投稿・取材協力境谷真佐子

  1. わんことのお出かけレポート 第3回 パグの小梅ちゃんと共に「お台場散策」

    今回は、ワンコと楽しめるスポットがたくさんある東京都お台場をお散歩しました。 まずは、朝食!デックス東京ビーチシーサイドモール3階にある「billsお台場店」からスタート!

  2. わんことのお出かけレポート 第2回 パグの小梅ちゃんと共に「コスモス満開の昭和記念公園」

    今回は、毎年この時期コスモスまつりが開催されている東京都立川市「国営昭和記念公園」のお出かけレポートです。 国営昭和記念公園は、広大な敷地に様々な植物が植えられています。季節ごとに花が咲き乱れ、何度訪れても楽しめる公園です。 この地域で暮らす愛犬家の地道な活動により作られ、運営メンテナンスされているドッグランがあることでも有名な公園です。

  3. わんことのお出かけレポート 第1回 パグの小梅ちゃんと共に「伊豆へ日帰り旅行」

    暑かった夏が終わり、ようやくワンコとお出かけを楽しめる存分に季節になりました。 今回ご紹介するお出かけ先は、犬連れでも気兼ねなく遊べる伊豆へ日帰り旅行! 愛犬小梅とともに立ち寄ったおすすめスポットをご紹介します。

  4. 猫と犬と一緒に暮らす

    猫のランプと暮らしていた我が家に、犬の小梅がやって来たのは、ランプが10歳の時でした。 ずっと猫と暮らしていた私たちが、犬を迎え入れる事を決めるまでには、長い時間がかかりました。 まず先住猫のランプは、拾った時に虐待されていたであろう形跡があり、今でもとても臆病で慎重、そして頑固な性格。 そんなランプが、果たして迎えた犬と仲良くなれるのだろうか?という不安はありました。

  5. ペットの医療・健康 第13回 「てんかん」について知ろう 【体験談】小梅ちゃんの場合 (パグ 6歳 メス)

    小梅の初めてのてんかん発作は、1歳の時でした。 朝の散歩中に突然口から泡を吹き、痙攣(けいれん)して倒れました。 小梅を抱え上げ、発作が治まるのを待って帰宅し、直ぐにかかりつけの病院で診察・検査をして、癲癇(てんかん)発作との診断を受けたのです。 しかし、この時点でCTやMRIなどの検査は行いませんでした。 その理由は、検査の際に行う全身麻酔のリスクや大きな病院での検査で小梅にかかるストレスです。かかりつけの獣医さんと話し合い、「まだやらなくて良いでしょう、頻繁に発作が起こる様子なら改めて考えましょう」 という結論になりました。

今月の人気ランキング

おすすめ記事

みんなの夢、猫の未来 第1回「不幸な猫をなくそう!」

猫は、保健所による捕獲義務のない動物です。その代わりに去勢や避妊の助成を行っている自治体が多くあります。足立区では、オス猫の去勢に2000円、メス猫の避妊に4000円の助成金制度を設けています。

新着記事

PAGE TOP