ペット介護

  1. ペットの若さと健康維持

    現在の高齢化社会の中で、いかに若さと健康を保つかということが重要視されていますが、それはペットにとっても全く同じことだと言えるでしょう。ペットの寿命が昔より2倍ほど伸びた今、日本のペットたちも高齢化しています。そこで人間とペットとの大きな違いといえば、自分自身で若さや健康を保つ努力ができないということです。つまり、ペットの老化や病気の兆候に気づいて生活習慣を改善し、予防してあげられるのは飼い主さんしかいないのです。

  2. ペットの老後介護

    今や、動物医療の発達や栄養の改善などによって、13歳~15歳くらいになり、高齢化は人間のみならずペットも同様。介護に関して多くの飼い主さんが老ペットの世話に大変な労を費やしている現状があります。ペット介護が必要になったときにどうすればよいか、また、健康で長生きできるように備える方法について考えます。

おすすめ記事

鳥猟犬をたすけるために 第1回 CACIの活動を始めるまで

現在の日本では、猟犬は「狩の道具」であり、狩の現場で飼い主が放棄してしまうことが多いのです。これらの猟犬たちは、動物愛護センターに保護されますが、鳥猟犬を家庭犬として引き取ってもらうのは難しく、多くの犬たちはガスによる殺処分によって命を終えてしまいます。

新着記事

PAGE TOP