Categories
Encyclopedia_of_Pets
Q&A
ToLiveInHarmony
犬と猫の里親会・譲渡会 イベントスケジュール
定期イベント
  • 猫のイベント毎週(土日祝いずれか)竹ノ塚里親会 東京都足立区
  • 猫のイベント毎月第4日曜 CAPINねこちゃんの里親会 in 亀有 東京都葛飾区

10月のイベント予定
  • 犬のイベント10月15日(日)CACI里親会 千葉県市川市
  • 犬のイベント10月15日(日)ちばわん 定例篠崎いぬ親会 東京都江戸川区
  • 犬のイベント10月22日(日)ちばわん 幕張海浜公園ドッグランいぬ親会< 千葉県千葉市
  • 猫のイベント10月22日(日)ちばわん 市川ねこ親会< 千葉県市川市
  • 犬のイベント10月29日(土)ちばわん 柏いぬ親会 千葉県柏市

11月のイベント予定
  • 犬のイベント11月5日(日)ちばわん 臨時篠崎いぬ親会 東京都江戸川区
  • 犬のイベント猫のイベント11月11日(土)CACI チャリティーコンサート 千葉県市川市
  • 猫のイベント11月11日(土)ちばわん 赤坂ねこ親会< 東京都港区
  • 犬のイベント11月12日(日)ちばわん 八王子いぬ親会 東京都八王子市
  • 犬のイベント11月19日(日)ちばわん 定例篠崎いぬ親会 東京都江戸川区
  • 犬のイベント11月25日(土)ちばわん 葉山町いぬ親会< 神奈川県三浦郡
  • 犬のイベント11月26日(日)ちばわん 葛飾いぬ親会< 東京都葛飾区

くわしく見る>>
保護動物の里親になるまでをイラストで解説します。
ペットを迎えるまでを
イラストでご紹介♪

[ペットと住めるお部屋探しなら]
ペット共生賃貸ハウ
ペット共生賃貸ハウ横浜

キーワード:犬

シニアドッグに部活動を 「嗅ぐ」遊び ~ノーズワーク~

  • 犬に関連する記事

イメージ
年齢と共に、運動量が減り、身体機能が落ちていくのは、犬も人も同じ。
犬は、シニアになるとボール投げや引っ張りっこ、追いかけっこなど、アクティブな遊びをする頻度が減ってくるものです。
しかし、「あんまり動きたくなさそうだから」とそのままにしておくと、さらに愛犬が老け込んでしまうかもしれません。
今回は、運動系に変わる遊びで、何歳になっても犬が楽しみや達成感を得て活き活きとしたシニアドッグ生活をおくるためのヒントを考えていきます。
 
犬にとって、視覚・聴覚・嗅覚の中でいちばん最後まで残りやすい感覚は「嗅覚」。嗅ぎ分ける能力です。
個体差や知覚能力に違いますが、遊びの範囲でできるトレーニングとしては、犬種や年齢に関係なくできるのは、「嗅ぐ」を使ったオヤツ探しゲームです。

続きを読む

公園へ行こう!おしゃれタウン吉祥寺『井の頭恩賜公園』 第2回パークレポート ペットと一緒に食事ができるお店

  • 犬に関連する記事

イメージ
今回は、井の頭恩賜公園中で犬と一緒に食事ができるお店をご紹介します。

続きを読む

公園へ行こう!おしゃれタウン吉祥寺『井の頭恩賜公園』 第1回パークレポート 園内編

  • 犬に関連する記事

イメージ
新緑がまぶしいこの季節は、わんことのおでかけやお散歩もとっても楽しいですね。
本格的な暑さを迎える前に、少し遠くの公園にわんことおでかけしてみませんか?
今回おすすめするスポットは『井の頭恩賜公園』です。
都内でも住みたいまちランキングで常に上位のおしゃれタウン「吉祥寺」に位置しています。
「井の頭池」を中心に動物園や運動施設などもある広大で一日ゆっくりと過ごせる都立公園です。
東西に細長く横たわる「井の頭池」をぐるりと一周するだけでも十分に豊かな自然を味わうことができて、ワンコたちもきっと大満足なはず。
また、公園内にはカフェやレストランなど、休憩できるスポットも点在し、これもまた楽しみのひとつです。

続きを読む

イヌに教え、教えられ 第32回 しつけは、家族みんなで

  • 犬に関連する記事
  • すまい、くらしなどに関連する記事

イメージ
ある日、家族みんなが咬まれて困っていると連絡があり、様子をうかがいに家を訪問し、部屋に入ると藤丸は大興奮。
飛び付き、噛んだと思ったら、部屋をグルグル走り回る・・
前の飼い主は、若齢のオスらしい活発さと柴の勝気さを持つ仔に困り、何も教えてもらえないまま捨てたのだと容易に想像できました。
 
「走りたい」「追いたい」「噛みたい」というのは、元来犬が持つエネルギーです。
藤丸とWさん家族は、このエネルギーの適切な発散方法が分からず、家族にエネルギーが向けられているのが今の状況。
Wさん家族には、小学生の3姉妹がいます。
藤丸に悪気はなくても、このままでは咬むことが習慣化し、飼育が厳しくなる。
 
ここから、ご家族と藤丸のトレーニングが始まりました。

続きを読む

子供と犬を守るために 乳児とゴールデンレトリバーの事故を考え 桜沢ルミさん

  • 犬に関連する記事

イメージ
今回の事件については、『ゴールデンレトリバーの犬種的な問題』や『老夫婦のしつけの問題』との捉え方があるようですが、私は単にコミュニケーション不足から生じるボタンのかけ違いが大きな要因だと思います。
 
昨今のペットブームで、犬が人間の生活の隅々まで共にするようになり、『吠えない子はおとなしくていい子』そして『吠えないから何も言っていない』という、人間の子供と同じ基準を犬に当てはめすぎてはいないでしょうか?

続きを読む

子供と犬を守るために 乳児とゴールデンレトリバーの事故を考え CPDT-KA 栗山典子さん

  • 犬に関連する記事

イメージ
今回の事故について、
ネット上の報道や記事の中で、個人的にとても素晴らしいと思ったブログ記事をご紹介したい。
 
「Gundog rescue Claire」というブログの投稿記事、タイトルは『On Dog Bites and Children』
 
この記事が素晴らしいのは、
事故の理由や経緯、または関係者に対する賛否について書かれているわけではなく、
このような事故を防ぐために、日頃からご本人が「どのようなことに気をつけ」「何をしているのか」を具体的に紹介されているからです。

続きを読む

犬が匂いを嗅げる散歩をしていますか?「嗅ぐ」ことがとても大切な理由

  • 犬に関連する記事

イメージ
散歩中に、木や草地、電信柱をクンクンと嗅ぎ、呼んでも歩き出そうとしても踏ん張って動かない愛犬。
いつまでも続きそうな愛犬の匂い嗅ぎに根負けして、少しリードを強引にひき、執着している匂いのもとから引き離す・・・
きっと、多くの飼い主さんが、経験したことがあるのではないでしょうか。
 
なぜ、犬は、こんなに匂いが嗅ぎたいのでしょうか?
いったい、何が楽しいのでしょうか?

続きを読む

子供と犬を守るために 乳児とゴールデンレトリバーの事故を考える ドッグコーチ 里見 潤 さん

  • 犬に関連する記事

イメージ
ゴールデンレトリバーが生後10ヶ月の女児を咬み、亡くなった事故は多くの記事にもなり、噛んだ原因は何だったのか語られています。
 
・普段は別に暮らす女児を群の対象外と認識した
・飼い主との順位付け不十分による縄張り意識から
・飼い主の愛情が女児へ向かったことによるヤキモチがきっかけ
・遊びが本気になり興奮からの行動
・おもちゃか食べ物が近くにあり、それを護ろうとして
・ハイハイをする女児を強く怖がり追い詰められて
・ハイハイをする女児を獲物と捉えての狩猟本能から
 
その時の状況も飼い主も犬も、皆それぞれ違うので、どの可能性も考えられます。
では、痛ましい事故を起こさないためにどうすればいいのか。
噛んだ原因を探す以外にも、できる事があると思います。

続きを読む

犬と猫など異種ペットを飼うには? 後編 – よりよい組み合わせについて

  • 犬に関連する記事
  • 猫に関連する記事

イメージ 異種動物のペットを飼う場合、仲良く一緒に暮らしてくれるかどうかは基本的に予測不能です。しかし、そのような中でも比較的友好な関係を築いていけそうな組み合わせを考える余地はありそうです。もちろんどの動物も一匹一匹、性格が違います。最終的には個体差が決め手になってしまいますが、今回は、飼い主さんの側で工夫できる部分について考えてみましょう。

続きを読む

子供と犬を守るために 乳児とゴールデンレトリバーの事故を考える

  • 犬に関連する記事

イメージ
2017年3月、ゴールデン・レトリーバーが乳児の頭部を噛んで死亡事故を起こしたというニュースを知り、犬と暮らしている人も暮らしていない人も、犬が好きな人もそうでもない人も、きっと多くの人が何らかしらのショックを受けました。
 
犬の咬傷事故は、これまでも度々起き、メディアでも取り上げられきました。
しかし、今回の事故が私たちに特別強いショックを与えたのは、
   10ヶ月でハイハイのし始めの乳児が噛まれたこと
   飼い主である祖父母の目の前で起きた事故であること
   ゴールデンレトリバーという犬種へのイメージ
ということからではないかと感じています。
 
この事故に対して、メディアやドッグトレーナー、そして犬と暮らす飼い主など、ネットで様々な立場から様々な反応がありました。
このような痛ましい事故が再び起きることがないように、人が知らなくてはならないこと、飼い主が注意しなくてはならないことがあるとしたらそれは

続きを読む

イヌに教え、教えられ 第31回 犬(動物)目線からの譲渡

  • 犬に関連する記事
  • すまい、くらしなどに関連する記事

イメージ
自宅で保護しているミックス犬の「しらす」
しらすは、穏やかで活発な犬ですが、慣れない人や人混みが苦手で端っこで震えてしまいます。
譲渡会のように見知らぬ人が多くいる中では、怖がりな犬にしか見えません。
ある日、そんなしらすを見て、里親希望してくれたご家族がいました。
亡くなった先代犬もしらすと同じような性格の仔だったそうです。
 
お見合い(*1)を里親希望いただいたご家族の自宅でおこなうことになりました。
慣れない環境の中、しらすは壁際で震えて見てるだけ・・・

続きを読む

犬と猫と人間 『皮膚のトラブルと皮膚常在菌』のお話し

  • 犬に関連する記事
  • 猫に関連する記事

イメージ
常在菌とは、生き物の身体に日常的に存在する微生物(細菌)のうち、病原性を示さないものです。
その種類は、多種多様で生き物の種・身体の部位・生活環境などにより、存在する菌が違い、私たち動物は、生まれてから死ぬまでこれら常在菌の力を借りて生きています。
 
今回は、皮膚と関係の深い常在菌と、常在菌によってもたらされる犬と猫の代表的な皮膚トラブルと対処法について、ご紹介します。

続きを読む

犬と猫と人間 『放射能と被ばく』のお話し 【その3】知っておきたい!知ってほしい!『放射能と被ばく』についてのキーワード

  • 犬に関連する記事
  • 猫に関連する記事

イメージ
※参考および抜粋:『小さき声のカノン ―選択する人々』プログラムより
【放射能ってなに?】
放射能とは、放射性物質が放射線を出す能力のこと。
(場合によっては放射性物質そのものを指すこともある)
放射性物質は匂いも味もなく、放射線が体にあたっても何の感覚もありませんが、その大きなエネルギーは生き物の細胞や遺伝子などを傷つけ、ガンなどの病気の原因になります。

続きを読む

犬と猫など異種ペットを飼うには? 前編 – 注意点について

  • 犬に関連する記事
  • 猫に関連する記事

イメージ 犬と猫のほかにも、思いがけない組み合わせの異種動物たちが仲良くしている姿はほほえましいものですね。猫とインコなど捕食・被食関係なのに仲睦まじかったり、異種動物の子どもを育ててしまう動物までいます。私たち人間には分かり得ない友情や愛情があるのかもしれませんが、異種ペットの飼育は通常可能なのでしょうか。それともハードルの高いものなのでしょうか。今回は注意点について考えてみます。

続きを読む

あなたは、人目線ですか?犬目線ですか?

  • 犬に関連する記事
  • すまい、くらしなどに関連する記事

イメージ
先日、長野市保健所にて開催された「犬のお悩み行動軽減セミナー」の講師を担当させて頂きました。
飼い主さんにとって、吠える・引っ張る・威嚇や攻撃するなど、共に暮らす犬の行動に対して様々な悩みがあります。
今回のセミナーでは、そんな悩みに対するトレーニング方法ではなく、犬の行動を『人の目線ではなく、犬の目線から考える』習慣をつけることが問題軽減の第1歩になることを伝えてきました。

続きを読む

ペット共生型賃貸物件の情報サイト”ペティエ”『首都圏のペット共生物件』 『横浜・神奈川のペット共生物件』アドバンスネット横浜店 ペット可 賃貸も
家族を探す Pet x You 里親・一時預かりの募集情報を掲載しております
被災地動物情報のブログ
一口災害支援基金 田代島にゃんこザ・プロジェクト
シニア犬ライフを応援するフリーマガジン ぐらんわん
TopicsRanking
GUNDOG RESCUE
竹ノ塚里親の会 ねこの里親募集ボランティアSite
繁殖犬だったハスキーの里親様を大募集いたします!
Dog Shelter
KeywordsRanking
夢の賃貸住宅 学生コンテスト