シャンプー

  1. 猫にシャンプーが必要なときって?

    猫にシャンプーは必要? 答えは“必ずしも必要ではない” では、シャンプーが必要な時はどんなとき?そしてシャンプーの仕方は?

  2. 犬のボディケア 第2回 スキンシップを兼ねた シャンプー

    シャンプーは、愛犬の身体をチェックできるとてもいい機会です。ノミ・ダニ・皮膚病の予防のためにもシャンプーが大切です。ご自宅でも行ってみましょう。 お湯の温度は、38~39℃で行います。犬の体温と同じ位の温度の為、愛犬にとって違和感が少なく、洗浄成分の溶けやすい温度です。

  3. ワンコ連れのおでかけガイド 第3回 おでかけ先での過ごし方・家に帰ってすること

    おでかけ先でのワンコとの過ごし方は、飼い主さんのマナーやモラルが問われる部分が多くあります。 皆さんが、ワンコと共に、楽しく快適に正しく利用することで、ひとつでも多くの場所が快く犬連れをむかえてくれるようになることを願っています。

今月の人気ランキング

おすすめ記事

鳥猟犬をたすけるために 第1回 CACIの活動を始めるまで

現在の日本では、猟犬は「狩の道具」であり、狩の現場で飼い主が放棄してしまうことが多いのです。これらの猟犬たちは、動物愛護センターに保護されますが、鳥猟犬を家庭犬として引き取ってもらうのは難しく、多くの犬たちはガスによる殺処分によって命を終えてしまいます。

新着記事

PAGE TOP