しつけ・ケア

犬のリハビリテーション 第3回 ハイドロセラピーを体験!

「ハイドロセラピーってどんなことをするの?」
「泳いだことがないけど大丈夫?」
「リハビリとダイエット、そんな違いがあるの?」
など、疑問をお持ちの方へ。
ひなたと体験してきたワークをご紹介します。

 目的確認と健康チェック!

まず初めてのレッスンでは、ハイドロセラピーをする目的の確認をします。
リハビリなのか? ダイエットなのか? ストレス発散なのか?
目的により、方法や負荷のかけ方に違いがあるそうです。

そして、健康チェック!
今回ハイドロセラピーを担当していただいたインストラクターは、動物看護士でもありました。
*体重測定
*聴診器で心拍チェック
*触診と関節可動域チェック
など、健康状態の確認と犬の身体的な特徴を把握したら、ハイドロセラピー開始です!

 プールに『入る前』『入った後』にすること

水に入る前と後に、シャンプーをします。
それぞれのシャンプーの目的は、
 *『入る前』
  → 犬の身体についたほこりや汚れを落とす
 *『入った後』
  → 水に入っているカルキを洗い流す
どちらも衛生的にハイドロセラピーをするためのシャンプーなのですね。

シャンプーを終えたら、いざプールへ!

 身体を冷やさないための『水の温度』

運動をする前、準備体操をして筋肉や関節をほぐして、けがをしないようにした経験があると思います。
筋肉や関節は、冷やすと動きがわるくなり、動きのパフォーマンスが低下するだけではなく、けがの原因にもなります。
そのため、プールは、温水(ぬるいお湯くらい)になっています。

 泳ぐときの『補助』と『負荷』

初めて泳ぐときやワークの状況に合わせて、補助や負荷をつかっていきます。
*補助 :
ライフジャケット・インストラクターの補助 など

*負荷 :
人工水流 など

この日、水にはいるのが初めてだったひなたは、ライフジャケット着用して泳ぎ始めました。
泳ぎが得意な人と不得意な人がいるように、犬にも泳ぎ上手な犬と下手な犬がいるそうです。
そのポイントは、泳ぐときの姿勢。
特に『顎の位置』だそうです。
*顎の下を水につけていられる=「泳ぎ上手!」
 → 頭の位置が安定し、脊柱ラインが水面と平行になり、しっかり泳げる
*顎を水につけたくなくて上げてしまう=「上手く泳げない」
 → 頭が上がることでお尻が下がり、身体が水面に垂直になり泳げず沈む
人の場合、顔を水につけることが「できる」「できない」がポイントなのと同じですね。

↑ 下顎が水につき、脊柱が水面と平行な状態

ひなたは、下顎を水につけ泳ぐことができていたことと、ライフジャケットが泳ぎの邪魔になっていたので、早々にライフジャケット脱ぎ泳ぐことに、、、すると、必死な瞳から一生懸命さが伝わってきますが、スイスイ泳ぐひなたにびっくり!

 

水大好き!泳ぐの得意な犬は、水に浮くおもちゃなどをつかって、短パンにビーチサンダルをはいた飼い主さんも一緒に遊んでいるそうです。

 クールダウンも大切に!

動いた後のクールダウンは、全ての運動に共通してとても大切なことです。
急に動くことをやめてしまうと、動かした筋肉に疲労物質がたまりやすくなり、こり(筋肉痛)の原因となります。
ここでは、運動の後、プールがジャグジーとなりバブルのマッサージ効果で動かした身体をクールダウンします。

 

そして、プールからでたら再びシャンプー。
カルキを洗い流しトレーニング終了です。

疲労感はもちろん、マッサージ効果で体温が上がっています。
終了後は、すぐにご飯をあげず、まずはゆっくりお休みさせてあげましょう。

水中での運動は、陸上で動く数倍のエネルギーを消費しています。
適切な運動をしない生活を長年すごしながら、出産を繰り返してきたひなたの身体は、「発達できていない筋肉」と「過度に発達している筋肉」があります。
このように筋肉バランスがくずれ、関節の可動域が狭まっているひなたにとって、重力による関節への負担を軽減しながら、発達させたい筋肉を動かせるハイドロセラピーは、最適な運動療法になっています。

興味のある方は、お近くの動物病院にご相談してみてください。

犬のリハビリテーション 第2回 馬から犬へ「マッサージ」「ハイドロセラピー」

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

投稿者の記事一覧

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

関連記事

  1. お悩みグセ解消エクササイズ 1時間目 チャイム吠え
  2. ペットを連れて、もっとおでかけを楽しもう! 第1回 ペットと一緒…
  3. 動物たちを知ろう 第5回 猫のマーキングとスプレー
  4. ペットの医療・健康 第15回 頻尿(多飲多尿)腎不全・糖尿病・子…
  5. ペットの暑さ対策~節電編~「ペットの体温調節と暑さ対策」
  6. お悩みグセ解消エクササイズ 2時間目「拾い食い」
  7. ペットの医療・健康 第20回 「肥満」のリスク
  8. ブリーダー崩壊・多頭飼育崩壊現場ボランティア 第1回 準備する「…

今月の人気ランキング

PAGE TOP