すまい

シニア犬との暮らしよもやま話 ~パピー犬をむかえた暮らし~

若くて元気なパピーや若犬との楽しい暮らしとひとあじ違う幸せを感じるのが、シニアとなった愛犬との暮らし。
やさしく穏やかな犬との時間に、たくさんの幸せを感じます。

そんな中に、あらたに仔犬を迎えようと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?
活発なパピー犬が家族に加わることで、暮らしの雰囲気が明るくなり、先住のシニア犬が元気になるという話を聴くことがあります。
今回の「シニア犬との暮らしよもやま話」では、ペット共生型賃貸住宅『メゾンエスドゥフォレ』で暮らす、14歳になったご長寿犬の小雪ちゃんと新しい家族になったパピーのにこちゃんの暮らしについて、飼い主さんに聞きました。

インタビュアー:ペット共生型賃貸住宅管理会社 株式会社アドバンスネット


メゾンエスドゥフォレ 矢野さん
= ご夫婦と犬2頭 =
一緒に暮らす愛犬:
小雪ちゃん(ビーグル・14歳・メス)
にこちゃん(ミックス犬・1歳・メス)


14歳のビーグル犬「小雪ちゃん」と1歳になるミックス犬「にこちゃん」とペット共生型賃貸住宅「メゾンエスドゥフォレ」で暮らす矢野さん。
小雪ちゃんとの出会いからご長寿の秘訣、パピーのにこちゃんを迎えたきっかけや小雪ちゃんとにこちゃんとの暮らしについて、お話をうかがいました。

── アドバンスネット:
小雪ちゃんとの出会いで、いちばん印象に残っているのはどんなことですか?

矢野さん:
初めてあった時の印象は、なにしろ可愛くて可愛くて、ぬいぐるみかと思ったほどでした。
でも、実はとってもヤンチャだったんです(笑)
それなのに内弁慶なところもあって、友だちが愛犬のチワワを連れて遊びに来たとき、小雪はチワワから逃げ回り、自分のご飯を食べられても遠くからみてるだけ、、臆病な一面もあるなと思いました。

── アドバンスネット:
小雪ちゃんの好きな食べ物や好きなこと、1日の過ごし方を教えてください。

矢野さん:
食べ物は、なんでも好きです。
特に好きなのは、ジャーキーが巻いてあるガムとチュール!
カリカリご飯もチュールをかけないと食べないほどです。

私が仕事の時は、ケージに入ってお留守番をしています。
休日は、朝6時頃に私を起こして朝ごはん、食べ終わったらまたお昼頃まで寝ています。
お昼過ぎに散歩へ出かけ、家に帰ったらまた寝る、夕方散歩に行って夕ごはん食べたらお休みの時間です。
そして、朝・昼・夕方に、にこに追いかけまわされています(笑)

── アドバンスネット:
小雪ちゃんは、寝るのが好きなんですね。
1日3回、にこちゃんに追いかけまわされているそうですが(笑)
仔犬だったにこちゃんを家族に迎えようと決めたきっかけを教えてください。

矢野さん:
本当は、もっと早く2頭目を迎えたかったのですが、住宅事情で多頭を飼育することができませんでした。
きっかけは、ふたつあります。
ひとつ目は、メゾンエスドゥフォレに入居して2頭の犬と暮らす環境が整ったこと。
ふたつ目は、おばあちゃんになった小雪の刺激になればと考え、にこを迎えることを決めました。

次へつづく ≫

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

投稿者の記事一覧

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

関連記事

  1. 犬の涙やけの原因とケア方法 ~原因~
  2. ブリーダー崩壊・多頭飼育崩壊現場ボランティア 第1回 準備する「…
  3. 2019年動物愛護法改正、変更ポイントは4つ
  4. 動物病院での臨床検査を知ろう!
  5. ペットの医療・健康 第19回 アレルギー性皮膚炎
  6. 犬の生活習慣病予防のために~まずは「肥満」対策から!
  7. JPM「夢の賃貸住宅」学生コンテスト ―コミュニティと賃貸住宅―…
  8. 寒い冬にかかりやすい犬の病気 ~耳の先にできるかさぶたの原因は2…

今月の人気ランキング

PAGE TOP