アニマルライツ

毎年9月は動物愛護週間

「動物愛護週間」という記念週間をご存知でしょうか?
アメリカ動物愛護協会が1915年に制定したことを始まりとしている動物愛護週間(どうぶつあいごしゅうかん、英語: Kind to Animals Week)は、動物を愛し、動物と人間の絆を深めることを目的として定められた記念週間です。

 日本の動物愛護週間はいつ?

日本では、国民の間に広く動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深める為、動物愛護管理法で毎年9月20〜26日の間を動物愛護週間と定められています。
動物愛護週間とは、動物を愛し、動物と人間の絆を深めることを目的として定められた記念週間です。
もとは昭憲皇后の誕生日を記念して5月28日~6月3日が動物愛護週間だったようです。(戦後春分の日を動物愛護デーとしました)
しかし、5月には愛鳥週間があり、学校が休みで学校行事が行いづらい、北海道などでは雪が残っており野外活動がしづらいなどから、9月20日~26日秋分の日を中心に変更されました。
環境省のサイトに設けられたウェブページにて、国・地方自治体・関係団体が協力して主なう動物愛護週間行事、動物愛護週間のポスター、動物愛護週間中央行事実行委員会の紹介、動物愛護管理功労者表彰などの情報が公開されています。
動物愛護週間ポスターは、毎年春にデザイン絵画コンクールが行われるなど、広く一般に公募することで、より多くの人が動物愛護管理に関する意識を高めてもらうことを考えられています。

(動物愛護管理法 第4条) http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S48/S48HO105.html

ひろく国民の間に命あるものである動物の愛護と適正な飼養についての関心と理解を深めるようにするため、動物愛護週間を設ける。

 2019年動物愛護週間のテーマ

 「共に生きる~シニアペットとシルバー世代~」

(以下、環境省ホームページより引用) http://www.env.go.jp/press/107028.html
動物は、私たちの生活を様々なかたちで豊かにしてくれる、人間にとってかけがえのない存在です。これを踏まえ、人と動物の共生する社会の実現を図ることを目的として「動物の愛護及び管理に関する法律」が定められています。飼い主にはペットの命を預かる責任と社会に対する責任があります。最後まで愛情を持って、健康でペットと長く幸せに暮らすため、ペットが歳をとった時のこと、また、ペットの寿命を考え、飼い主自身が高齢になって病気や入院などで世話ができなくなった時のことも想定し、心構えと準備をしておくことが重要です。

この動物愛護週間に合わせて、各地で自治体や動物愛護団体が様々なイベントが開催します。
次は、2019年9月に開催される動物愛護イベントをご紹介します!

 

動物愛護週間のイベントに参加してみよう!

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

投稿者の記事一覧

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

関連記事

  1. 鳥猟犬をたすけるために 第6回 家族の理解
  2. ドキュメンタリー映画「今日もどこかで馬は生まれる」
    映画の…
  3. ペットの医療・健康 第18回 肝疾患と食事管理
  4. イヌに教え、教えられ 第27回 大事なこと
  5. イギリスとスイスの動物事情 第4回 イギリスとスイスを訪れて
  6. みんなの夢、猫の未来 第2回「地域の力」
  7. 動物愛護週間 環境省や動物愛護団体のイベントに参加しよう!
  8. 犬の冬の過ごし方 第1回 愛犬の寒さに気づいてあげよう!

今月の人気ランキング

PAGE TOP