投稿・取材協力桜沢ルミ

  1. 「ペットロス」と「アニマルコミュニケーション」

    動物たちが望んでいるのは、一緒にいるときも亡くなってからも、飼い主が笑顔でいることなのです。 ペットロスの苦しみから抜け出し、笑顔で前を向いていくためのお手伝いができるのが「アニマルコミュニケーション」

  2. アニマルコミュニケーションってどんなもの?

    『アニマルコミュニケーション』とは? 通常のコミュニケーションとの違いは? 「我が子の気持ちを深く理解し、受け止める」 アニマルコミュニケーションには、そんな活用法でもあるのです。

  3. 競技会に出てみませんか? ~非日常の経験が愛犬との絆を強くする~

    日常から非日常へと、愛犬と共に一歩踏み出してみませんか? そこには、日常では決して味わうことのない感情と感動が待っています。

  4. おいしいタイミングでトレーニングを終わろう 桜沢ルミさん

    今まで数回にわたって「犬のトレーニングをやってみましょう!」「続けましょう!」とお伝えしてきました。 そのトレーニングで重要なのは、実は、始めるときより、終るときなんです。

  5. 成犬になってからのトレーニング ~うちの犬はもうだめだとあきらめるその前に~ 桜沢ルミさん

    社会性を身につけた愛犬との素晴らしい生活。
    色々な場所に躊躇なく愛犬と行くことができる、それだけで愛犬との世界がぐんと広がります。
    学習することに喜びを覚えてくれる犬。『今さら・・・』とあきらめず、愛犬と一緒に新しい喜びを見つけ出してみてください。

  6. 犬は先生 ~トレーニングが上手くいかない理由は、愛犬が教えてくれた~ 桜沢ルミさん

  7. 大変な犬ほど楽しい ~ビーグル2頭のいたずらや散歩の引っ張り、生活の危機を感じた日々から、トレーニングを通じて生まれた絆~ 桜沢ルミさん

  8. 何もしていないときにほめる ~家や散歩での、飛びつきや引張りの失敗経験から学んだこと~ 桜沢ルミさん

  9. 子供と犬を守るために 乳児とゴールデンレトリバーの事故を考え 桜沢ルミさん

今月の人気ランキング

おすすめ記事

出会い

東京都世田谷区にある「ドッグシェルター」は、動物愛護センターに収容されている犬を引き取り、新しい飼い主を探す活動を行っています。そのままでは処分されてしまう犬を一匹でも救い、温かな家庭で幸せに暮らせるようにと里親となる方々を探す活動です。 今回は、ドッグシェルターの実務を担当している里見潤さんにお話をうかがいました。

新着記事

PAGE TOP