投稿・取材協力

  1. 鳥猟犬をたすけるために 第3回 迷い犬、捨て犬、もらわれた犬

    保護犬だったとしても、必ず家庭に入ってとてもいいパートナーになるということを、私たちの卒業犬を通して先生自身が証明されています。ですから、しっかりとしつけを覚えさせて一般家庭で共に暮らすことができるよう、飼い主も接し方を勉強すれば猟犬放棄を減らすことに、まわりまわってつながっていくと思っています。

  2. これから

    犬の殺処分が減ればよい、という思いはあります。ただ、それを直接うったえよう、というよりも、このような問題について子どもに教えたり、伝えていきたいと考えています。「総合的な学習の時間」の調べ学習で、ドッグシェルターの活動を知りたがっている小中学生が増えています。子どもたちはこれからの飼い主になります。里親になります。

  3. 鳥猟犬をたすけるために 第2回 CACIの人々

    今まで家庭犬として育ったことがない。たとえばリードをつけることすらできない犬もいます。センターから連れて来たときはおとなしいのですが、次の日になるとリードはつけられないし、すごい力で暴れてしまって・・・。その興奮状態を抑える術を知らないんです。

  4. 鳥猟犬をたすけるために 第1回 CACIの活動を始めるまで

    現在の日本では、猟犬は「狩の道具」であり、狩の現場で飼い主が放棄してしまうことが多いのです。これらの猟犬たちは、動物愛護センターに保護されますが、鳥猟犬を家庭犬として引き取ってもらうのは難しく、多くの犬たちはガスによる殺処分によって命を終えてしまいます。

  5. ペットのフード選び 第5回.避けたほうがよい食材

    「鶏の骨は縦に裂けて喉に刺さるからあげてはいけない」ということが常識になっていた私は驚きました。現地の方々に聞いてみると、やはりオーストラリアでも主にはそう言われているようです。

  6. ペットのフード選び 第4回.トッピングのすすめ

  7. ペットのフード選び 第3回.食欲不振のとき

  8. ドイツのペット事情 第4回.ペットの保護活動(ティアハイム)、ペット産業

  9. ペットのフード選び 第2回.ダイエット

  10. ペットのフード選び 第1回.ライフステージとフードの種類

  11. ドイツのペット事情 第3回.ペットに関する条例

  12. ドイツのペット事情 第2回.住環境・散歩・トイレ

  13. ドイツのペット事情 第1回.生活・しつけ学校・外出編

  14. 愛犬とのしつけエクササイズ 第4回.ハウストレーニング

  15. 愛犬とのしつけエクササイズ 第3回.フセ

今月の人気ランキング

おすすめ記事

犬と共に踏み出す一歩「KIDOGS」 第1回 KIDOGSの活動と目的 KIDOGS 犬の講師 里見潤

私は、ドッグトレーナーをする傍ら、飼い主に捨てられ保護された犬を一般家庭で暮らすためのトレーニングを通し、引きこもりや就学就労を継続的にできずに悩む若者たちの自立をサポートするNPO法人キドックス(KIDOGS)の活動に参加しています。 NPO法人「キドックス」は、「人と犬」双方の支援に繋がる活動をしたいと考えた当会代表の上山琴美のもとに、犬の専門家など数名が集まり、2013年4月茨城県土浦市にある土地と平屋を借り活動を始めました。

新着記事

PAGE TOP