しつけ・ケア

おいしいタイミングでトレーニングを終わろう

おいしいタイミングで
トレーニングを終わろう


桜沢ルミ さん

犬に「おかわり!」と言ってもらえるトレーニングを

 

今まで数回にわたって
「犬のトレーニングをやってみましょう!」「続けましょう!」
とお伝えしてきました。
そのトレーニングで重要なのは、始めるときより、終るとき。

トレーニングを覚え始めたときや、競技会など目標に向かってトレーニングをするときは、ついつい熱が入って気がつくと1時間近くトレーニングをしていた・・・なんて事があります。
私もよくやってしまうのですが、出来ないところがあると、出来るようになるまで愛犬をトレーニングに付き合わせてしまったり、悩みながら愛犬と動いてしまうことがあります。
すると、最初は楽しそうについてきてくれた愛犬に、匂い嗅ぎや吠え、ピタッと動かなくなったり、どこかへ行ったりという『もうやめようよ~』のサインを出させてしまうのです。
これでは、せっかくのトレーニングもお互いにいいイメージが残らず、ただ長い時間トレーニングをこなした事実だけが残る。
とても勿体ない愛犬との時間の過ごし方になってしまいます。そればかりか、トレーニングに対して愛犬にネガティブなイメージを残してしまうこともあります。

犬は、驚くほど「楽しみ」や「恐怖」といった感情と「そのときの行動」をしっかりと紐付けて憶えています。
ネガティブなイメージのトレーニングが続くと、トレーニングそのものに対するモチベーションが下がることになりかねません。
逆の言い方をすると、楽しいイメージでトレーニングを終われば、次のトレーニングに良い状態でつながっていくでしょう。

トレーニングの終わらせ方には、
* 人がここまでと決めて終わらせる。
* 犬が満足した状態で終わりにする。
* 時間やおやつがなくなったら終わり。
など、色々な考え方やケースがあります。
どれも間違いではなく、状況によっては選択枝が限られる場合もあると思います。
ただ、どのようなケースであっても、
犬も人も『やった~できた!』と同じ気持ちで終ることが重要です。
できれば、そのときやっているトレーニングの一番良い状態のところでしっかりと褒めて、そこでお互いにいい気分で終わりにできれば最高です。

犬がしっかり集中してトレーニングしてくれていると、ついついもっと続けようという欲が出てきてしまうのが人間です。
私も、『こんなに集中しているのに、ここで止めたらもったいない』などと考えてしまいがちです。
でも、疲れて集中も切れかけたところで『あ~、終ってよかった』と、犬に思わせてしまうよりも『え~、もう終わっちゃうの?もっとやろうよ!』と、意欲を持ったまま終わったほうが、次への期待が高まり、結果として高い集中力の持続につながっていきます。

満腹感よりも腹八分目、もっとおかわりしたい!
犬にそう思えるトレーニングこそ、お互いにとって一番おいしいトレーニング。
私も愛犬と、いつもそうありたいものです。

 

2017年11月3日掲載

 

成犬になってからのトレーニング
うちの犬はもうだめだとあきらめるその前に

桜沢ルミ

桜沢ルミ

投稿者の記事一覧

(さくらさわ るみ)

子供の頃からの夢である犬との暮らしを始めたものの、ビーグルのやんちゃぶりに生活の危機を感じ、近所のしつけ教室に駆け込む。
以来ドッグトレーニングの素晴らしさに目覚め、愛犬と共にオビディエンス・アジリティ・優良過程犬テスト・k9ゲーム・ドッグダンス・ノーズワークと多様な競技にチャレンジを続けている。
また愛犬の体調管理のため、ドッグスクールアウラにて手作り食、犬護舎にてセルフケアマッサージを習得し毎日の健康管理に努めると共に、Song of Earthにてアニマルコミュニケーション講座を受講。
アニマルコミュニケーター・ヒーラーとしての独立を目指し日々勉強中。

アニマルコミュニケーション&ヒーリング「Soleil」
http://site-1302724-3072-1593.strikingly.com/

関連記事

  1. 犬のボディケア 第4回 作り方は簡単!ハッカ油で虫除けスプレー!…
  2. ペットのためのホリスティックケア 第4回 ペットと楽しむアロマセ…
  3. イヌに教え、教えられ 第23回 動物が教えてくれること
  4. イヌに教え、教えられ 第33回 「怖い」を「期待」に変えていく
  5. 仔犬との暮らし手帖 第3回 散歩編 首輪or ハーネス?お散歩準…
  6. 犬とのキャッチボールを楽しもう
  7. ペットのためのホリスティックケア 第3回 マッサージでペットと一…
  8. イヌに教え、教えられ 第20回 相手を知る

今月の人気ランキング

PAGE TOP