トリック

  1. おうち時間を犬と楽しもう! Play1:室内で犬と遊ぶ「トリックトレーニング」 実践トリックトレーニング:ジグザグくぐり(スラローム)ステップ2・3

    犬と息を合わせて連続でやってみよう! ここからは、さらに楽しく犬と遊んでいるようにしていきましょう。

  2. おうち時間を犬と楽しもう! Play1:室内で犬と遊ぶ「トリックトレーニング」 実践トリックトレーニング:ジグザグくぐり(スラローム)ステップ1

    犬が、歩いている人の周りを8の字を描くように動くトリック。 「歩きながら」「犬を誘導する」 2つ動作が一緒になるだけで案外難しいのが「ジグザグくぐれ(スラローム)」 動作をする難しさが増す分、犬と呼吸を合わせて行う共同作業感が高くなります。 楽しみながらトライしていきましょう!

  3. おうち時間を犬と楽しもう! Play1:室内で犬と遊ぶ「トリックトレーニング」 実践トリックトレーニング:8字股くぐり(エイト) ステップ2・3

    【 トレーナーからのヒント 】 足の外側をぐるっと回るがなかなかできない時は、 ひとつの動作を細分化して、細かく分け少しづつ目的の形近づけていきます。

  4. おうち時間を犬と楽しもう! Play1:室内で犬と遊ぶ「トリックトレーニング」 実践トレーニング:8字股くぐり(エイト)ステップ1

    犬とのトリックが初めての方におすすめなのが、 「8の字股くぐり(エイト)」 「ジグザグくぐり(スラローム)」 流れの中で動きながらおこなうため、犬のテンションが上がりやすくなり、人も犬も楽しんで取り組めます。 早速練習を始めていきましょう!

  5. おうち時間を犬と楽しもう! Play1:室内で犬と遊ぶ「トリックトレーニング」 まずは、ウォーミングアップをしましょう!

    犬にしてもらいたい動きを伝えるとき、手(ハンド)を追うことを教えておくと、犬の動きを誘導しやすくなります。 トリックをする準備として、ハンドラーの手(ハンド)をターゲットにすることを教えましょう。

  6. おうち時間を犬と楽しもう! Play1:室内で犬と遊ぶ「トリックトレーニング」

今月の人気ランキング

おすすめ記事

鳥猟犬をたすけるために 第1回 CACIの活動を始めるまで

現在の日本では、猟犬は「狩の道具」であり、狩の現場で飼い主が放棄してしまうことが多いのです。これらの猟犬たちは、動物愛護センターに保護されますが、鳥猟犬を家庭犬として引き取ってもらうのは難しく、多くの犬たちはガスによる殺処分によって命を終えてしまいます。

新着記事

PAGE TOP