進由紀

馬が笑う!?馬の気持ちの見分け方 ~「尻尾と皮膚」「肢」からわかること~

 尻尾・皮膚

とても敏感な馬の皮膚!
馬が左右にブンブンと尻尾を振り回している事があります。
犬が嬉しい時に尻尾を振る事から、「今喜んでいるんですか?」とよく聞かれますが、このしぐさはハエを追い払っているのです。
馬の皮膚は、とても敏感で繊細なので、ハエや虫が体に止まる事を嫌がります。
馬には、虫を追い払う為の筋肉もあるんですよ。
尻尾が届かない前躯(馬の体の前側)には、その筋肉があり、表面をプルプルと震わせて虫を追い払います。

うるさいという言葉の漢字が「五月蠅い(うるさい)」なのは、5月頃出始めた元気な蠅を馬が忙しく追い払う様子(馬の気持ち?)からという説もあります。
馬の体の大きさと比較したら小さな小さなハエや虫でも、それがとまる、もしくはとまろうとするだけでも嫌がる程の敏感さを持った皮膚なのです。
その敏感さがあるからこそ、人の扶助(合図)や微妙な筋肉の動きなどを馬に伝える事が出来るんですね。

他にも尻尾は、喜んでいるときや興奮しているときに、根本を上げます。
首も高く上げて、スキップするように走る事があります。放牧場などでみられるしぐさです。

【 喜んでいる馬の姿 】

 肢

前肢を振り出して地面をかいているのを「前掻き(まえかき)」と言います。
これは、何かを要求している時に見られるしぐさです。
ご飯やおやつが欲しいときや、繋がれていたり、放牧しているときならば、馬房に帰りたいなどの気持ちの表れです。
また、疝痛と呼ばれる腹痛など不調を訴えるしぐさでもあります。


騎乗時も、耳の動きや息遣い、尻尾の動きを気にかけてあげると、リラックスしてるな、集中してるな、虫をかなり気にしているな、など、分かる事が沢山あります。
馬の気持ちを汲み取って、ぜひ皆さんに楽しく馬と触れ合っていただけたら嬉しいです。

馬が笑う!?馬の気持ちの見分け方 ~「耳と目」「鼻と口や息遣い」からわかること~

進 由紀

進 由紀

投稿者の記事一覧

(すすむ ゆき)
乗馬インストラクター
全国乗馬倶楽部振興協会認定指導者

2002年より乗馬クラブでインストラクターとして働く

「馬は自分を映す鏡」の様な存在です。
自分の行動に対しての答えを、いつも分かりやすく返してくれます。
だからこそ、いつでも正直に、真剣に、謙虚に、馬と向き合う事が出来ます。
それは時に苦しいけれど、そんな時にもポッと何か閃きをくれたりする。
馬はとても賢くて、優しくて、そしてどんな馬もみな、真面目で頑張り屋です。

出会った馬には、幸せを感じながら人間と仕事をしてもらえるように。
また馬の素晴らしさを一人でも多くの方に知って頂けるように。

馬と共に成長し、人々に貢献する事を目標に、日々奮闘しています。

関連記事

  1. ドキュメンタリー映画「今日もどこかで馬は生まれる」
    映画の…
  2. ドキュメンタリー映画「今日もどこかで馬は生まれる」と
    映画…
  3. 馬が笑う!?馬の気持ちの見分け方 ~「耳と目」「鼻と口や息遣い」…

今月の人気ランキング

PAGE TOP