アニマルライツ

みんなの夢、猫の未来 第3回「殺処分とペットビジネス」

みんなの夢、猫の未来

第3回 「殺処分とペットビジネス」

    竹ノ塚里親の会


 前回は猫をめぐる地域の問題についてお話をうかがいました。
 今回はお二人にこういった手術を受けた猫たちが里親に出されるまでの会の取り組みと、ペットの殺処分とペットビジネスをめぐる日本の現状について、お話しいただきます。

殺処分をめぐる状況とペットビジネス

 動物愛護センターでは、1日に1000頭ほどの動物が、二酸化炭素ガスで殺処分させられています。(平成21年度の東京都の殺処分数は犬1,317頭 猫3,877頭)愛護センターという名称から動物が保護されていると思う方もいるかもしれませんが、殺処分が行われているのです。飼い主より直接持ち込まれた動物は、引き取り手がいないので即日処分をされます。私たちは、こうした動物をゼロにしたいのです。


保護当時ボロボロだった猫もこんなに綺麗になりました。
今では里親さんのもとで幸せに暮らしています

 ペット・ショップで売買される血統書つきの動物でも、飼い主が見た目が可愛くなくなったから、歳をとったから、病気で汚いからといった理由で処分されていることが多いです。ペット・ショップで売れ残った子犬は裏で取り引きされ、悪質な繁殖屋に振り分けられます。そこで処分される犬もたくさんいます。生きたままミキサー車にかけて殺されてしまうこともあるのです。

 こうした話は、動物愛護活動をしているマルコ・ブルーノ氏の著書『マルコの東方犬聞録』の中で紹介されています。日本のこうした事情をかんがみると、生体の販売には一定の規制が必要なのではないかと思います。悪質な繁殖屋は、コスト重視の近親交配の繰り返しにより奇形の子犬が産まれると処分しています。台メスと呼ばれる出産専用の犬は一生檻の中で過ごし、交配のときだけ檻から出され、子犬が産めなくなったら処分されるのです。ブリーダーは現在の登録制でなく許可制にし、一定の基準の規制の中でやるべきことではないでしょうか。


犬は大きくなって処分品として売られていた。 茶虎はすでにもらい手がつきました。
他二匹は交通事故や大病を乗り越えて、何とか生き延びました。今はもう家族です。

 現状では、ホームセンターで誰でもペットを販売できてしまっていて、クリスマスプレゼント用にセール値引きになっています。この時期に「売る・売れる」ための計算をして動物を繁殖させているのです。ペット・ショップで売られている動物たちを眺めていて、小さな動物がだんだん大きくなっていき、それに合わせて値引きされている姿をみると、その動物たちが店頭からいつ姿を消すのだろうかと裏側を知っているだけにハラハラします。

 ホームセンターなどで手軽に動物を買える環境になってしまったこと、飲み屋街の中にも24時間営業などでペットを販売するお店があり、お酒の勢いでペットがプレゼントとして気軽に売買されている様子に、胸が痛みます。

 次回はお二人に会の発足経緯から今現在までについてお話しいただきます。

みんなの夢、猫の未来
第2回「地域の力」

みんなの夢、猫の未来 第4回
「みんなでやっているからこそできる」

竹の塚里親の会

竹の塚里親の会

投稿者の記事一覧

(たけのづかさとおやのかい)

2005年より「竹ノ塚里親の会」発足。
年間100匹以上の避妊去勢手術をし、現在までに630匹以上の猫を里子につける。
現在メンバー10人で毎週火曜日竹ノ塚駅前にて、土日いずれかに西新井アリオ前にて里親の会を開催している。

竹ノ塚里親会:http://cat.pelogoo.com/satooya/

神戸廣美 (かんべ ひろみ)
(メンバー写真左から3番目)
足立区在住
夫、子二人の四人家族と秋田犬、陸ガメ、保護猫たちと暮らしている。
トールペイント講師の傍ら、ボランティア活動をしている。

関連記事

  1. アメリカの動物事情 第10回 アメリカでの動物ボランティア・アメ…
  2. 鳥猟犬をたすけるために 第6回 家族の理解
  3. 殺処分ゼロを目指して~「ちばわん」の活動から~ 第8回 私たちに…
  4. ペットと共に暮らすために考えたいこと 第3回 ペットと暮らす家「…
  5. “捨てられる命ゼロ”を目指して 「ノー・ヴォイス」上映会
  6. 被災地に残された犬と猫 ~東日本大震災、ちばわんの被災動物支援活…
  7. 出会い
  8. 鳥猟犬をたすけるために 第9回 多くの犬とのめぐりあい

今月の人気ランキング

PAGE TOP