しつけ・ケア

「マナー」を意識することが「しつけ」にもいい影響をもたらす

先日、目黒区の犬しつけセミナーで講師を担当しました。
その際、区役所に届くクレームを改善するために、飼い主さんのマナー向上を意識する話もしてほしいと依頼を受けました。

そのクレームのひとつが、散歩中の「どこでもオシッコ」。
お店の看板や玄関前、電信柱、家の壁つたいにする排泄への苦情です。
私も、水をかければ問題ないだろうと…犬に電信柱におしっこをさせていました。
我慢させるのは可愛そう、、
オシッコぐらいしょうがない、、
そんな意識をもった飼い主さんの行動が、犬そのものを悪者にしてしまいます。
今回は、「散歩中の排泄マナー」とそこからつながる「しつけ」について考えてみましょう。

 トレーニングで排泄コントロール

犬があちこちにおしっこするのは、習性だからしょうがないと思っている飼い主さんも多いですが、トレーニングでコントロールすることはできます。

【 トレーニング方法 】
*散歩に出たらリードを短めに持ち、少しアップテンポなペースでスイスイと歩く。
*犬が匂い嗅ぎしたくて立ち止まり掛けたら、リードを軽く引いて、歩き続ける。

犬は「嗅ぐ」ことでおしっこ(マーキング)」を催すので、嗅がなければおしっこ(マーキング)もしにくなります

*近くの広場、公園、遊歩道などに着いたら、「いいよ」など犬に声をかけてからリードを長くして嗅がせる時間をしっかり取る。
*犬がオシッコをしたら褒めましょう。

《 ON 》 「人のペースで歩く時間」
《 OFF 》「匂い嗅ぎフリータイム」

ONとOFFを犬任せにせず、人が決める。
それを続けることで排泄場所を習慣化(コントロール)できます。

 しつけへの影響とは?

こうしたトレーニングは、しつけにも良い影響があります。
テリトリー(家)の近くでマーキング(匂い付け)を頻繁にさせていると縄張り意識を強化をされ、散歩中の刺激(他犬、バイク、子供など)にアンテナをはり、緊張や興奮に繋がりやすくなります。
人(飼い主)が散歩の主導をもち、排泄場所を管理することで、縄張り意識と刺激への過剰反応を減らし、犬に余計な気を張らせずにも済む引き出しにもなります。
実は、そうした方が犬も気が楽なのです。

セミナータイトルは「犬目線からのしつけ」でした。
マナーも同じかもしれませんね。
犬が好きではない人、苦手な人の目線から考えることがしつけにもなる。
一石二鳥!ぜひ試そう!続けよう!まずは自分の愛犬で。

里見 潤

里見 潤

投稿者の記事一覧

(さとみ じゅん)

ドッグコーチ

1975年、横浜市生まれ。2004年、警察犬訓練校に入学、出張トレーニング会社を経て、保護活動団体「Dog shelter」の専属スタッフとして、保護犬のトレーニング、一時預かり家庭と里親家庭の間に入り、アフターフォローを担当する。
2012年7月より独立。出張、及び預託トレーニングを柱に活動する傍ら、保護犬の一時預かりを継続中。
 
日本警察犬協会公認訓練士
ジャパンケネルクラブ公認訓練士
東京都動物愛護推進員

 保護犬預かりを主に、トレーニングのことを書いている里見潤さんのブログ
 「イヌと歩けば。」http://setahachidog.blog.fc2.com

関連記事

  1. イヌに教え、教えられ 第33回 「怖い」を「期待」に変えていく
  2. 今、感じること
  3. 犬のデンタルケア 第2回 虫歯・歯周病の予防
  4. 新型コロナウイルスに感染した人が住んでいる住居に入る時の注意 「…
  5. ペットと暮らすために考えたいこと 第7回 シニアペット 大切な家…
  6. フィラリア対策 第1回.フィラリア症を予防しましょう!
  7. ドッグトレーナーとの出会い
  8. イヌに教え、教えられ 第10回 引きずらないって、素晴らしい!

今月の人気ランキング

PAGE TOP