しつけ・ケア

お悩みグセ解消エクササイズ 8時間目 人に飛びつく

お悩みグセ解消エクササイズ

8時間目「人に飛びつく」

里見 潤 (ドッグコーチ)


嬉しくて、楽しくて、飛びつく
犬にとっては、愛情表現や遊戯行動のひとつである「飛びつき」ですが、好きにやらせて放っておくことは時にとても危険です。
犬に悪気がなくても、飛びついた相手が小さい子供や高齢者の場合、転んで怪我をしたり、人によっては犬が怖くなってしまうこともあります。
「飛びつかない・挨拶ができる」しつけと、コマンドが出たときだけ飛びつかせるトレーニングの両方を教えて、区別が付けられるようにしてあげることが、理想的な解決法です。

◎飛びつきたい犬の気持ちを考えて、教える。

「飛びつき」の多くは、嬉しくて、楽しくて、興奮する結果として発生する行動です。
犬の目的は、「飛びつく」ことではなく「触れ合う・挨拶する」ことです。

犬の気持ちをうまく利用して『飛びつかないでいる方が触れ合えた』という経験を数多く積んでいくことで「飛びつかない挨拶」を教えていきましょう。

1. 飛びつかない挨拶を教える

【 ステップ1 】
犬は目の前にサッと出された物に興味を持ち、匂いを嗅ぎます。
飛びついてくる前に手のひらを鼻先に出し、軽く受け止めます。

【 ステップ2 】
4本脚が地面に着いてる状態で、もう一方の手で犬の身体に触れ、優しく撫でながら誉める。
反復練習をして、飛びつかないで挨拶することを習慣にしましょう。

※小型犬の場合
膝を付いて構え、同じようにします。
ただし、しゃがみ目線が近くなることで、飛びつきたい気持ちを誘発しやすい犬もいます。その場合は中腰で構えましょう。
写真 3-1 写真 3-2


※活発な大型犬の場合
首輪に親指もしくは4本指を入れて飛びつきにくいよう抑え固定しながら行うと教えやすい。
写真 4-1 写真 4-2


 

2. 飛びついてきた場合の対応

無言で身を半身にし、飛びつきを空振りさせましょう。
飛びついたら、挨拶できない・撫でてもらえないことと、どうしたら 撫でてもらえるのか・挨拶してもらえるのかを教えましょう。
写真 5-1 写真 5-2


※間違った対応:
飛びついてきたのを受け止めたり、声で止めさせたり、手でどかしたりはしない。

3.コマンドで「飛びつき」を教え、許可制にする

【 ステップ1 】
コマンドでの「スワレ」をしっかりと教える。
※コマンドトレーニング「スワレ」参照

【 ステップ2 】
座っている静止の姿勢から、両手で胸を軽くポンと叩きます。
軽やかな、高いトーンで楽しそうに掛け声を一緒に言うと飛びつき たい気持ちを促しやすいでしょう。

【 ステップ3 】
飛びついた犬をしっかり受け止め、撫でる・誉める。

 

WAN!ポイント

 

☆家族全員、関わる人全員でルール一致

家族皆でルールを徹底しないと犬は混乱したり、使い分けるようになります。
「ママはちゃんとやっているけどパパは気にせず飛びつかせている」では改善できません。
可能であれば、犬が好きなご友人に手伝ってもらい、家族ではない人にも飛びついてはいけないことを教えていくとさらによいでしょう。

 

2015年12月25日掲載

お悩みグセ解消エクササイズ
7時間目「自分のウンチを食べる」

お悩みグセ解消エクササイズ
9時間目「電話に吠える」

里見 潤

里見 潤

投稿者の記事一覧

(さとみ じゅん)

ドッグコーチ

1975年、横浜市生まれ。2004年、警察犬訓練校に入学、出張トレーニング会社を経て、保護活動団体「Dog shelter」の専属スタッフとして、保護犬のトレーニング、一時預かり家庭と里親家庭の間に入り、アフターフォローを担当する。
2012年7月より独立。出張、及び預託トレーニングを柱に活動する傍ら、保護犬の一時預かりを継続中。
 
日本警察犬協会公認訓練士
ジャパンケネルクラブ公認訓練士
東京都動物愛護推進員

 保護犬預かりを主に、トレーニングのことを書いている里見潤さんのブログ
 「イヌと歩けば。」http://setahachidog.blog.fc2.com

関連記事

  1. イヌに教え、教えられ 第27回 大事なこと
  2. 犬と共に踏み出す一歩「KIDOGS」 第1回 KIDOGSの活動…
  3. 「吠えグセ」を考えてみよう 第1回.何故吠える?
  4. ドイツのペット事情 第3回.ペットに関する条例
  5. 犬のデンタルケア 第2回 虫歯・歯周病の予防
  6. イヌに教え、教えられ 第12回 まわりの大人が注意する
  7. ドイツのペット事情 第4回.ペットの保護活動(ティアハイム)、ペ…
  8. ドイツのペット事情 第2回.住環境・散歩・トイレ

今月の人気ランキング

PAGE TOP