進由紀

馬の日焼け

乗馬インストラクターがお伝えする馬のお話。
今回は、馬の日焼けについてです。
今年は残暑が厳しく夏のような暑さが続いていますね。暑さの苦手な馬たちにとっては辛い季節です。朝晩少しだけ感じられる様になった秋の気配で少しでも体を休められていると良いなと思います。

暑い季節は、馬の脱水や熱中症に気をつけましょうというお話は以前しました。
実は夏はそれだけでなく、馬の日焼けにも注意してあげる必要があることはご存知でしょうか?
人にとっても紫外線がよくない事はすでに知られており、紫外線対策は夏のマストになっていますよね。
厚い被毛に覆われている馬ですが、馬の顔やかかとは、色素が沈着していない部分が多く、被毛が少ないことが多いため、最も一般的に日焼けの影響を受けます。
ほぼすべての品種で顔の斑点と脚が白い馬が生産されるため、品種に関連した問題ではありません。

日焼けは馬にどんな害を引き起こすのでしょうか?

ほとんどの馬にとって、日焼けによる害は時折生じる不快感、発赤、皮むけのみです。
しかし、損傷が繰り返されると、長期的に重大な問題を引き起こす可能性があります。
皮膚表面の肥厚や鱗屑[角化症]が生じる可能性があり、場合によっては皮膚がん、つまり扁平上皮がんに変化することもあるそうです。

紫外線への曝露は、皮膚の免疫機構にも悪影響を及ぼします。
したがって、脚が白い馬は細菌性毛嚢炎や泥熱などの感染症に悩まされやすい傾向があります。
こうした状態は時間の経過とともに悪化し、管理が困難になる傾向があります。

馬の日焼けを防ぐ方法

放牧場に日陰のエリアを確保することは不可欠です。
馬用の日焼け止めクリームを塗ったり、UV防止のラグや、マスク、プロテクターなどを使用しましょう。マスクは、毛が少なく、色素が薄い場合の多い鼻先を覆うものがおすすめです。

馬が日焼けした場合の対処法

皮膚に水疱ができたり、にじみ出たりしている場合は、獣医師の診察を受ける必要があります。
一般に、治療は対症療法です。かさぶたを取り除くために穏やかな局所入浴を行います。
肌の再生を促すクリームや二次感染が見られる場合は抗生物質を塗布します。

光線過敏症になってしまうと、重篤な状態になる場合もあるので注意が必要です。
光感作は、馬が重度の肝臓障害を患っている場合にも発生する可能性があり、最も一般的な原因はブタクサ食べることによって引き起こされます。
肝臓が原因で光感作を起こすと予後不良になってしまうそうなので、肝臓は正常に働いているか、定期的に検査しておくと良いと思います。

紫外線は人だけでなく馬にも有害なんですね。これから紫外線の季節には、紫外線ケアも行なってあげてください。

進 由紀

進 由紀

投稿者の記事一覧

(すすむ ゆき)
乗馬インストラクター
全国乗馬倶楽部振興協会認定指導者

2002年より乗馬クラブでインストラクターとして働く

「馬は自分を映す鏡」の様な存在です。
自分の行動に対しての答えを、いつも分かりやすく返してくれます。
だからこそ、いつでも正直に、真剣に、謙虚に、馬と向き合う事が出来ます。
それは時に苦しいけれど、そんな時にもポッと何か閃きをくれたりする。
馬はとても賢くて、優しくて、そしてどんな馬もみな、真面目で頑張り屋です。

出会った馬には、幸せを感じながら人間と仕事をしてもらえるように。
また馬の素晴らしさを一人でも多くの方に知って頂けるように。

馬と共に成長し、人々に貢献する事を目標に、日々奮闘しています。

関連記事

  1. 馬とファッション-2 女性と乗馬とファッション
  2. ゆるっとワンコ薬膳のススメ ~今、ワンコはどんな顔してる?顔で見…
  3. 馬の皮膚のかゆみ(後編)
  4. 馬という動物のこと ~体温・年齢平均寿命・視野~
  5. 馬とファッション-1 スーツの起源は乗馬服
  6. 馬と仲良くなろう part4
  7. 馬と仲良くなろう part8 引き馬
  8. クリスマスチャリティー特集「ホースウェルフェア」

今月の人気ランキング

PAGE TOP