白内障

  1. 犬の白内障とその対応策を考える ~後編〜 精密検査とその後の治療について

    今回白内障について受けた精密検査の内容は、 ・超音波(エコー)検査 ・網膜電位検査(ERG) でした。 どちらも痛いことはしませんので安心してくださいねと言われました。

  2. 犬の白内障とその対応策を考える ~前編〜 目の充血から始まった通院

    人間と同じように犬も年を取ると様々な病気が出てきます。 今年15歳になった我が家のミニチュアプードルの『白内障』について、精密検査やその後の治療方法の選択をまとめました。

  3. 犬の白内障

    老齢のわんちゃんに多い『白内障』のお話です。

  4. ペットの医療・健康 第17回 眼の病気 早期発見の8つの注意点

    すべての動物にとって、眼は周りの状況を知るための大切な器官です。 そして、犬や猫などのペットたちは、アイコンタクトで飼い主とのコミュニケーションをとることも出来ます。 しかし、様々な病気や怪我などでトラブルを起こすことも多いデリケートな部分でもあるため、動物病院での定期検査・診察のときだけではなく、日頃から眼の様子を観察し、異変があれば速やかに病院の受診を受けるようにしましょう。

今月の人気ランキング

おすすめ記事

殺処分ゼロを目指して~「ちばわん」の活動から~ 第1回 動物愛護団体って?

ペット先進国といわれる欧米では、生体を店頭販売する、いわゆる”ペットショップ”は存在さえしない国も少なくありません。ペット関連のお店といえば、主に物品のみ扱うお店だけです。なぜでしょうか? 欧米ではペットの権利が保障されており、法律で飼育環境が細かく規定されています。

新着記事

PAGE TOP