アメリカ

  1. アメリカのシェルターにおけるコロナ対策「これからに備え、緊急事態における柔軟な対応を」

    いろんなニュースが氾濫していますが、読む側も、報道する側も、その後ろで何が実際に起こっているのか、ちゃんと把握してほしいものです。 ぜひ、ご自分で保護活動をされている方は、今からできることを実行してほしいです。

  2. アメリカのシェルターにおけるコロナ対策「新型コロナウイルス流行が長期化した時に、シェルターで何が起こるか」

    アメリカで行われている新型コロナ対策。 備えが必要になると考えたのは、今の状況が長期化したとき、動物シェルターで起こることが心配されているからです。

  3. アメリカのシェルターにおけるコロナ対策「新型コロナウイルス渦中にあるアメリカの動物シェルター」

    今回の世界の動物事情は、新型コロナウイルス感染拡大しているアメリカの動物シェルターの状況について、動物虐待や違法行為などに関する「獣医法医学」を修了した認定法医学獣医師であり、アメリカ在住の現役臨床獣医師、シェルターメディシンでもある西山ゆう子さんにうかがいました。

  4. 災害時のペットとの避難を考える ~アメリカの事例:ペット同行避難のために事前計画を~

    アメリカの場合、最初から避難所には行けない、行きたくない、という人は、あえて避難所ではない場所に行くという選択をしている。

  5. 災害時のペットとの避難を考える ~アメリカの『スノーボール法』~

    今回の記事は、動物虐待や違法行為などに関する「獣医法医学」を専攻し、現在、日本人で唯一の認定法医学獣医師である西山ゆう子さんが、この夏の日本の台風被害や避難所の状況などを見て、Facebookに投稿されていたアメリカでの災害時避難の現状についてご紹介いたします。 少しでも多くの方に知ってほしいと思い、転載の許可をいただき掲載させて頂いています。 災害時の避難や避難所、避難場所のあり方。 これからの日本、国として、一個人として、とても参考になるアメリカの事例です。

  6. メリー☆クリスマス!動物愛護団体や保健所の動物達に愛をプレゼントしよう~!

  7. メリー☆クリスマス 動物愛護団体や保健所の動物達に愛をプレゼントしよう! Written by Big Tree for Animals

  8. アメリカの動物事情 第10回 アメリカでの動物ボランティア・アメリカの動物問題/終わりに

  9. アメリカの動物事情 第9回 TNR(地域猫)

  10. アメリカの動物事情 第8回 アメリカ流犬の問題行動対策

  11. アメリカの動物事情 第7回 アニマルレスキューに対する情報量

  12. アメリカの動物事情 第6回 刑務所や少年院でのドッグトレーニング/アメリカのペットストア(ペットショップ)

  13. アメリカの動物事情 第5回 成犬成猫の譲渡/マイクロチップ、迷子札の普及

  14. アメリカの動物事情 第4回 仔犬/仔猫の社会化と、狂犬病と避妊/去勢について

  15. アメリカの動物事情 第3回 アニマルレスキューグループ(動物愛護団体)

今月の人気ランキング

おすすめ記事

みんなの夢、猫の未来 第1回「不幸な猫をなくそう!」

猫は、保健所による捕獲義務のない動物です。その代わりに去勢や避妊の助成を行っている自治体が多くあります。足立区では、オス猫の去勢に2000円、メス猫の避妊に4000円の助成金制度を設けています。

新着記事

PAGE TOP