健康・病気

動物にとって魅力的なにおい!? 「肛門腺」のお話

愛犬や愛猫の肛門腺のにおいに絶句したことが飼い主さんも多いかと思います。
人にとっては、慄くほど臭い肛門腺のにおいですが、動物にとってはとても魅力的なにおいだそうです。
今回は、その肛門腺についてのお話です。

肛門腺とは?

肛門の両側(肛門に対して時計でいう4時と8時の位置)にある「肛門のう」と呼ばれる強いにおいの分泌物を出す袋のことです。

その役目は、
・分泌物を排便時に分泌することでテリトリーを主張する
・犬や猫同士がお尻を嗅ぎ合って挨拶するとき個体識別する
などがあります。

肛門腺から分泌物が出にくい場合はどうする?

通常は、排便の時に一緒に出されることが多い分泌物ですが、出しにくい犬や猫がいます。
大・中型犬は排便時に力んで出せる子が多い反面、小型犬の場合、なかなか自分で出せなことがあるようです。
肛門腺に分泌物が溜まるとお尻がムズムズするので後脚を前にだした姿勢でお尻を床や地面に擦り付けます。
このような時は、肛門腺を人為的に絞ってあげる必要があります。

肛門腺に分泌物が溜まり続けるとどうなるの?

細菌感染や分泌物が溜まったことで炎症を起こす「肛門のう炎」になってしまうことがあります。
「慢性的に下痢をしている」「小型犬」「肥満体型」などの子が、発症しやすい傾向にあります。
肥満の場合は、肛門括約筋などの筋肉の緊張力が低下することによって起こりやすいようです。
性別や年齢による発生頻度には差がないようです。

肛門のう炎になった犬や猫は、不快感からお尻を舐めたり、お尻を擦ってしまいます。
そうすることで炎症が悪化したり、肛門のうが化膿して破れる(自壊)こともあります。

「肛門のう炎」になってしまった時の治療方法

皮膚に穴が開いてしまった場合は、その部分を消毒して塗り薬をつけます。
気にして舐めてしまう場合は、エリザベスカラーをつけることもあります。
そして、抗生剤や消炎剤などの薬を服用させて治療します。

肛門のう炎を放置すると膿瘍になり、発熱や食欲低下などの症状が現れます。
自壊して破れる前に治療して治すことができるように、犬や猫がお尻を気にする仕草を見逃さないようにしてあげてください。

 

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

投稿者の記事一覧

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

関連記事

  1. ペットを連れて、もっとおでかけを楽しもう! 第3回 九州 長崎の…
  2. 犬の白内障とその対応策を考える ~前編〜 目の充血から始まった通…
  3. 「歩く」ことは、犬にとって大切な生きる力
  4. 犬の「ハウス」をインテリアに
  5. シニア犬・シニア猫との暮らし手帖 第1回 シニア犬のごはんと食べ…
  6. 災害時のペットとの避難を考える ~アメリカの『スノーボール法』~…
  7. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「ポジション・…
  8. 犬のリハビリテーション 第1回 保護犬「ひなた」とのリハビリ

今月の人気ランキング

PAGE TOP