アニマルライツ

ドキュメンタリー映画「今日もどこかで馬は生まれる」と
映画制作サークル『 Creem Pan(クリームパン)』


夢に見るほどに・・・
思いこがれる存在。
見ているだけでおもしろいし・・・
友達にもなってくれます。
なでるのも楽しいし・・・
抱きつくのにももってこい。
それから、ほら、乗ってみると、なんて楽しいのでしょう!

『ピンチさんのハッピーホースマンシップ 馬と仲良くなれる本』より

子供の頃、馬に乗ることに憧れ、馬と友達になりたいと夢見ながら、動物園やふれあい牧場で乗馬をした。そんな思い出がある方が、きっと多くいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、その馬と馬に関わる人々を通して、馬たちが置かれている現状と、馬を愛する人々の取り組みを伝えるドキュメンタリー映画のご紹介です。

クリエイティブチーム 『 Creem Pan 』

ドキュメンタリー映画「今日もどこかで馬は生まれる」を知ったきっかけは、彼らからの1通のメールでした。

TV 番組や広告映像を制作する会社で社員の映像リテラシーを高める為の活動として発足した映像同好会を前身とする、男女混合6名がメインメンバーの映画制作チーム『 Creem Pan 』

丁寧に思いを込めて作りたいという気持ちから、
手作りを意味する「Creem」を、
広い視野で物事を捉えたいという気持ちから、
映像用語の「Pan」を組み合わせ、
甘くて美味しそうな造語を完成させました。

《引用》「今日もどこかで馬はうまれている」 企画資料より

仕事に真剣に向き合う中で、別の観点で映像作品を作りたいと考え集ったという、同じ志のメンバーたち。
私が出会った彼らは、「知ろう」とする姿勢で向き合い、「伝えたい」という想いをそれこそまっすぐ伝える若者でした。
そんな彼らが、つくりだそうと取り組む「人と馬の共生」を題材にした『今日もどこかで馬は生まれる』
ぜひ観てみたい、馬たちの現状を知りたいと考えるようになっていました。

99%の馬が屠殺(とさつ)される

現在日本では競馬産業のもとに、年間約7000頭の馬(サラブレッド種)たちが生まれていると言われています。
馬(サラブレッド種)の寿命は、およそ20〜30年。
しかし、競走馬になるために生まれた馬の多くは、4〜6歳ほどでその生涯を終えているのが現実です。
馬は、とても大きな動物なので、競走馬を引退した馬や活躍が見込めなくなった馬を引き取ろうとすると、莫大な保養地と飼育費が必要となります。
そのため、多くの馬が殺処分されているのです。
私たちにとって身近な動物である犬や猫の殺処分は、比較的多くの人が知る機会があり、動物愛護法の改正など行政の取り組み、各地で活動する動物愛護団体などによって、殺処分数を減らすための社会的な意識が高まりを感じます。
それに対して、馬の殺処分については、知らない人も多いのが現状なのではないでしょうか。

ドキュメンタリー映画「今日もどこかで馬は生まれる」

《テーマ》
人と馬の共生 : 人と馬が共生する道をもっと探したい。
《プロローグ》
軍用馬・農耕馬・競走馬、いつの時代も私たち人間と密接な関係を築いてきた「馬」。
現代の日本では、年間約7000頭のサラブレッドが生まれています。
しかし、競走馬としてデビューした後、活躍を遂げるのは、約1%の「選ばれし馬」だけで、約99%の「選ばれなかった馬」は、天寿を全うすることなく生涯を終えているという現実があります。
私たちは、華々しくターフを駆ける「選ばれし馬」の存在は知りえても、食用馬肉、ドッグフード原料、農耕肥料などに姿を変える名もなき「選ばれなかった馬」の一生をあまりにも知りません。
競馬場・牧場・屠場・馬を使った農業、これらの施設で働く人たちに密着する事で、人と馬の共生を考えるきっかけになりうる映画になることを目指しています。
***
この映画は決して競馬や屠殺事業を一方的に否定するものではありません。
競馬があるからこそ、私たちは、馬に対して興味や愛情を持つことができたのではないか。
人と馬の「共生」について、世の中の関心が少しでも深まってくれればと願い企画した映画です。
《抜粋》「今日もどこかで馬は生まれる」企画資料より

**************************************

▼映画『今日もどこかで馬は生まれる』|プロモーションビデオ

**************************************

次回は、「映画の協力者・出演者さんたちとの出会い」について。

======================================
映画制作サークル『 Creem Pan(クリームパン)』
ブログ|https://ameblo.jp/creempan2017/
FaceBook|https://www.facebook.com/Creem-Pan-1889050221408403/
======================================

ドキュメンタリー映画「今日もどこかで馬は生まれる」 映画の協力者・出演者たちとの出会い

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

投稿者の記事一覧

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

関連記事

  1. イギリスとスイスの動物事情 第3回 スイスの動物事情「SVPA(…
  2. 動物取扱業の適正化についての動き ~ペットとわたしたちの世界~
  3. 被災地に残された犬と猫 ~東日本大震災、ちばわんの被災動物支援活…
  4. イヌに教え、教えられ 第11回 「大変」から「幸せ」に変わるとき…
  5. 人と動物が共生する社会のために 第5回 動物福祉について学ぼう
  6. 猫にまつわる「もの」「こと」「たべもの」を楽しむお祭  第7回 …
  7. 2016年の動物愛護週間 環境省や動物愛護団体のイベントに参加し…
  8. 仔犬との暮らし手帖 第4回 とても大切な「社会化期」の過ごし方

今月の人気ランキング

PAGE TOP