特に球根が有毒です。食べると口の中が痛んだり、口内炎、口唇炎、過剰なよだれなどを引き起こします。
ガーデニングで人気のベゴニアの花、散歩中に遭遇するベゴニアには注意が必要ですね。

〈 シクラメン 〉
シクラメンは、全体的に毒があり、特に球根部分の毒性が高いです。
胃腸炎や痙攣、神経麻痺などの症状があります。

次は、球根植物以外その他、犬たちが中毒を起こす植物たちの種類を覚えておきましょう!

参考書籍:
著/土橋豊博士(農学)
人もペットも気を付けたい 園芸有毒植物図鑑

犬にとって危険な植物たち ~犬が食べていい植物は?~

犬にとって危険な植物たち ~危険!犬に食べさせてはいけない植物 2~

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

投稿者の記事一覧

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

関連記事

  1. 日本犬が辿った系譜は日本人の歴史
  2. 2023年も!クリスマスに動物愛護団体や愛護センターの動物たちへ…
  3. 放っておくと怖い!歯の病気『根尖膿瘍(歯根膿瘍)』-2 体験談と…
  4. 猫の熱中症予防対策
  5. 動物たちも助けたい ~全国の災害時動物救護ニュース~ 第1回 V…
  6. ペットと私のエンディングノート
  7. うさぎの歯
  8. ペットと一緒に暮らせる高齢者(シニア)向け住宅 – 3 ペットと…

今月の人気ランキング

PAGE TOP