1. 2020年動物愛護法改正を基に非獣医の帝王切開手術を考える「法律で禁止されたからなくなるわけではない」

    日本は、欧米諸国と比べて動物愛護・動物福祉に関する考えが遅れているといわれています。 今回の動物愛護法の改正で、また一歩、少しづつでも近づき進んでいけたらいいと思います。

  2. 2020年動物愛護法改正を基に非獣医の帝王切開手術を考える「非公開ルートからの手術器具・麻酔薬入手の発生とアメリカでの予防策」

    非獣医師が帝王切開を行うことがあったとすれば、手術に使う器材(メス、鉗子など)や、麻酔薬等が、非公式なルートで、売買されていることになります。

  3. 犬や猫の出産と帝王切開を考える 「帝王切開の問題点と今後の法規制」

    繁殖回数や、妊娠の間隔などは、将来は、ガイドラインや、専門家の意見、奨励として通達してもよいのでは、と思っています。 現場の立ち入り操作と動物保護ができることが前提ですが。 今回の愛護法の数値化、具体化は、まだ第一歩の状態ですが、非常に意義が大きく、大きな期待もしています。

  4. 犬や猫の出産と帝王切開を考える 「生涯出産回数や頻度に関する安全性について」

    犬の妊娠出産は、何歳までが安全でしょうか? これに関しては、やはり科学的な報告が乏しく、また、あっても局所的なもので、包括的なデータがありません。 業界で一致している意見は、『最初の発情(通常1歳未満)の時は、妊娠を避けたほうがよい』ということです。

  5. 犬や猫の出産と帝王切開を考える 「帝王切開手術に関する疑問」

    帝王切開手術は、何回もやってよいのでしょうか?(何回までという医学的な制限はありますか?) 犬・猫の帝王切開手術を「生涯何回まで」と制限するという科学的なデータはありません。 帝王切開後の回復や後遺症は、個体差が大きいことなので一般理論として何回までと決めるのは難しいと思います。 一般に、帝王切開手術後、素早く回復できる犬もいれば、母体の体力の回復に相当な時間を要する個体もあります。

  6. 犬や猫の出産と帝王切開を考える 「帝王切開とは?」

  7. 動物たちの長生きと悪性腫瘍(がん)の関係 〜犬と猫の腫瘍(がん)発生傾向と発生原因〜

  8. 動物たちの長生きと悪性腫瘍(がん)の関係 〜腫瘍(がん)とは〜

  9. 動物たちの長生きと悪性腫瘍(がん)の関係 〜『がん』が犬と猫と人の死亡原因1位〜

  10. 臨床検査を受けるときの注意点とお家でできる健康チェック

  11. 動物病院での臨床検査を知ろう!

  12. 被災地に残されたペットの救済 〜 被災地に学ぶこと 3 〜


  13. 被災地に残されたペットの救済 ~被災地に学ぶこと 2 ~

  14. ペットのトラブル対処法 第5回 アウトドア編 〈 ヘビに咬まれたら 〉-2 落ち着いて対処するために

  15. ペットのトラブル対処法 第5回 アウトドア編 〈 ヘビに咬まれたら 〉-1 日本にいるヘビの種類

今月の人気ランキング

おすすめ記事

みんなの夢、猫の未来 第1回「不幸な猫をなくそう!」

猫は、保健所による捕獲義務のない動物です。その代わりに去勢や避妊の助成を行っている自治体が多くあります。足立区では、オス猫の去勢に2000円、メス猫の避妊に4000円の助成金制度を設けています。

新着記事

PAGE TOP