小林豊和

獣医師とつくる ペットの健康を考えるごはん 第2回 1頭1頭の個性に合わせたフード

獣医師とつくる
ペットの健康を考えるごはん

  第2回
    1頭1頭の個性に合わせたフード

    


マスターピースとは?

マスターピースとは英語の「Masterpiece」のこと。日本語で“傑作”という意味です。
私たちのドッグフードがワンちゃん1頭1頭にとって“傑作”でありたいという願いからつけられた名前です。

 
最新の科学を駆使して体を治していく西洋医学的な目線、心と体、環境などすべての関係性まで含めて診断するホリスティックな目線。
私たちはその両方をあわせて活かすことで、ワンちゃんの食事と健康に向き合っています。

「1頭1頭にとって“傑作”であるドッグフード」
私たちが獣医師だからこそできる最高の健康へのお手伝いが、このドッグフードなのです。

 

 

「手作り」のこだわりって?

マスターピースは、食材の質にこだわっています。
人の手によってまずは1つ1つ食材を確かめ、丁寧に手で刻んでいくところから始めます。
添加物は一切使わず、使用する食材はすべて、私たちも口にできるプロの野菜ソムリエが選んだ食材のみを使用しています。

それを叶えてくれる私たちのパートナーが手作りドッグフードメーカー「ランフリー」。
人間の食肉販売業と飲食営業の許可のもと製造販売しているメーカーですから、人間が食べられないフードの販売はできません。
私たちはワンちゃんの食事をよく知る「ランフリー」と協力することで、さらに多角的にワンちゃんの健康をサポートしていきます。


 

季節にあわせて変わる味わい

「季節素材のドッグフード」と呼んでいるベーシックなシリーズは、季節ごとに一部の食材が変化していきます。
なぜかと言えば、食材(主に野菜)には季節ごとに旬があるからです。
旬というのは自然界が用意した、その時期に食べるためにベストなもの。つまり、その季節の中でいちばん食べ頃ないちばん美味しい食材と言えるのです。
他の食材よりも季節の恵みを受けているので栄養価はバッチリ!旬素材は、体に良いことがたくさん詰まった食材なのです。

 

 

犬の個性にあわせたオリジナルフード

ワンちゃん達はみんな個性的です。
それは性質や体質、体のサイズや反応、年齢、もちろん犬種による特性もあるでしょう。
マスターピースでは、ワンちゃんの個性にあわせたドッグフードを作ることができます。
複雑な体調をかかえたワンちゃんに特にオススメです。

 
ご希望の飼い主さんにはカウンセリングをさせて頂き、ワンちゃんの病気の根本を探りながら改善させていくためのドッグフードを考え、提

供させて頂きます。
栄養が偏らないように、ワンちゃんが健康でいられるように、獣医師の目線でアドバイスすることができます。

 

獣医師さんと一緒に、ワンちゃんの食事を考えていきませんか?

 

獣医師とつくる
ペットの健康を考えるごはん 第1回
ペットにとっての食事を考えてみましょう

小林豊和

小林豊和

投稿者の記事一覧

(こばやしとよかず) 

獣医師/グラース動物病院院長

1963年 東京都生まれ 
1989年 日本大学大学院獣医学研究科修了 
   都内の動物病院、大学病院で研修 
1993年 グラース動物病院 開業 
帝京科学大学非常勤講師/ペットシッタースクール(ビジネス教育連盟)講師/ペット栄養管理士/産業カウンセラー
((社)日本産業カウンセラー協会認定) 
動物の健康と長生きのサポートを理念とし、グラース動物病院を開設。 
食事指導、肥満管理にも積極的に取り組み、2010年より手作り無添加ドッグフード「マスターピース」の製作・販売を手がける。

グラース動物病院 ホームページ: http://grace-ah.com/index.html

関連記事

  1. ペットのフード選び 第4回.トッピングのすすめ
  2. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 第3回 〜五臓のお話 『肺』〜 《レ…
  3. ペットのフード選び 第5回.避けたほうがよい食材
  4. ペットのフード選び 第1回.ライフステージとフードの種類
  5. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 第4回 ~冬の養生  五臓のお話 …
  6. 犬の手作りごはん 第3回 楽しく続けるためのコツ
  7. 獣医師とつくる ペットの健康を考えるごはん 第1回 ペットにとっ…
  8. ペットも食育 ~食べることがしつけにつながる~

今月の人気ランキング

PAGE TOP