1. ペットのトラブル対処法 第5回 アウトドア編 〈 ヘビに咬まれたら 〉-2 落ち着いて対処するために

    犬の様子が変な時、まして重篤な状態であれば、どんな飼い主さんでもパニックになるでしょう。 少しでも落ち着いて対処するために、毒性のあるヘビに咬まれた場合の症状と対処法について知っておきましょう。

  2. ペットのトラブル対処法 第5回 アウトドア編 〈 ヘビに咬まれたら 〉-1 日本にいるヘビの種類

    暑い季節は、川や湖などの水辺や涼しい森の中で犬と遊ぶ機会が増えますよね。 山や川など自然の多い場所では、草むらはもちろん、川石の影で体を温めているヘビに犬が咬まれる被害が多くあります。 愛犬をキャンプやハイキングなどのアウトドアに連れて行くときは、「ヘビがいる」ことを意識して、まず注意することが必要です。

  3. ペットの医療・健康 第24回「鼻水・くしゃみ」が出るとき

    鼻は、呼吸で吸い込まれる空気に温度と湿度を与え、空気中に浮遊している細かいゴミや細菌・ウイルスなどをとらえ気菅や肺に入らないようにします。 よく鼻水が出るな、、、風邪かな? 愛犬や愛猫にそんな様子があったとき、ちょっと観察をしてみて下さい。

  4. 新型コロナウイルスに感染した人が住んでいる住居に入る時の注意

    世界各国で新型コロナウィルス対策が緩和へ向かう中、流行第2波への危機感が強まってきています。 今回の世界の動物事情は、万が一、新型コロナウイルス感染した家族の犬や猫を保護したり預かるような状況になったときに気を付けることを、動物虐待や違法行為などに関する「獣医法医学」を修了した認定法医学獣医師であり、アメリカ在住の現役臨床獣医師、シェルターメディシンでもある西山ゆう子さんにうかがいました。

  5. 新型コロナウイルスに感染した人が住んでいる住居に入る時の注意 「ペットの取り扱いを注意する理由」

    世界各国で新型コロナウィルス対策が緩和へ向かう中、流行第2波への危機感が強まってきています。 今回の世界の動物事情は、万が一、新型コロナウイルス感染した家族の犬や猫を保護したり預かるような状況になったときに気を付けることを、動物虐待や違法行為などに関する「獣医法医学」を修了した認定法医学獣医師であり、アメリカ在住の現役臨床獣医師、シェルターメディシンでもある西山ゆう子さんにうかがいました。

  6. ペットと暮らす「部屋探し」と「家づくり」 ~間取りを考えるポイント~

  7. ペットと暮らす「部屋探し」と「家づくり」~周辺環境のチェックポイント~

  8. 毎日を疎かにしない 〜東日本大震災から9年、今の私たちにできること〜

  9. 家に残すペットの命を守るために 〜東日本大震災から9年、今の私たちにできること〜

  10. 新型コロナウイルス(2019 n-CoV)のペットへの感染について

  11. クリスマスに動物愛護団体や愛護センターの動物たちへ愛のプレゼントを!

  12. ペットの救急箱 我が家のオリジナル救急セットをつくろう!

  13. 台風19号で被災した動物保護施設をみんなで支援しよう!

  14. 動物愛護週間のイベントに参加してみよう!

  15. ペットの医療・健康 第22回 「むくみ」について知ろう

今月の人気ランキング

おすすめ記事

みんなの夢、猫の未来 第1回「不幸な猫をなくそう!」

猫は、保健所による捕獲義務のない動物です。その代わりに去勢や避妊の助成を行っている自治体が多くあります。足立区では、オス猫の去勢に2000円、メス猫の避妊に4000円の助成金制度を設けています。

新着記事

PAGE TOP