ガンドック

  1. 犬と楽しく暮らすためのトレーニング 第4回 犬と楽しく暮らすために

    犬の扱い方、しつけ方を教えるのと、犬との暮らし方を考えるのは、別のことだと思うんです。また、犬に何かを教えるのと、飼い主さんにアドバイスすることにも、それぞれ別のスキルが必要です。

  2. 犬と楽しく暮らすためのトレーニング 第3回 ほめて育てるトレーニング

    レッスンで最も重視しているのは、「呼ばれたら戻る」ことです。野原や山には鳥やウサギの匂いなど、さまざまな誘惑があります。猟に連れていった際に勝手に小鳥を追いかけていったり、落雷などの刺激に驚いて逃げてしまい、そのまま飼い主と離れて保護犬となるケースもあるので、特にガンドッグにとっては命にかかわる訓練なのです。

  3. 犬と楽しく暮らすためのトレーニング 第2回 保護犬たちとの暮らし

    犬種や飼育目的も考慮せずに行ってきた従来の訓練方法に、よくないイメージがあるのかもしれません。しかし、吠え癖などの問題行動を放置していると、保護犬のイメージが悪くなるのではと心配です。飼い主さんは「捨てられていたかわいそうな犬なんだから、大目に見てあげなくちゃ」と思っていても、周囲の人は「やっぱり捨てられていた犬なんて、あんなものよね」と悪く捉えるかもしれません。

  4. 犬と楽しく暮らすためのトレーニング 第1回 ガンドッグと出会ってから

    野原を全速力で走るイングリッシュセッターやイングリッシュポインターの姿には、見る者を無条件で感動させる美しさが備わっていて、それはサラブレッドと共通するものだと思いました。イギリスで見たガンドッグたちの訓練風景が引き金となり、時を経てドッグスクール開設へと至ったのです。

  5. 鳥猟犬をたすけるために 第10回 声よ届け、想いよ届け

    生態販売の禁止というのは様々なサイトでも訴えられていますが、それを書面としてだしたところで、販売業者を許す行政がいるのだから進展はないですよね。行政など上がやはり動物に興味がないと結局本格的には動かない。

  6. 鳥猟犬をたすけるために 第9回 多くの犬とのめぐりあい

  7. 鳥猟犬をたすけるために 第8回 「いのち」をめぐる多くの課題

  8. 鳥猟犬をたすけるために 第7回 ルールの認識不足が事故を生む

  9. 鳥猟犬をたすけるために 第6回 家族の理解

  10. 鳥猟犬をたすけるために 第5回 いのちをまなぶこと

  11. 鳥猟犬をたすけるために 第4回 クラシックバレエと挫折、夢

  12. 鳥猟犬をたすけるために 第3回 迷い犬、捨て犬、もらわれた犬

  13. 鳥猟犬をたすけるために 第2回 CACIの人々

  14. 鳥猟犬をたすけるために 第1回 CACIの活動を始めるまで

今月の人気ランキング

おすすめ記事

出会い

東京都世田谷区にある「ドッグシェルター」は、動物愛護センターに収容されている犬を引き取り、新しい飼い主を探す活動を行っています。そのままでは処分されてしまう犬を一匹でも救い、温かな家庭で幸せに暮らせるようにと里親となる方々を探す活動です。 今回は、ドッグシェルターの実務を担当している里見潤さんにお話をうかがいました。

新着記事

PAGE TOP