健康・病気

犬と暮らす女性のために 第6回 犬とどこにでも

犬と暮らす女性のために

第6回 犬とどこにでも

    岸本 芭瑠美 メディカルアロマテラピスト・講師


甘え上手がうらやましくもあり-犬との出会い-

 20歳までは、犬よりも猫のほうが好きでした。犬はさわるとごわごわするような印象がありましたね。

 結婚したのち、30代から叔母の形見のポメラニアンを預かることになったんです。この子は、かわいくて甘え上手。猫よりも感情を出し、甘えやすい。かわいい。甘え方を見習いたいくらいでした。
 このころは、犬にチョコを与えてはいけないことも知らないような時期でした。

 このポメラニアンは、もう亡くなっていますので、死別ということになりますが、見送れたほうが安心感がありました。やはり死別と生別は別物なんです。  犬を残して自分が死んでしまうのもつらいです。また、犬を後追いしてしまったひともいます。別れはつらいものです。

 犬を飼ったのは、最初のポメラニアン、コーギー、コーギー、トイプードルという順番なのですが、トイプードルが17~8年生きることを考えると、次の子は1歳から飼うのは無理かなと思います。犬の年齢と自分の年齢を計算して、次は、年老いた犬なら飼えるかもしれません。

犬とどこにでも

 こまったことといえば、私の主人が、犬に対してやや分離不安なところでしょうか。犬をどこにでも連れていくんです。

 逆に、犬を連れていけないところには、出かけない、という・・。主人は家での仕事なのですが、私と2人で食事もいかないんです。犬に留守番をさせたくないので、2人のうちどちらかが留守番にいないとだめなんですよ。

 

 犬には留守番という言葉がない

 子供は二人いるのですが、働き始めていますので、この家を出ています。離婚した頃には、子供の言葉にも救われました。「離婚って悪いことなのかな?」と上の子に問いかけられて、心が楽になりました。

 子どもたちは、母親の私の生活をみて、「犬は飼いたくない」「猫なら飼う」と言っています。猫なら置いて出かけられる、という理由のようです(笑)。

 犬は、留守番という言葉がないんです。群れで生活してきた生き物なので、苦手が当然です。猫は単独行動ですから、留守番はつらくない子が多いのです。

 

犬と暮らす女性のために
第5回 女性のそばに寄り添いたい

犬と暮らす女性のために
第7回 これからもずっと

岸本芭瑠美

岸本芭瑠美

投稿者の記事一覧

(きしもと はるみ)

メディカルアロマテラピスト
メディカルアロマ講師

日本メディカルアロマテラピー協会認定講師、動物臨床獣医部会認定ドッグアロマテラピスト、JMAACV認定手作り石鹸講師、日本アロマ環境協会認定インストラクター
愛玩動物飼養管理士常任理事、ペットマッサージ協会会員
メディカルアロマテラピーや手作りせっけん教室、相談会などを通してペットと飼い主の心身をサポートしている。
『GRINNING DOG.』 http://park8.wakwak.com/~grinningdogaroma/
『EIN』 http://park17.wakwak.com/~grinningdog/

関連記事

  1. 犬のボディケア 第3回 愛犬の心と体を元気にする マッサージ
  2. 犬のボディケア 第1回 健康としつけのために 歯みがき&ブラッシ…
  3. ペットと暮らすために考えたいこと 第7回 シニアペット シニア期…
  4. 犬と暮らす女性のために 第3回 スキンシップとホームケアのマッサ…
  5. ペットの医療・健康 第16回 犬の輸血について知ろう
  6. ペットの応急処置 – 屋外編
  7. ペットの医療・健康 第21回 前庭疾患(突発性前庭疾患)
  8. 老犬と暮らすために-骨関節炎- 第2回.症状と対策

今月の人気ランキング

PAGE TOP