進由紀

世界中の古来の馬の品種 ~ 後編 ~

乗馬インストラクターがお伝えする馬のお話。
今回は世界中にいる、古来からの馬の品種についてのお話の後編です!


《 アラビアンホース 》

アラビア人は 4,000 年前まで遡ると考えられており、古代エジプト、ローマ、ギリシャの多くの古代絵画や美術品に見られます。

この品種は長年にわたり、サラブレッドを含む他の多くの馬の品種に影響を与えました。
視覚的には、アラビアの馬は凹面の顔と高い尾の馬車で知られています。

品種の特徴:

・通常、サイズは小さく、体高は140㎝〜150㎝
・アラビアンの毛色は月色、黒、栗色、グレー、ローン毛があります
・アラビア馬は中東原産で、もともとはベドウィン族の一員でした
・スタミナに優れていることで知られており、耐久レースだけでなく、馬場馬術から手綱引きまで、さまざまな分野で一般的に使用されています
・アラビア馬は今日人気があり一般的な品種であり、62 か国に推定 100 万頭の馬が生息しています

《 カスピアン 》

カスピアンは小型の馬の品種で、世界最古の馬の品種としてモンゴル馬と競合します。この品種の歴史は5,400年前に遡り、イラン北部が原産です。
カスピ海馬の最古の化石は2011年に発見され、紀元前3,400年に遡ります。

品種の特徴:

  • この犬種は小さめで、手の高さは 91㎝から117㎝ です。ポニーほどの身長にもかかわらず、馬のようなプロポーションを持っています
  • 毛色は月色、栗色、黒、灰色、ダンコートがあります。
  • カスピアンは非常に才能があり、馬場馬術、跳躍、運転、ポニーレース、騎馬競技などに使用されてきました。
  • カスピ海馬はもはや絶滅の危機に瀕していませんが、その個体数は非常に限られています。2015年の時点で、世界中に残っているのは1,000頭未満でした

《 トルクメンホース 》

トルクメンホースはトルクメニスタン原産で、イランでも飼育されていました。
この品種は、サラブレッド馬を含む多くの現代の馬の品種に影響を与えました。現存している子孫はアハルテケです。

品種の特徴:

  • 非常に細い体格
  • 毛色は、伝統的な黒、月色、栗色です。
  • 持久力に優れていることで知られ、主に持久力活動に使用されていました。
  • トルクメンホースは現在絶滅したと考えられています。

《 モウコノウマ 》

この絶滅危惧種の馬はモンゴルで発見され、最後の真の野生馬と考えられています。
彼らはこれまで「半」家畜化されたことしかなく、内気な性質で知られています。

これらの馬は 66 個の染色体を持っているため、実際には現代の馬の遠い親戚です。
現在の飼いならされた馬は 64 本の染色体を持っています。モウコノウマは国内の馬と交配することができ、モウコノウマによく似たハイブリッドを生み出すことができます。

品種の特徴:

  • 体高は120cm〜140cm、体重は200〜300kg
  • ずんぐりしていて色がくすんでいて、たてがみは直立しており、前髪はなく、背骨に沿って暗い縞模様が入っています。
  • モンゴル語で「タキ」と呼ばれ、これは「精神」を意味します。
  • モウコノウマは野生で絶滅してしまいました。現在、約 2,000 頭が再導入地に存在しています

2回に渡り世界の古来の馬のお話をしました。
最も古い馬の品種は、今日の馬の起源です。
何千年にもわたって馬がどのように変化したかを知るのはとても興味深いですよね!

世界中の古来の馬の品種 ~ 前編 ~

進 由紀

進 由紀

投稿者の記事一覧

(すすむ ゆき)
乗馬インストラクター
全国乗馬倶楽部振興協会認定指導者

2002年より乗馬クラブでインストラクターとして働く

「馬は自分を映す鏡」の様な存在です。
自分の行動に対しての答えを、いつも分かりやすく返してくれます。
だからこそ、いつでも正直に、真剣に、謙虚に、馬と向き合う事が出来ます。
それは時に苦しいけれど、そんな時にもポッと何か閃きをくれたりする。
馬はとても賢くて、優しくて、そしてどんな馬もみな、真面目で頑張り屋です。

出会った馬には、幸せを感じながら人間と仕事をしてもらえるように。
また馬の素晴らしさを一人でも多くの方に知って頂けるように。

馬と共に成長し、人々に貢献する事を目標に、日々奮闘しています。

関連記事

  1. 一生忘れることのない馬「ダック」の話
  2. 馬の歯とケア
  3. 馬の体重(後編)
  4. 乗馬インストラクターがお伝えする馬のお話「馬の生態 」- 2 …
  5. 馬の安楽死
  6. 馬の友達たち
  7. 馬にまつわる言葉 Part2
  8. 馬と犬は友達になれる?

今月の人気ランキング

PAGE TOP