腫瘍

  1. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜 がん(悪性腫瘍)のケア 〜  温熱療法、そして大切なこと

    生き物の身体は自然界と繋がっていて、季節や風、水の流れ、土や花があります。お天気も毎日違います。 カートでも抱っこでも良いので、外に出て風に触れ、日光を浴びて下さい。 ワンコも無理に歩かせる必要はありません。 一緒にのんびり日向ぼっこするだけでも良いのです。

  2. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜 がん(悪性腫瘍)のケア 〜《レシピ紹介》がん(腫瘍)の体に食養生

    抗がん剤の服用や放射線治療は、貧血になりやすく、熱の巡りが滞るとともに身体に熱がこもりやすくなります。 体力も使うので、治療当日とできれば治療日前後2〜3日は、血を作り熱を流す手作りごはんでケアをしてあげましょう。

  3. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜 がん(悪性腫瘍)のケア 〜 治療の強力なサポートとなる食養生と漢方

    がん(腫瘍)の治療は、その子の体調・年齢・環境に合わせて選択していきます。 愛犬の負担を考え「治療しない」を選ぶ飼い主さんもいらっしゃいます。 積極的な治療をする・緩和治療をする・治療をしない、どの方法を選んでも簡単なことではないですし、その方法でよかったかを悩まれると思います。 私がお勧めしたいのは、治療の強力なサポートとなる食養生と漢方です。

  4. 動物たちの長生きと悪性腫瘍(がん)の関係 〜犬と猫の腫瘍(がん)発生傾向と発生原因〜

    腫瘍の発生原因は、犬や猫だけに限らず、人の腫瘍も発生する理由は、何らかの原因によって細胞内の遺伝子が傷つけられ、その細胞の異常な増殖が止められなくなってしまうためです。

  5. 動物たちの長生きと悪性腫瘍(がん)の関係 〜腫瘍(がん)とは〜

    愛犬や愛猫の診断で「悪性腫瘍の疑い」と言われた時、そして悪性腫瘍であると確定診断が出た時、治療方法を考えたり一緒に暮らしていく中で、少しでも飼い主さんの判断の助けになることを願い、ここからは「腫瘍(がん)」について述べていきます。

  6. 動物たちの長生きと悪性腫瘍(がん)の関係 〜『がん』が犬と猫と人の死亡原因1位〜

今月の人気ランキング

おすすめ記事

犬と人が共に笑顔で暮らすために ~ドッグトレーニングチーム dog luck~ 第1回 dog luckのはじまり

ペット先進国と言われる国々では、犬を迎えたらその体格の大小に関わらず、まず最初に求められるのが「適切なしつけ」であるといいます。お行儀よく振舞えるから人の迷惑にならず、結果的に「ペット不可」と規制される場所も少なくなる。日本ではまだまだ課題の多い部分ではないでしょうか。 「dog luck」は、プロ・ドッグトレーナー3名によるドッグトレーニングチーム。「犬を取り巻く人と社会の意識の底上げ」を大きな目標として掲げています。

新着記事

PAGE TOP