1. 毎日を疎かにしない 〜東日本大震災から9年、今の私たちにできること〜

    震災当時、私も被災動物の捕獲・保護に関わり、私が被災地から保護そして預かりをした犬たちは、家族の元へ帰ったり、新しい家族に迎えられました。 でも、9年が経った今もまだ現地で保護飼育されている動物が居る・・・私は、その存在を知りませんでした。 今感じていること、、、 自分の中に残っている当時のエピソードをもとに、今回の記事を書いてみようと思います。

  2. 家に残すペットの命を守るために 〜東日本大震災から9年、今の私たちにできること〜

    もし、家にペットを残し出かけているときに、私たちが災害に巻き込まれ、家族全員が家に帰ることができなくなったら、、、 残された大切なペットたちはどうなってしまうのか、考えたことはありますか? 災害だけでなく、急病や大きな事故に巻き込まれ怪我をして入院、または亡くなってしまう場合にも起こりうることです。 できれば起こってほしくはありませんが、「もしも」の時、大切なペットたちを守る手段を講じるにこしたことはありません。

  3. 新型コロナウイルス(2019 n-CoV)のペットへの感染について

    動物虐待や違法行為などに関する「獣医法医学」を専攻し、現在、日本人で唯一の認定法医学獣医師である西山ゆう子さんが、新型コロナウイルスに対するペットへの感染について、世に流れている誤解や誤情報に飼い主が惑わせることを危惧し、Facebookに投稿されていた「AVMA(アメリカ獣医師会)」「WASVA(世界小動物獣医学会)」が発表している、現時点における正式な見解についてご紹介いたします。 少しでも多くの方に知ってほしいと思い、転載の許可をいただき掲載しています。

  4. クリスマスに動物愛護団体や愛護センターの動物たちへ愛のプレゼントを!

    クリスマスは、大好きな人と一緒に過ごしたり、プレゼントを贈ったりする日。 この素敵なクリスマスに動物愛護センターやシェルター、動物愛護団体さんの所にいる私たちが大好きな動物たちにも贈り物を送ってみませんか?

  5. ペットの救急箱 我が家のオリジナル救急セットをつくろう!

    みなさんは、ペットの救急箱を用意していますか? 元気な愛犬や愛猫たちほど、突然ケガをすることがあります。 日頃から用意している常備薬に、基本の救急アイテムと愛犬愛猫に合わせた便利アイテムを加えることで、実用的な我が家オリジナルの救急箱が完成! ぜひ、この機会に用意しておく救急グッズを見直してみてください。

  6. 台風19号で被災した動物保護施設をみんなで支援しよう!

  7. 動物愛護週間のイベントに参加してみよう!

  8. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 第8回 春真っ盛り!お腹の調子は大丈夫? 《レシピ紹介》春のお腹ケア!「鯛で満たされタイ」

  9. ペットの医療・健康 第23回 「吐く」ときに考えられること

  10. 動物たちの時間 第2回 ~動物たちと暮らしを考えてみよう~

  11. 動物たちの時間 第1回 ~動物により異なる寿命~

  12. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 第7回 ~五臓のお話  『肝』~ 《レピシ紹介》春のレシピ 「春野菜とマグロで超☆肝ケアおじや」

  13. ペットの医療・健康 第22回 「むくみ」について知ろう

  14. ご長寿ペットをご紹介! 21歳になったオス猫『ぶりゅー』くん

  15. 猫にシャンプーが必要なときって?

今月の人気ランキング

おすすめ記事

出会い

東京都世田谷区にある「ドッグシェルター」は、動物愛護センターに収容されている犬を引き取り、新しい飼い主を探す活動を行っています。そのままでは処分されてしまう犬を一匹でも救い、温かな家庭で幸せに暮らせるようにと里親となる方々を探す活動です。 今回は、ドッグシェルターの実務を担当している里見潤さんにお話をうかがいました。

新着記事

PAGE TOP