手術

  1. 猫の不妊去勢手術 は5カ月齢までに行いましょう 〈 4 〉~ まとめ ~

    西山ゆう子さんの情報サイトより(2021年3月9日)https://yukonishiyama.com/spay-neuter-by-five/【 この情報についての注意 】・不妊去勢手術の施行時期については、猫と犬では見解が異なり…

  2. 猫の不妊去勢手術 は5カ月齢までに行いましょう 〈 2 〉~早期に不妊去勢手術をすすめる理由~

    生後5か月齢までに、猫に不妊去勢手術をする4つの利点 1.乳腺腫瘍のリスクを下げる 2.子宮蓄膿症、難産などの産科関係の疾病を予防する。 3.早ければ4か月齢で妊娠してしまう猫の、望まない妊娠を避けることができる。 4.問題行動を緩和できることがあり、それによって遺棄される猫の数を減らすことができる。

  3. 2020年動物愛護法改正を基に非獣医の帝王切開手術を考える「非公開ルートからの手術器具・麻酔薬入手の発生とアメリカでの予防策」

    非獣医師が帝王切開を行うことがあったとすれば、手術に使う器材(メス、鉗子など)や、麻酔薬等が、非公式なルートで、売買されていることになります。

  4. ペットの医療・健康 第16回 犬の輸血について知ろう

    日本には、アメリカのような犬専用の血液バンクなどが存在しません。 動物病院で供血のための犬が飼われていたり、飼い主さんが自ら、犬を飼っている友人・知人に献血を頼むなど、獣医師会や動物病院、様々なネットワークなどで独自の血液バンクがあるのみの状況のようです。 犬の血液型や輸血・献血についての知識をお持ちでしょうか? 今回は、この輸血について、犬と暮らす皆さんに知っておいてほしいお話です。

  5. ペットと共に暮らすために考えたいこと 第10回 避妊と去勢を考える

    最近では、犬も猫も不妊手術をしてあげるのが当たり前のようになってきました。 それでも実際に愛犬・愛猫の避妊・去勢手術をするか?しないか?を考えたとき、すべての飼い主さんが考え悩むのではないでしょうか?

今月の人気ランキング

おすすめ記事

犬と人が共に笑顔で暮らすために ~ドッグトレーニングチーム dog luck~ 第1回 dog luckのはじまり

ペット先進国と言われる国々では、犬を迎えたらその体格の大小に関わらず、まず最初に求められるのが「適切なしつけ」であるといいます。お行儀よく振舞えるから人の迷惑にならず、結果的に「ペット不可」と規制される場所も少なくなる。日本ではまだまだ課題の多い部分ではないでしょうか。 「dog luck」は、プロ・ドッグトレーナー3名によるドッグトレーニングチーム。「犬を取り巻く人と社会の意識の底上げ」を大きな目標として掲げています。

新着記事

PAGE TOP