注意点

  1. ペットと夏を乗り切る

    動物の多くは体毛に覆われており、汗をかくことができません。特に犬は暑さに弱い生き物です。人間も夏場を快適に過ごすためあれこれ工夫しますが、実は動物のほうがもっと暑さ対策を必要としているのかもしれません。ペットの種類、年齢、住まい、飼い方、周辺環境などによっても異なりますが、大切なペットを暑さから守る効果的な方法や食事について考えてみましょう。

  2. ペットを預ける際に気を付けたいこと

    旅行や急用で家を空けなければならなくなった時、自分の代わりにペットの世話をしてくれる人はいるでしょうか? 家族に頼めない場合は、どこかへ、あるいは誰かに預けないといけなくなってしまいます。そこで、どういった預け方が飼い主さんとペットにとって最適であるのか、いくつかの特徴、注意点などを探っていきたいと思います。

  3. ペットとの行楽で気を付けたいこと

    緑まぶしい初夏の行楽シーズン、ペットと一緒にお出掛けしたい飼い主さんは多いことでしょう。けれどそのとき、飼い主さんの楽しみ以上に気を配りたいのが、外出時のペットの安全です。一緒に出掛けたものの、ペットが途中でぐったりではかわいそう。今回は、ペットとの行楽中に起こり得る、体調不良やケガ・事故と対策について考えてみましょう。

今月の人気ランキング

おすすめ記事

みんなの夢、猫の未来 第1回「不幸な猫をなくそう!」

猫は、保健所による捕獲義務のない動物です。その代わりに去勢や避妊の助成を行っている自治体が多くあります。足立区では、オス猫の去勢に2000円、メス猫の避妊に4000円の助成金制度を設けています。

新着記事

PAGE TOP