健康・病気

ゆるっとワンコ薬膳のススメ 《 体質診断をしてみよう! 》 ~「気」編 ~

前回「ウチのコの体質診断をしてみよう!~陰陽編~」では、体質を大きく2つに分けて陰虚、陽虚についてお伝えしました。
ここからは、もう少し細かく中医学(中国の医学)における薬膳の基本的な考え方、「気・血・水 (き・けつ・すい)」の体を構成している3要素からの体質診断をお話ししていきます。

まずは『気』についてです。

『気滞』の体質『気虚』の体質

気滞…エネルギーがうまく体を巡っていない状態
気虚…エネルギーが足りない状態(気虚が進むと陽虚になります)

「気」は、目に見えないのでとても漠然とした感じがしますよね。
でも、「元気」や「病は気から」という言葉があるように、「気」は、心と身体の健康を保つためにとても大切なものです。

 まずチェックしてみよう!

【 気滞チェック 】
1~2つ当てはまるなら「気滞気味」・3つ以上は「気滞」
◎舌の周辺が赤い(特に両端が赤くなります)
◎張るような痛み(あちこち痛がります)
◎触れられるのを嫌がる
◎お腹にガスが溜まりやすい(よくオナラがでる)
◎便秘しやすい
◎嘔吐しやすい
◎目の充血(黒い目やにが出ることも)
◎ため息が多い
◎春になると調子が悪い

気滞は「肝の滞り」と言われています。
*「肝の滞り」について、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください↓↓
ゆるっとワンコ薬膳のススメ 第6回 ~もうすぐ春ですね!~
《レピシ紹介》元気に春をむかえる準備を! 「目鯛と香の物のおじや」「サメと菜の花のポタージュ」
ゆるっとワンコ薬膳のススメ 第7回 ~五臓のお話  『肝』~
《レピシ紹介》春のレシピ 「春野菜とマグロで超☆肝ケアおじや」

肝が滞ると目の充血が出たりイライラしたり、皮膚の伸びも悪くなります。
肝は、筋肉にも関わってきます。
「うちの子、太ってるだけだし…」「シニアだしねえ」「運動好きじゃないからかなあ」「筋肉質だし」と思っていたものが、実は気滞ということもあります。

黒や赤い目やにはよく見かけますが、肝から出た熱(肝熱)が上って上って目から涙などの体液と共に出た結果ということも。
「肝の滞り」には、上から下へ身体をしっかり撫でさするだけでもケアになります。
愛犬の身体を優しくマッサージしてあげてください。
また、食べものでは、米麹のみの甘酒や陳皮(ミカンの皮)が「肝の滞り」対策に効果的です。

【 気虚チェック 】
1~2つ当てはまるなら「気虚気味」・3つ以上は「気虚」
◎舌が白っぽい、以前より白くなった(だらんとして締まりがない事も)
◎疲れやすく、動きたがらない
◎反応が鈍い
◎食欲が無い
◎足先が冷たい
◎病気にかかりやすい(病気と闘う力のない子が多いです)
◎お腹を壊しやすい
◎出血しやすい(下血や鼻血など)
◎足腰に力が入らない(靭帯の緩みも)
◎肉球に張りがない、弾力が無い

気虚のワンコは、ものすごく大人しかったり、運動が嫌いだったり、ほとんど動かない子が多いです。
そんな犬は「運動だ!!」と頑張らせてしまうことは、厳禁!
さらに「気」を使って身体の力が弱くなってしまいます。

気虚は、エネルギー不足からおこります。
先ずは、消化の良い吸収しやすい食事(米や芋類がおススメ)
お腹や腰が冷えていたら、身体を温めるてあげてください。

活動的な子でも、
・長期療養や入院した
・アジリティなどの競技をする
犬は、要注意です。

入院中は、大量の気を失い、運動量が多いとエネルギー不足になりがちです。
「気」と「血」が不足状態の「気血両虚」になる可能性があります。
舌の列紋が深いほど、疲労が大きいことを示しています。
列紋にそって舌に亀裂があったら、身体が相当疲れている状態です。

入院は、できるだけ短く。
競技をする犬は、「気」「血」を補充する食材の手作りご飯でエネルギーを補えるようにしていきたいですね。

 『気滞』と『気虚』それぞれのケアの仕方

【 気滞のケア 】
エネルギーがスムーズに全身をめぐりにくい状態な『気滞』
気滞は、「血」「水」の流れも悪くなってしまい、さまざまな臓器の機能を低下させてしまう事があります。
「あれ?うちの子、気滞かも?」と思ったら、まず犬の身体を上から下に優しく撫で摩ってあげて下さい。
エネルギーを上から下に、四肢へと流して行き渡らせるイメージです。
気滞のワンコは「肝」という場所が滞ってる事が多いです。
「リラックス」と「適度な運動」、そして最も大切なのがしっかり寝ること「睡眠」です。

あまり深夜まで明るい部屋で遊ばせていると、自律神経がみだれてイライラや不調の原因となります。
明るい部屋にゲージがある場合は、ケージに布をかけてたり(暑くならない程度に)、照明を暗めにしてあげ、犬が寝れる環境をつくってあげて下さい。

◎気滞に良い食べ物
・香りの強いもの
… セロリがとてもおすすめ!肝の流れを良くして精神を安定させてくれます。
・米麹
… 米麹のみの甘酒が与えやすいです。
シニア犬や療養中の犬、競技を頑張る犬のエネルギー補給に!
・柑橘系
… 果肉ではなく、皮を使います。
みかんの皮「陳皮(ちんぴ)」は漢方の生薬として購入できます。
ご飯に少しかけてあげる程度でOK。

【 気虚のケア 】
気虚とはエネルギーが不足している状態です。

体を守るパワーが不足しているので、冷えやすかったり体調を崩しやすかったりします。
気虚のワンコは胃の弱い子も多いので、消化の良い食事で胃の負担を軽くしてあげて下さい。
できたら手作りごはんをミキサーにかけて、ペーストにしてあげると消化吸収されやすいのでおすすめです。
油分の多いドッグフードは、お腹に負担がかかりやすくなります。
身体が冷えていることも多いので、お腹や腰が冷えていたら腹巻きなどで温めてあげましょう。
日向ぼっこなど全身を温め、エネルギーを補充してあげてください。

◎気虚に良い食べ物
お腹を温め、消化も良く、気を補ってくれる食材
・米
・ジャガイモなどの芋類
・かぼちゃ
・鶏
・豚
・牛肉
ただ、お米は「湿」の性質もあり、食べ過ぎると水を体に溜め込んでしまいます。
お米は、手作りごはん全量の1/4程度に収めて下さい。

 

ゆるっとワンコ薬膳のススメ 《 体質診断をしてみよう! 》~陰陽編~

境谷真佐子

境谷真佐子

投稿者の記事一覧

(さかいだにまさこ)
タイ式ヨガインストラクター

「あるなら探せ。無ければ作れ」をモットーに、愛犬の快適な生活とお出かけを探求しています。 楽しいお出かけ情報や、グッズのリメイク術をご提案していきます。

愛犬小珠のブログ『小珠メモ』:https://ameblo.jp/umeran0412/
心臓病、パグ脳炎の小珠(こだま)との日々

関連記事

  1. 犬と暮らす女性のために 第3回 スキンシップとホームケアのマッサ…
  2. ペットの医療・健康 第22回 「むくみ」について知ろう
  3. ペットのフード選び 第4回.トッピングのすすめ
  4. 簡単ワンコおやつレシピ 第1回 秋が旬のサツマイモや手軽な食材を…
  5. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 《レシピ紹介》梅雨のお水出しに「ト…
  6. ペットと暮らすために考えたいこと 第7回 シニアペット シニア期…
  7. 狂犬病予防接種の基礎知識 第2回 予防と処置
  8. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 《レシピ紹介》~春ケア リカバリーご…

今月の人気ランキング

PAGE TOP