家づくり

  1. 猫と楽しく暮らす~快適住まいづくり 第2回 ”立体的な工夫”で空間の質を高めよう!

    猫の「完全室内飼育」では、好奇心を刺激する環境や運動量の不足から発生するストレスを解消するために”室内空間の質”を充実させる必要があります。今回は、”猫が退屈しない仕掛けづくり”をご紹介していきます。

  2. 猫と楽しく暮らす~快適住まいづくり 第1回 猫の行動パターンをもとに空間構成を考える

    近年の住宅事情から、都心では交通事故やFIV(猫エイズ)・FeLV(猫白血病ウィルス)などの伝染病、中毒死などの危険から猫を守るためや、他の家の庭での排泄などによるトラブル防止のために、「完全室内飼い」が広まってきています。 そうした飼育環境の変化に、室内でも猫が快適に生活するための工夫が求められるようになりました。

  3. 犬と楽しく暮らす~快適住まいづくり 第1回 犬の行動範囲をもとにレイアウトを考える

    「犬は外で飼う」十数年前まで飼育スタイルでしたが、今や都心のマンションのみならず、郊外の大きな庭がある一軒家でも、欧米のように犬と室内でともに暮らす家が多くなってきました。

  4. 犬と暮らす家づくり 第5回 ともに暮らすために

    ペットにも人間にもストレスのない住宅の設計をすることはできます。 建築家に設計を頼むと「高くつきそう」という印象をもたれるかもしれませんが、建築費の入札見積もりを取りますので、建設会社間の競争が働くので結果的には安くなります。

  5. 犬と暮らす家づくり 第4回 人間が快適なら犬も快適

    犬を飼われている方は、共生住宅という意識はないと思います。それが当たり前になっているという感じです。 いまは一戸建ての方でも、家の外で飼う方は少ないですよね。自然に「共生」の方向に進んでいるのでしょうね。

  6. 犬と暮らす家づくり 第3回 斜面地を活かす家づくり

  7. 犬と暮らす家づくり 第2回 ペットとの日々

  8. 犬と暮らす家づくり 第1回 犬3匹、猫1匹と

今月の人気ランキング

おすすめ記事

犬と共に踏み出す一歩「KIDOGS」 第1回 KIDOGSの活動と目的 KIDOGS 犬の講師 里見潤

私は、ドッグトレーナーをする傍ら、飼い主に捨てられ保護された犬を一般家庭で暮らすためのトレーニングを通し、引きこもりや就学就労を継続的にできずに悩む若者たちの自立をサポートするNPO法人キドックス(KIDOGS)の活動に参加しています。 NPO法人「キドックス」は、「人と犬」双方の支援に繋がる活動をしたいと考えた当会代表の上山琴美のもとに、犬の専門家など数名が集まり、2013年4月茨城県土浦市にある土地と平屋を借り活動を始めました。

新着記事

PAGE TOP