GONTARO

日本と世界の狂犬病事情
 第1回 狂犬病に向き合ってきた日本の歴史

今、全世界が対策に取り組んでいる新型コロナウイルスをはじめ、地球上には、様々なウイルスや細菌による感染症が存在しています。
そんな感染症のひとつである『狂犬病ウイルス(ラブドウイルス)』

現在の日本では、狂犬病の予防注射が義務化されています。
まずは、日本が狂犬病に向き合ってきた歴史と、狂犬病がどのような病気なのかをおさらいしましょう。

 日本が狂犬病に向き合ってきた歴史

まず、安心してください。
現在、日本で狂犬病の犬はもちろん、狂犬病に感染した人も確認されていません。
1950年以前の日本では、多くの犬が狂犬病と診断され、人にも感染し死亡者がでていました。
そんな状況下、1950年(昭和25年)1月26日に狂犬病予防法(犬の登録、予防注射、野犬等の抑留徹底)が施行され、それからわずか7年で日本における狂犬病は撲滅しました。
全世界では、今でも毎年5万人以上の人が狂犬病で死亡していることを考えると、日本の徹底した予防衛生のすごさを感じます。
(1957年以降、国内での感染や発生はありませんが、海外で犬に咬まれ帰国後に死亡した事例はあります)

 狂犬病ってどんな感染症?

感染症対策で大切なのは、感染経路とその初期症状を知り、適切な予防と万が一発症した時に迅速に治療を行うことです。
狂犬病ウイルス(ラブドウイルス)は、犬だけではなく人や猫や家畜などすべての哺乳類に感染します
(通常、人から人に感染することはないといわれています)
そして、犬と人の場合、潜伏期間や進行する症状に違いがあります。

【 感染経路 】
咬まれた部位から、唾液により感染する。

【 人が感染した場合 】

潜伏期 1~3か月程度
症状

前駆期 : 発熱、食欲不振、咬傷部位の痛みや掻痒感
急性神経症状期:不安感、恐水および恐風症状、興奮性、麻痺、幻覚
昏睡期 : 昏睡(呼吸障害によりほぼ100%が死亡)

治療法 発症後の有効な治療法はない
予防

罹患動物に咬まれた場合は、できるだけ早く(発症前に)ワクチン接種を行う。
狂犬病発生国で頻繁に動物に接する場合は、狂犬病ワクチンを接種しておくことが望ましい。

【 犬が感染した場合 】

潜伏期 2週間~2か月程度
症状

前駆期:食欲不振、性格の変化と行動の異常
狂躁期:興奮状態(無目的な徘徊、目に入るものを頻繁に咬む)、光や音の突然刺激に対する過敏な反応
麻痺期:歩行不能、咀嚼筋の麻痺による下顎下垂と嚥下困難、大量の流涎、昏睡状態になり死亡

治療法 治療は行わず、安楽死
予防  毎年1回の予防接種

次は、現在の日本における取り組みと対策についてです。

日本と世界の狂犬病事情
 第2回 現在の日本における取り組みと対策

GONTARO

GONTARO

投稿者の記事一覧

動物探求家

モットー:まずはやってみる!
資格:運転免許証
趣味:ピアノ・乗馬・動物の目線になって動物たちに声をかけること!
動物たちと過ごす日常で、あれ?それ?はて?と感じたことを掘り下げていきます!

関連記事

  1. 外国で犬と暮らす―フィリピン中部ボホール島―
  2. イヌに教え、教えられ 第36回 トレーニング意識を持ち続ける
  3. イヌに教え、教えられ 第4回「叱る」ことが必要であり、「叱る」に…
  4. アメリカの動物事情 第9回 TNR(地域猫)
  5. 猫のしつけとケア 第1回.猫のしつけ
  6. ペットの心身の健康に主体的に関わる~ホリスティックケア~ 第5回…
  7. 愛犬とのしつけエクササイズ 第8回.散歩トレーニング(引っ張る犬…
  8. 猫のしつけとケア 第5回 猫にアロマは危険!

今月の人気ランキング

PAGE TOP