みなみ

分かるともっと可愛い!楽しい!犬の行動や仕草の意味 ~仕草編~

皆さんの飼っているワンちゃんは、普段どんな行動や仕草をしますか?
甘えているような行動や仕草、何かを訴えているように見える時もありますよね。
ワンちゃんの行動にはとても多くの意味があります。
今回は、犬の行動や仕草の意味をご紹介します!

まずは、仕草についてです。

~ 仕草編 ~

《 目 》

真っ直ぐ目を合わせる

見ている対象によって意味に違いがあります。

知らない犬などを真っ直ぐに見つめている場合:
「威嚇」や「攻撃心」の表れです。
目がつり上がり牙を出している場合は、怒っています。

飼い主など知っている人を見つめている場合:
親愛を表します。

目を合わせない

目を合わさないのは「不安」や「服従」の表れです。
飼い主に怒られた時に目を逸らしたりする場合は、ごまかしています!
怒っているのにごまかそうとしているのだと分かったら、何だか可愛いですよね。

《 口 》

軽く開ける

「嬉しい」「楽しい」など、ポジティブにな気分の時、犬も人間と同じように口角が上がります。
穏やかな気持ちの現れ。

口を閉じる

「緊張」「警戒」「集中」している時です。
こんな時は、愛犬の心を穏やかにさせてあげるために、身体をやさしく撫でてあげてください。

《 耳 》

ピンと立っている

「集中」や「緊張」をしている時です。
知らないものが近づいてきた時など、ピンと耳を立てていたら緊張している表れです。

耳が下がっている

恐怖を感じたり、弱気になっている時です。
恐怖心が大きくなるほど耳が下がります。
また、嫌なことから逃れたい時なども耳が下がります。

耳を下げている仕草にはもうひとつの意味があります!
「尻尾を振る」「お腹を見せる」「顔をペロペロなめる」のと一緒に現れる時は、甘えている仕草です。

《 尻尾 》

尻尾を振る

喜んでいると思われがちですが、尻尾を振っているのは「興奮」している時です。
振る速さが早いほど興奮度は高い状態です。

「尻尾をピンと上げてから小刻みに振る」
「ゆっくりと上げたり曲げたりしている」
こうしたときは、あまり好感を持っていないサインのようです。

尻尾が下がり、後ろ足の間に隠れている

「恐怖心」を抱いている時に見られます。
また、「痛み」があるとき、このような仕草をしている場合もあるため、小刻みに震えているときは、体調を見てあげましょう。

次は、犬の行動についてです。

 

分かるともっと可愛い!楽しい!犬の行動や仕草の意味 ~行動編~

みなみ

みなみ

投稿者の記事一覧

(みなみ)
トイプードルとポメラニアンと暮らす専門学生。

関連記事

  1. ペットと共に暮らすために考えたいこと 第1回.大切なペットの為に…
  2. 犬と猫の五感シリーズ 4『嗅覚』
  3. 今、感じること
  4. 日本犬が辿った系譜は日本人の歴史
  5. ハムスターの魅力!ハムスターの種類
  6. 犬と猫の五感シリーズ5「触覚」
  7. わたしのおすすめイヌネコの本『いぬ馬鹿』
  8. ゆるっとわんこ薬膳のススメ ~東洋医学の知恵を使ったお家でできる…

今月の人気ランキング

PAGE TOP