トレーニング

  1. イヌに教え、教えられ 第46回 犬のトレーニングに大切な人の指導

    歩行訓練を例えるならば、犬が「車」・飼い主が「ドライバー」。 ドライバーが運転技術を学んでいなければ危険であると同様、散歩をする飼い主が、犬のハンドリング技術を学んでいないと、いざという時に犬を制御できない。

  2. イヌに教え、教えられ 第44回 他の犬が怖い、、そんな愛犬は気遣いながら見守る

    身体のしぐさから犬の気持ちを感じ取って、飼い主は「見守り」と「助け舟」を使い分けるのが大切なコツになります。 犬同士でやりとりする中でしか学べないこともあり、その積み重ねが犬の自信になる。

  3. イヌに教え、教えられ 第42回 頼るもの(オヤツ)がないトレーニングを

    『頼るものがないトレーニング』 (オヤツをつかわないトレーニング)が、 時に、とてもオススメです。

  4. イヌに教え、教えられ 第41回 家族が変わると犬が変わる

    家族にとってカイは、孫のような存在で可愛くてしかたがない。 このトレーニングの課題は『家族の考え方を変える』ことでした。

  5. 「飛びつき行動」を考える

    犬が飛びつく原因の多くは、嬉しさや楽しさからの興奮で、犬にとって、とてもポジティブな理由です。 しかし、大型犬が勢い良く飛びつけば、子供や女性、高齢者の転倒事故にもつながり、怪我をさせてしまうこともあります。 では、改善していくにはどうすればいいのでしょうか? 一緒に考えてみましょう。

  6. イヌに教え、教えられ 第40回 犬は、自らの準備が整ったとき、自ら変われる

  7. イヌに教え、教えられ 第38回 先輩から教わり、後輩に繋げる

  8. ドッグトレーナーとの出会い

  9. イヌに教え、教えられ 第37回 先代犬と比べない。目の前の犬と向き合う

  10. グループレッスンに行こう! 愛犬と一緒にいつもと違う環境でトレーニング

  11. イヌに教え、教えられ 第36回 トレーニング意識を持ち続ける

  12. 犬とのキャッチボールを楽しもう

  13. 競技会に出てみませんか? ~非日常の経験が愛犬との絆を強くする~

  14. おいしいタイミングでトレーニングを終わろう

  15. 成犬になってからのトレーニング ~うちの犬はもうだめだとあきらめるその前に~ 桜沢ルミさん

今月の人気ランキング

おすすめ記事

鳥猟犬をたすけるために 第1回 CACIの活動を始めるまで

現在の日本では、猟犬は「狩の道具」であり、狩の現場で飼い主が放棄してしまうことが多いのです。これらの猟犬たちは、動物愛護センターに保護されますが、鳥猟犬を家庭犬として引き取ってもらうのは難しく、多くの犬たちはガスによる殺処分によって命を終えてしまいます。

新着記事

PAGE TOP