健康・病気

ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜「お顔」に出る不調のサイン 《レシピ紹介》冬のお腹に優しいキビナゴごはん

** ワンコ薬膳レシピ紹介 **

《 冬のお腹に優しいキビナゴごはん 》

〈 材料 〉 1食分
キビナゴ(鰯でもOK)…40g
卵…半量
白米(炊いたご飯)…34g
かぼちゃ…9g
カリフラワー …9g
大根…8g
ピーマン…8g
※分量は、我が家の愛犬小桃(7.9キロ 7歳シニア)を基準にしています。
ワンコの手作りご飯一食の分量は、そのワンコの頭の大きさを目安に体調や年齢に合わせて調整して下さ

〈 下準備 〉
大根、かぼちゃは皮を剥きます。
ピーマンは種を取り除きます。
鰯を使う場合は圧力鍋などで煮込んでおくと骨ごと食べられます。
キビナゴは洗う程度で下処理はしなくて大丈夫です。
具材は全て「うちの子が食べやすいサイズ」に切っておきます。

〈 手順 1 〉
お鍋に大根、かぼちゃを入れ、具材にしっかりとかぶる位お水を入れ、火にかけます。

〈 手順 2 〉
〈手順1〉が沸騰したらキビナゴを入れます。

〈 手順 3 〉
〈手順2〉の野菜、キビナゴに火が通ったら大根を入れます。

〈 手順 4 〉
〈手順3〉に火が通ったらご飯とカリフラワー とピーマンを入れます。

〈 手順 5 〉
カリフラワー とピーマンに火が通ったら卵を入れ、しっかりと火が通るまで煮込みます。

〈 手順 6 〉
卵に火が通ったら火を止め、冷まして出来上がり。

薬膳豆知識 食材の効能をご紹介

「キビナゴ(鰯)」
お腹を温め、血を作り、エネルギーを補給してくれます。
浮腫みもとってくれます。

「卵」
身体を潤して空咳や口の中の渇きを止めてくれます。
血を養い、不眠や目眩、精神不安定を改善する働きがあります。

「かぼちゃ」
身体を温め、脾と胃の働きを助けてくれます。
胃痛や便秘を改善し、風邪予防や糖尿病にも良いとされています。

「カリフラワー 」
胃の働きを良くして元気な体を作ってくれます。
気の巡りを良くして老廃物を排出してくれます。
落ち込んだ気分にも良いです。

「大根」
胃腸の調子を整え、体内の余分な熱をとったり肺を潤す作用があります。
胃熱、浮腫にお勧めです。

「ピーマン」
血液の流れを良くし、風邪予防や肌トラブルの改善をしてくれます。
免疫力を高めてくれます。
加熱し過ぎると効能が薄くなりますので、サッと加熱する程度で。

「ご飯(白米)」
とても良いエネルギーチャージ食材です。
他にも胃腸を丈夫にし、消化吸収機能を高める効果があります。

次は、脾と胃の冷えをケアする方法のご紹介です。

ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜「お顔」に出る不調のサイン〈 脾胃 〉〜

ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜「お顔」に出る不調のサイン ~脾胃の冷えのケア 〜

境谷真佐子

境谷真佐子

投稿者の記事一覧

(さかいだにまさこ)
タイ式ヨガインストラクター

「あるなら探せ。無ければ作れ」をモットーに、愛犬の快適な生活とお出かけを探求しています。 楽しいお出かけ情報や、グッズのリメイク術をご提案していきます。

愛犬小珠のブログ『小珠メモ』:https://ameblo.jp/umeran0412/
心臓病、パグ脳炎の小珠(こだま)との日々

関連記事

  1. ペットの心身の健康に主体的に関わる~ホリスティックケア~ 第5回…
  2. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 第2回 バランス 〜気・血・水(き・…
  3. ペットの応急処置 – 屋内編
  4. 猫の不妊去勢手術 は5カ月齢までに行いましょう 〈 2 〉~早期…
  5. 犬の手作りごはん 第3回 楽しく続けるためのコツ
  6. わんことのお出かけレポート 第2回 パグの小梅ちゃんと共に「コス…
  7. ペットも食育 ~食べることがしつけにつながる~
  8. ペットの応急処置 – 屋外編

今月の人気ランキング

PAGE TOP