アニマルライツ

ドキュメンタリー映画「今日もどこかで馬は生まれる」
映画の協力者・出演者たちとの出会い

引退した競走馬の余生を支える里親制度
『NPO法人 引退馬協会』『乗馬倶楽部イグレット』

一頭でも多くの馬たちに幸せな馬生を!
競走馬を引退した馬の余生を有志会員が支える里親制度や、引退馬の引き取り等をサポートしている、1997年に設立された任意団体「イグレット軽種馬フォスターペアレントの会」を継承し、更なる発展・充実を目指すNPO法人です。
千葉県香取市にある、乗馬倶楽部イグレット本部に活動をしています。
乗馬に親しみがある筆者が感銘を受けたのが、NPO法人引退馬協会の活動はもちろん、乗馬倶楽部イグレットが大切にしていること。

***
『イグレットが大切にしていること』
当乗馬クラブでは、ただむやみに馬に乗るだけではなく、馬をよく知り馬を理解すること、馬と人が無理のない関係を作ることによって、乗馬技術も進歩し、楽しく充実した乗馬ライフに繋がると信じます。
《抜粋》乗馬倶楽部イグレット公式WEBサイトより http://www.egret.co.jp/
***

どのようなリレーションも「知る」ことがコミュニケーションのはじまりです。
乗馬をすればするほど、馬のことが知りたくなる。
馬を知ることで、馬とのコミュニケーションがスムーズになり、乗馬技術が向上するだけでなく、愛情がやさしくおおきくなってくる。
そんな想いが、引退馬と引退馬協会の活動を支える力になってゆくのでしょう。
馬はとても大きい動物です。
生きていくだけで、犬や猫の比ではないほどの莫大な飼育費と労力、そして場所が必要になります。
そうした課題をクリアするための方法のひとつが競走馬から「乗馬馬」への転身です。
現実的には、
*乗馬人口が限られている
*ひとつの乗馬クラブで受け入れることができる馬は、数頭から10頭、多くても数十頭が限界
*乗馬馬としての適齢期は、8~20歳位まで

馬の寿命は、25~30歳です。
20歳を超える高齢馬は、乗馬馬として働けなくなる。。
こうした課題を抱えるながら活動を続ける引退馬協会と乗馬倶楽部イグレットに関わる人々のお話しや日々の様子を映画で観れることが楽しみです。
乗馬倶楽部イグレットには、30歳の馬もいます。
この馬は、ここで天寿を全うするまで暮らしていくそうです。

引退した馬を活用したビジネスを展開する『ジオファーム・八幡平』

引退した競走馬を引き取り、馬糞を肥料として販売したり、それを使用して農作物を作って販売するなど、独自のビジネスモデルを確立している「ジオファーム・八幡平」。
出会いのきっかけは、何気なく読んだネットニュースだったそうです。

***
『ジオファーム八幡平の目指すもの』
「馬たちが現役引退後も安心して生きていくことが出来る
持続可能な仕組みを作りたい」
より多くの農家様に良質な馬ふん堆肥をご提供する。
より多くの皆様に安心安全で美味しいマッシュルームや様々なお野菜をお届けする。
より多くの馬たちに引退後も安心してお仕事ができる環境を用意する。
これこそが、ジオファーム八幡平の考える『持続可能なモデル』となります。
***

競走能力や競技能力や以外の、可能性を持った馬たちは多くいます。
しかし、経済的な飼育コストの大きさや、場所の問題等で、セカンドキャリアを構築できるだけの時間、環境を作ってあげる事は、現代社会の仕組みではなかなか難しいものです。
この時間を作り出すことが出来れば、命も繋がり、その馬たちの周囲には、新たなHAPPYが生まれるはず!
そんな観点から、「ジオファーム八幡平」では馬たちの引退後の生活を守るため、引退した競走馬や乗用馬が自然の中で生活しながら、経済的にも成立する、『持続可能なモデル』に挑戦しております。
我々が挑戦している『持続可能なモデル』とは、
八幡平の温泉地熱を活用した馬ふん堆肥づくりと、その堆肥を利用した農作物栽培となります。
《抜粋》ジオファーム八幡平公式WEBサイトより http://geo-farm.com/

「農薬を使う必要がなく、安全な作物を育てられる」
馬ふん堆肥を用いた農作物栽培、完全無農薬、安心安全で美味しいお野菜づくり。
まさに、“人と馬の共生”につながる取り組みだと感じます。

さまざまな立ち位置で、馬と向き合い、馬たちのこれからを考え行動する人々と共に制作が始まったドキュメンタリー映画「今日もどこかで馬は生まれる」。
現在、制作のためのクラウドファンディングが行われています。
この映画の意義や内容、制作への想いなども『 Creem Pan 』メンバーの声で綴られています。
どうぞ、下記よりご覧ください。

**************************************
▼映画『今日もどこかで馬は生まれる』|GoodMorning(CAMPFIRE)
https://camp-fire.jp/backers/68984
【募集終了予定:2018年4月22日】
**************************************

▼映画『今日もどこかで馬は生まれる』|プロモーションビデオ

**************************************
そして、2018年11月完成に向けてスタートした映画制作。
上映の日まで、これからも『 Creem Pan 』の活動と馬に関わる人々の想いをGORONでご紹介していきます。

======================================
映画制作サークル『 Creem Pan(クリームパン)』
ブログ|https://ameblo.jp/creempan2017/
FaceBook|https://www.facebook.com/Creem-Pan-1889050221408403/
======================================

ドキュメンタリー映画「今日もどこかで馬は生まれる」と映画制作サークル『 Creem Pan(クリームパン)』

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

投稿者の記事一覧

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

関連記事

  1. 鳥猟犬をたすけるために 第8回 「いのち」をめぐる多くの課題
  2. 人と動物が共生する社会のために 第1回 社会のなかで働く犬 ― …
  3. イヌに教え、教えられ 第30回 犬は今を生きている
  4. ブリーダー崩壊・多頭飼育崩壊現場ボランティア 第1回 準備する「…
  5. ペットと共に暮らすために考えたいこと 第12回 多頭飼育を考えた…
  6. ゾウが絶滅する?
  7. “捨てられる命ゼロ”を目指して 「ノー・ヴォイス」上映会
  8. 犬と共に踏み出す一歩「KIDOGS」 第2回 保護犬 KIDOG…

今月の人気ランキング

PAGE TOP