1. ペットと夏を乗り切る

    動物の多くは体毛に覆われており、汗をかくことができません。特に犬は暑さに弱い生き物です。人間も夏場を快適に過ごすためあれこれ工夫しますが、実は動物のほうがもっと暑さ対策を必要としているのかもしれません。ペットの種類、年齢、住まい、飼い方、周辺環境などによっても異なりますが、大切なペットを暑さから守る効果的な方法や食事について考えてみましょう。

  2. ペットとお出かけ ~交通情報編~ フェリー、レンタカー

    お出かけは「無駄ぼえをしない、トイレのしつけができている、人がたくさんいても興奮しない、ほかの犬とけんかしない・・」といった普段からのしつけが試される場です。周囲の方々に不快な思いをさせないように、日頃から基礎的なしつけを心がけたいものです。

  3. ペットとお出かけ ~交通情報編~ タクシー、バス、飛行機

    飛行機の場合、搭乗手続きをしたあとは、自身で用意した各社が規定するケージ、または航空会社が貸し出す貨物室用のケージに入れられ、貨物室へと運ばれます。ペットは受託荷物となりますので、機内に連れていくことはできません。ですので、トイレ・食事・体調には十分に注意が必要です。

  4. ペットとお出かけ ~交通情報編~ ペットの交通手段

    「ペットと電車に乗って遠くへ行きたいけれど、人間と同じように運賃はかかるのかしら」「移動の際、ゲージなどに入れなければならないのかな」という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。 今回は、ペットとお出かけする際の交通手段について、紹介していきます。

  5. ペットとお出かけ 「夏」~国内編~ ペットと宿泊・遊ぶ

    ペット同伴可の宿泊施設はホテル以外にも、コテージやペンション、キャンプ場などがあります。自由度、清潔さ、料金も考慮して、それぞれのペットに合った場所を選びましょう。 宿によってはペットを客室内に連れ込むことができないところもあります。要確認です。

  6. ペットとお出かけ 「夏」~国内編~ おでかけの準備

  7. ペットの暑さ対策~節電編~「ペットの体温調節と暑さ対策」

今月の人気ランキング

おすすめ記事

みんなの夢、猫の未来 第1回「不幸な猫をなくそう!」

猫は、保健所による捕獲義務のない動物です。その代わりに去勢や避妊の助成を行っている自治体が多くあります。足立区では、オス猫の去勢に2000円、メス猫の避妊に4000円の助成金制度を設けています。

新着記事

PAGE TOP