アニマルライツ

動物愛護週間 環境省や動物愛護団体のイベントに参加しよう!

動物愛護週間

環境省や動物愛護団体のイベントに
参加しよう!

    


「動物愛護週間」という記念週間をご存知でしょうか?
アメリカ動物愛護協会が1915年に制定したことを始まりとしている動物愛護週間(どうぶつあいごしゅうかん、英語: Kind to Animals Week)は、動物を愛し、動物と人間の絆を深めることを目的として定められた記念週間です。

日本の動物愛護週間

日本では、国民の間に広く動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深める為、動物愛護管理法で毎年9月20〜26日の間を動物愛護週間と定められています。
動物愛護週間とは、動物を愛し、動物と人間の絆を深めることを目的として定められた記念週間です。
もとは昭憲皇后の誕生日を記念して5月28日~6月3日が動物愛護週間だったようです。(戦後春分の日を動物愛護デーとしました)
しかし、5月には愛鳥週間があり、学校が休みで学校行事が行いづらい、北海道などでは雪が残っており野外活動がしづらいなどから、9月20日~26日秋分の日を中心に変更されました。
環境省のサイトに設けられたウェブページにて、国・地方自治体・関係団体が協力して主なう動物愛護週間行事、動物愛護週間のポスター、動物愛護週間中央行事実行委員会の紹介、動物愛護管理功労者表彰などの情報が公開されています。
動物愛護週間ポスターは、毎年春にデザイン絵画コンクールが行われるなど、広く一般に公募することで、より多くの人が動物愛護管理に関する意識を高めてもらうことを考えられています。
(動物愛護管理法 第4条) http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S48/S48HO105.html
ひろく国民の間に命あるものである動物の愛護と適正な飼養についての関心と理解を深めるようにするため、動物愛護週間を設ける。

 

動物愛護週間ポスター デザイン絵画のテーマ

     2015年のテーマ 「飼う前も、飼ってからも考えよう」

**平成27年度動物愛護週間ポスターのデザイン 絵画コンクール受賞作品**
http://www.env.go.jp/press/files/jp/27548.pdf

(以下、環境省ホームページより引用)
動物は私たちの生活を様々なかたちで豊かにしてくれる、人間にとってかけがえのない存在です。しかし、一部では動物の遺棄や虐待の問題、不適切な飼い方により鳴き声や悪臭の発生など周囲に迷惑を及ぼしたり人に危害を及ぼしたりする事件も発生しています。また、無責任な飼い主の飼育放棄や迷子、所有者がいなかったりして自治体の保健所や動物愛護センター等に引き取られる犬と猫の数は年間約21万頭(平成24年度)にものぼります。
 動物を飼うためには、動物の命をあずかる責任と、社会に対する責任の両方が求められます。動物の命をあずかる責任とは、飼い主が愛情を持って動物の健康と安全に気を配り、動物の種類にあった快適な環境を整える責任です。社会に対する責任とは、動物が周りの人に迷惑をかけないように社会のルールやマナーを守る責任です。
 そこで、今年度は「宣誓!無責任飼い主0宣言!!」をメインテーマとして、動物の命をあずかる責任と社会に対する責任について、普及啓発を行うために使用する作品を募集します。
(例)
     ・もう一度考えてみよう!飼い主の責任
(動物を飼うための責任、ルール、マナーは果たせていますか。もう一度、一つ一つ考えてみましょう)
     ・動物も人も幸せに
(飼い主が飼い主の責任を果たすことにより、人と動物とが幸せに暮らすことができます。飼う楽しさは、動物と社会に対する責任の向こうにあります)
     ・きちんと愛情、最後まで
(動物を飼うためには、最後まで責任と愛情を持って飼う必要があります。飼い始めたその日から、ペットの命はあなたにゆだねられ、社会に対する責任が発生します)
 
環境省 平成26年度動物愛護週間ポスターのデザイン絵画コンクールの実施について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=18026

 

各地で行われている動物愛護週間行事・イベントに参加しよう!

動物を大切にする心、飼ったペットを家族の一員として最後まで見守る心、立場の弱いものに優しく接するという心は、生きとし生けるもの誰にとっても必要で大切なことです。そんな気持ちは、子供の時から育んでおきたいものです。
普段口で説明しても子供たちの心に残るような体験や思いが持ちにくく、うまく伝わらないこともあります。ですので、全国的に開催されるこのようなイベントにご家族で足を運んでみることをお薦めします。
親子で動物、ペットのことを考えるとてもよい機会です。お住まいの地域でもさまざまなイベントが開催されていますのでチェックしてみて下さい。
 
2015年の動物愛護週間中央行事について 詳しくはこちらをご覧下さい。
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/pickup/week/h27.html
[動物愛護週間 中央行事実行委員会]http://www.doubutsuaigo.net/
 
2015年の動物愛護週間地方行事について 詳しくはこちらをご覧下さい。
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/pickup/week/h27/h27_chiho.pdf
 

 
この機会にもう一度、愛するペット、動物たちとの付き合い方について見直していきたいものです。
ひとつひとつの命は、ひとりひとりの意識によってのみ、大切に守られてゆくものですから。
 
 
【参考サイト】
環境省 動物愛護週間[動物の愛護と適切な管理]
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/pickup/week.html
*環境省のサイトには、ペットと共に暮らす私たちにとても役立つ情報やパンフレットなどが無料で掲載されています。ダウンロードページ
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph.html

 

2015年9月18日掲載

 

 

[goron_pagenavi]
[Addlink_Matome twitter_text=”「動物愛護週間 環境省や動物愛護団体のイベントに参加しよう!」”]
[Addlink_Pagetop]

 

 

 GORON 吉川奈美紀 

goron

投稿者の記事一覧

GORON スタッフ

関連記事

  1. イギリスとスイスの動物事情 第2回 イギリスの動物福祉「Sout…
  2. 被災地に残された犬と猫 ~東日本大震災、ちばわんの被災動物支援活…
  3. Be Mine. 2.14 バレンタインデーに動物愛護団体や保健…
  4. 鳥猟犬をたすけるために 第5回 いのちをまなぶこと
  5. イヌに教え、教えられ 第2回 伝えるために気持ちを出す
  6. アメリカの動物事情 第9回 TNR(地域猫)
  7. アメリカの動物事情 第7回 アニマルレスキューに対する情報量
  8. イヌに教え、教えられ 第15回 自らの命で何かを伝える

今月の人気ランキング

PAGE TOP