しつけ・ケア

ドイツのペット事情 第2回.住環境・散歩・トイレ

ドイツのペット事情

第2回「住環境・散歩・トイレ」

岡村理英(AKC認定トリマー)


第2回「住環境・散歩・トイレ」編

 これからペットを飼いたい、という人にとって、悩ましいのが日本の住宅事情。賃貸ではまずペットOKの物件を探さなくてはならないし、OKだとしてもお散歩コースはどうするか、充分に遊ばせることのできるドッグランが近くにあるか…などなど、気になることもたくさん。
 住環境はペットとの生活を大きく左右します。そこで第2回目は、ドイツでのペットとの住まいや、お散歩のマナーについてお伝えします。

デュッセルドルフ市内のライン川沿い

デュッセルドルフ市内のライン川沿い / photo by Naoko.H

部屋の大きさによってきまる-ドイツのペットとの住環境-

 ドイツではペット可か不可かというような住居選びの基準はあまり聞きません。
基本的には、ドイツの住宅は、ペットOKです。ただ部屋の広さなどで飼えるペットの大きさの決まりはあるようです。法律で定められているわけではありませんが、動物好きの近隣ドイツ人が常に目を光らせているので、狭い部屋に多頭飼いや大型犬を飼っていたりすると保護団体や警察に通報されることがあります。通報が2回、3回となると飼う資格がないとみなされ、ペットを没収されてしまいます。

 ペットは大抵室内で飼われています。リードをつけて外で飼われる犬や猫はほとんどいません。外で飼うことは駄目ではありませんが、リードを付けての飼育の場合、犬が自由に過ごせる土地の広さやリードの長さなどの飼育環境の条件がついてきます。

 また、ペットを長い時間放置することは禁止されています。これも法律で定められているわけではありませんが、近隣住民の通報により発見されると厳重注意、もしくは没収となります。無駄吠えなどもうるさく言われます。無駄吠え、長時間の留守はペットへの虐待とみなされるのです。

 猫は放し飼いをする場合は避妊・去勢が義務付けられています。そして放し飼い・家飼い関係なくマイクロチップの挿入が義務付けられています。猫は犬と違い条例が少ないようです。

しつけの徹底がノーリードの文化を生む-お散歩とリード-

 ストレスなく犬に生活させるため、もちろん毎日の散歩は欠かせません。
リードの使用については、日本よりもゆるやかです。ドイツの犬たちは皆、ノーリードでもきちんと飼い主の命令に従うよう、しつけが徹底されています。ですから、ドッグランのように囲われたスペースでなくても、公園などで自由に走りまわることができます。

公園でもノーリードがめだつ

デュッセルドルフ市内の公園 / photo by Naoko.H

 公園や川べりなどではノーリードでOKの場所とそうでない場所がありますが、そこのところの決まりはとても曖昧で、飼い主側も守っていたりそうでなかったりといろいろです。ノーリードの犬と男性が一緒にジョギングしていたりしても、警察も何も言わなかったりするので、本当に曖昧なのでしょう。

 もちろんバスや電車では、リードをつけなくてはなりません。こうした公共交通機関を含め、ノーリードが禁止されているところでは、「Ordnungsamt」(オルドヌングザムト)という人たちがいて、不定期にチェックをしています。違反していると、違反金を徴収されてしまいます。

トイレは屋外で-お散歩の落とし物-

 ドイツでは、トイレは家の中でさせる習慣はなく、必ず外でするものとされています。そのため、ドイツではペットシーツの販売はありません。お隣のベルギーまで行くと、ペットショップに10枚で1000円近くするシーツが少しおいてあるくらいです。

 そのため、犬の糞を処理するためのウンチバッグディスペンサーが街のあちらこちらに市によって設置されています。もちろん、都市によって設備や対策は異なります。州によって設置数も大きく違います。大都市へ行けば行くほど、設置数は多くなるようです。

犬の糞を処理するためのウンチバッグディスペンサー

フランクフルトのウンチバッグディスペンサー / photo by Meiko.S

 日本と同様、ペットの糞は飼い主が処理をすることがマナーですが、公園や川沿いなどではそのまま置き去りにされているケースが少なくありません。人によっては、高い税金を払っているのだから飼い主が処理する義務はない、と主張する人もいますが、飼い主が持ち帰らなければならないと考える人もいるようで、後者は年配者に多いようです。

 ただ面白いのが、例えばどこかの建物(アパート、会社)など清掃業者がはいって掃除をしてくれるようなところで糞をしてしまった場合、飼い主は糞を取る必要はなく、そこの清掃業者が行えばいいとなっているようです。

もともとは贅沢品!?-犬税-

 『高い税金を払っているのだから…』そう、ドイツにはなんと犬にかかる税金があるのです。それが「Hundesteuer(犬税)」。

デュッセルドルフ市の犬の鑑札

デュッセルドルフ市の犬の鑑札(税金を納めていますよ、という証明)photo by Naoko.H

 ドイツで犬を飼う飼い主には必ず税金を払う義務があります。年単位で支払い、金額は州によって異なります。ちなみに私の住んでいるデュッセルドルフという市があるNRW州は約80ユーロ、ベルリンの方は約120ユーロだそうです。これは一頭あたりの税金で、2頭目以降はまた金額が違ってきます。

 日本からみれば驚きの犬税。もともとの始まりは1800年代で、犬は牛や豚、鶏などの家畜と違い贅沢な存在とみなされたことから始まったそうです。もちろん、介助犬、盲導犬、警察犬などの働く犬はこういった税金は免除されます。

 税金のほかにも、ペット先進国といわれるドイツには、日本にはないペットを保護するための条例がたくさんあります。次回は、ドイツの犬に関する条例についてお伝えします。

ドイツのペット事情
第1回 生活・しつけ学校・外出編

ドイツのペット事情
第3回 ペットに関する条例

岡村理英

岡村理英

投稿者の記事一覧

(おかむら りえ)

AKC認定トリマー

短期大学卒業後、青山ケンネルカレッジ美容科を経て、ドッグショーの勉強を兼ねオーストラリアのグルーミングサロンに勤務。その後、東京のペットショップに店長として勤務。現在、ドイツにて出張トリミングなどのサービスを活動中。
掲載 『はじめてのペットサロン&ショップオープンBOOK』(技術評論社)、東都読売新聞など。

関連記事

  1. 愛犬とのしつけエクササイズ 第3回.フセ
  2. アメリカの動物事情 第8回 アメリカ流犬の問題行動対策
  3. イヌに教え、教えられ 第39回 経験させないことも大切な「犬の社…
  4. イヌに教え、教えられ 第37回 先代犬と比べない。目の前の犬と向…
  5. イギリスとスイスの動物事情 第1回 イギリス・スイス、そして日本…
  6. 愛犬とのしつけエクササイズ 第9回.宝探しゲーム(探せ)
  7. お悩みグセ解消エクササイズ 3時間目 お手入れが苦手
  8. イヌに教え、教えられ 第26回 難しいときは、視点を変えてみる

今月の人気ランキング

PAGE TOP