ブリーダー崩壊

  1. ブリーダー崩壊・多頭飼育崩壊現場ボランティア 第2回 準備する「道具」と現場の室内作業

    ブリーダー崩壊・多頭飼育崩壊現場の作業方法・必要となる道具は、室内・室外によって変わります。 今回は、室内作業についてお話しをします。

  2. ブリーダー崩壊・多頭飼育崩壊現場ボランティア 第1回 準備する「持ち物」と「身支度」

    その現場は、想像をはるかに絶するものとなっており、犬や猫を保護する傍らで、清掃も同時進行せざる負えないところもあります。 保護した動物の預かりボランティアや里親希望者はもちろん、清掃ボランティアを募集すると事態になっている現場も多くあります。 「清掃ボランティアに参加したいけれど、何を準備すればいばいいかわからないし不安・・・」 迷ってらっしゃる方のために、準備品と作業の流れをまとめています。 どうぞ参考にしてください。

今月の人気ランキング

おすすめ記事

みんなの夢、猫の未来 第1回「不幸な猫をなくそう!」

猫は、保健所による捕獲義務のない動物です。その代わりに去勢や避妊の助成を行っている自治体が多くあります。足立区では、オス猫の去勢に2000円、メス猫の避妊に4000円の助成金制度を設けています。

新着記事

PAGE TOP