健康・病気

犬の白内障

老齢のわんちゃんに多い『白内障』のお話です。

白内障とは?

透明な水晶体が何らかの原因で濁ってしまうことです。
生まれつきのものや外傷が原因でできることもありますが、一番多いのは高齢になってからの「老齢性白内障」です。

主な原因

老齢になり水晶体が濁ってくる老齢性白内障は、老化現象のひとつといわれています。
老齢になると若い頃よりも代謝が衰え、眼に運ばれる栄養素も少なくなります。
また、これまで紫外線の影響を受け続けてきたことによって、水晶体のタンパク質が変質して白濁することもあります。

白内障の進行の仕方

1. 初発白内障
ごく初期の状態で視力に影響を与えることは、ほとんどありません。
日常生活に全く不自由はないので、症状に気づく飼い主は多くありません。
検査でみつけることがほとんどです。

2. 未熟白内障

やや進んだ状態で混濁が広がっています。
視力障害が次第に進んでいきます。

3. 成熟白内障

水晶体全体に混濁が進んだ状態です。
瞳孔が白く濁って見えます。

4. 過熟白内障

ブドウ膜炎や強膜の充血、虹彩の癒着など、さまざまな症状が起こってきます。
混濁した水晶体が炎症を起こし、緑内障を併発したり、水晶体を支えている線維が弱くなり、水晶体が脱臼してしまうことがあります。

白内障の治療法

早期で視力に影響がない時期は、「抗白内障薬」での治療を開始すれば進行を遅らせることが可能です。
ただ、進行を止めることは不可能で、進行を遅らせる効果しか期待できません。
白濁が進行した白内障では、手術が可能な場合もあります。
しかし、専門病院でしか手術を受けられないことと、治療費が高額になります。
早期に発見をして進行を遅らせる治療をすることがおすすめです。

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

投稿者の記事一覧

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

関連記事

  1. 動物を手助けする6つの方法
  2. 犬と楽しむ水辺遊び ~ SUP編 ~
  3. 猫と楽しく暮らす~快適住まいづくり 第2回 ”立体的な工夫”で空…
  4. ペットの医療・健康 第21回 前庭疾患(突発性前庭疾患)
  5. ペットの医療・健康 第20回 「肥満」のリスク
  6. 猫の不妊去勢手術 は5カ月齢までに行いましょう 〈 4 〉~ ま…
  7. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜 がん(悪性腫瘍)のケア 〜《レシ…
  8. ペットの医療・健康 第19回 アレルギー性皮膚炎

今月の人気ランキング

PAGE TOP