健康・病気

馬の体重の減量〈後編〉

乗馬インストラクターがお伝えする馬のお話。
馬を減量させたい時にどうすれば良いか?
後編は、具体的な方法などご紹介していきます。


馬の肥満のリスク

まず、肥満の馬のリスクを知っておきましょう。

  • 関節、腱、靱帯、蹄にさらなる負担がかかり、怪我の可能性が高まります。
  • 心血管能力の低下
  • 蹄葉炎やクッシング病などの代謝障害の可能性が高くなります。
  • 体が冷えにくくなる
  • 脂肪腫は疝痛のリスクを高める可能性があります。

馬が太り過ぎか?を見分ける方法

馬が太りすぎているかどうかを見極めるためにはボディコンディションスコアを使用したり、獣医師の判断を仰きましょう。

減量するときに気を付けること

馬の体重が減少するまでにかかる時間は、
・どの程度痩せさせる必要があるか?
・馬の身体能力
・運動の頻度
によって大きく異なります。
たとえば、基礎疾患のない健康でやや太りすぎの馬は、跛行の病歴がある肥満の馬よりも早く体重を減らすことができます。

馬にとって食事は身体的な健康のみならず、心の健康のためにもとても大切なものです。
単純に飼料の量を減らす事は馬にとって辛いものです。人間と同じ様にストレスとなります。
摂取カロリーは減っても量が明らかに減らないように、栄養価や「かさ」を考えてあげましょう。

食べづらくなっている小さな穴のヘイネットは馬がゆっくり食べるのでおすすめです。
少しずつ長く食べ続けることができ、消化管を通って飼料が移動し続けるためより健康的です。
穀物などの濃縮飼料の摂取を徐々に減らしていきますが、馬が十分なビタミンやミネラルを摂取できるようにしてください。

馬の体重を減らすためのサプリメントもあります。
・クロム(微量ミネラル)
・L-カルニテン(アミノ酸)
・亜鉛(微量ミネラル)
クッシング病や馬メタボリックシンドロームなどの代謝異常が原因で馬が太りすぎている場合は、獣医師と相談の元サプリメントを使用することも良いと思います。

大切なのは運動

食事量の調整より運動量を増やす事で減量できる事が理想的ですが、肥満の馬は急激に運動量を増やす事が難しい場合もあります。
食事量の調整と運動量の調整は一気に行わず、徐々に減らし、徐々に増やしていく様にし、ストレスや怪我を予防します。

馬が体重を減らすのに最適な運動はハードに走る様な運動ではなく、常歩や速歩での調馬索、あればウォーキングマシンも良いです。
人間に置き換えるとウォーキングや軽いジョギングの様な有酸素運動です。
ウォーミングアップとクールダウンの時間はより意識的にしっかりととりましょう。

馬の減量は基本的に人間と同じ考え方です。
人間と違うところは、馬にその意思がないということ。
食事量を減らせば馬は割と簡単に痩せますが、馬にとって1番の楽しみである食べる事を奪うのではなく、人間が工夫して馬のストレスにならない形で健康的な減量をしましょう。

馬の体重の減量〈前編〉

進 由紀

進 由紀

投稿者の記事一覧

(すすむ ゆき)
乗馬インストラクター
全国乗馬倶楽部振興協会認定指導者

2002年より乗馬クラブでインストラクターとして働く

「馬は自分を映す鏡」の様な存在です。
自分の行動に対しての答えを、いつも分かりやすく返してくれます。
だからこそ、いつでも正直に、真剣に、謙虚に、馬と向き合う事が出来ます。
それは時に苦しいけれど、そんな時にもポッと何か閃きをくれたりする。
馬はとても賢くて、優しくて、そしてどんな馬もみな、真面目で頑張り屋です。

出会った馬には、幸せを感じながら人間と仕事をしてもらえるように。
また馬の素晴らしさを一人でも多くの方に知って頂けるように。

馬と共に成長し、人々に貢献する事を目標に、日々奮闘しています。

関連記事

  1. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 第3回 〜五臓のお話 『肺』〜 《レ…
  2. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜なる前に予防!夏バテ対策〜
  3. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜 体の中から梅雨対策 〜 薬膳ごは…
  4. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜今年は強烈!春の陽気に気をつけて〜…
  5. 犬の肉球を知ろう ~役割やお手入れ方法~
  6. 「僧帽弁筋閉鎖不全症」とは
  7. 馬の顔の模様
  8. 犬のボディケア 第4回 作り方は簡単!ハッカ油で虫除けスプレー!…

今月の人気ランキング

PAGE TOP