多頭飼い

  1. 猫が犬の数を上回りつつあるペット事情 後編 – 犬猫の飼育費用から考える

    国内の全ペット飼育数でトップを独走してきた犬が、間もなく猫に追い抜かれてしまいそうな状況となっています。後編では猫が追い上げてきた原因を、飼育費用という経済的な側面から考えてみたいと思います。

  2. 猫が犬の数を上回りつつあるペット事情 前編 – 犬猫の世話の面から考える

    1994年よりペット飼育数の統計調査を行っている一般社団法人ペットフード協会の2014年10月時点の統計結果では、2012年頃から犬の飼育数は約13%減、一方の猫が約4%増となっています。どのような背景で、犬猫のペット数が逆転寸前になってきているのでしょうか。

  3. ペットの複数飼いの楽しさ、大変さ – 後編

    今回は、複数飼いをするときの相性について探ってみます。先住犬と新住犬が自然に仲良くしてくれればよいですが、、、どんなところを押さえておけばよいのでしょうか。

  4. ペットの複数飼いの楽しさ、大変さ – 前編

    ペットと暮らす楽しさを体験した人の多くは、「もう1匹飼いたい!」と自然に思うのではないでしょうか。新しくペットを迎えるにあたって知っておくべきことがあります。今回は、飼い主さん・ペット双方のメリット・デメリットを挙げてみたいと思います。

  5. ペットと共に暮らすために考えたいこと 第12回 多頭飼育を考えたとき、知っておきたいこと

    動物と暮らし、楽しい出来事が増えてゆくと考え始めることが「多頭飼育」 飼い主の勝手な考えですが、「もう1頭いたら、今いるこの仔も楽しく、喜ぶかも?」 「ひとりで留守番しているときっと寂しいけど、もう1頭いれば寂しくないのではないか?」 こんなことを考えたことがある方が多いのではないでしょうか? そして、実際多頭飼育をするペット飼育家庭は増えています。 どんなことにも表裏一体で存在するのが、メリットとデメリット。

今月の人気ランキング

おすすめ記事

鳥猟犬をたすけるために 第1回 CACIの活動を始めるまで

現在の日本では、猟犬は「狩の道具」であり、狩の現場で飼い主が放棄してしまうことが多いのです。これらの猟犬たちは、動物愛護センターに保護されますが、鳥猟犬を家庭犬として引き取ってもらうのは難しく、多くの犬たちはガスによる殺処分によって命を終えてしまいます。

新着記事

PAGE TOP