日本

  1. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「消費者啓蒙目的のラベル」

    どうかあきらめないでください。 愛護法だけではなく、私たちが他にできることが、きっとあるはずです。 少しずつ、動物たちが幸せになれるように、私たちができることを、力を合わせて考えていきましょう。 動物たちのために。

  2. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「ポジション・ステートメント(陳述、意見書)」「共同組合、自主規制グループ」

    動物愛護法以外に、私たちができるアプローチの方法。 1. ガイドライン 2. ポジション・ステートメント 陳述、意見書 3. 共同組合、自主規制グループ 4. 消費者啓蒙目的のラベル

  3. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「ガイドライン」

    動物愛護法以外に、動物を幸せにするもの その他にも、私たちができるアプローチとしては、以下があると思います。 1.      ガイドライン 2.      ポジション・ステートメント 陳述、意見書 3.      共同組合、自主規制グループ 4.      消費者啓蒙目的のラベル これらについて、以下、具体的に個人的な意見を述べたいと思います。

  4. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります

    日本では、国民の間に広く動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深める為、動物愛護管理法で毎年9月20〜26日の間を動物愛護週間と定められています。 今回の世界の動物事情は、動物愛護について、動物虐待や違法行為などに関する「獣医法医学」を修了した認定法医学獣医師であり、アメリカ在住の現役臨床獣医師、シェルターメディシンでもある西山ゆう子さんにうかがいました。

  5. 盲導犬を支援しよう ~第4回 共生生活に向けて~

    障碍を持つ多くの人々が、安心して、いつでも、どこでも補助犬を利用できるために、広く社会に理解される環境を整えていきましょう。 このような社会は、誰にとっても暮らしやすい社会の実現(ノーマライゼーション)へとつながっていくのではないかと思います。もし、道で盲導犬や補助犬と一緒に歩いている人を見かけたら、「何かお手伝いしましょうか」と一言、声をかけることから始めませんか?

  6. 盲導犬を支援しよう ~第3回 障碍のある方にとっての補助犬との暮らし~

  7. 盲導犬を支援しよう ~第2回 補助犬の社会での受け入れ体制~

  8. 盲導犬を支援しよう ~第1回 震災と盲導犬~

  9. 日本は動物愛護後進国! ~海外に学ぶ動物愛護 第5回~

  10. 日本は動物愛護後進国! ~海外に学ぶ動物愛護 第4回~

  11. 日本は動物愛護後進国! ~海外に学ぶ動物愛護 第3回~

  12. 日本は動物愛護後進国! ~海外に学ぶ動物愛護 第2回~

  13. 日本は動物愛護後進国! ~海外に学ぶ動物愛護 第1回~

今月の人気ランキング

おすすめ記事

鳥猟犬をたすけるために 第1回 CACIの活動を始めるまで

現在の日本では、猟犬は「狩の道具」であり、狩の現場で飼い主が放棄してしまうことが多いのです。これらの猟犬たちは、動物愛護センターに保護されますが、鳥猟犬を家庭犬として引き取ってもらうのは難しく、多くの犬たちはガスによる殺処分によって命を終えてしまいます。

新着記事

PAGE TOP