Categories
Encyclopedia_of_Pets
Q&A
ToLiveInHarmony
犬と猫の里親会・譲渡会 イベントスケジュール
定期イベント
  • 猫のイベント毎週(土日祝いずれか)竹ノ塚里親会 東京都足立区
  • 猫のイベント毎月第4日曜 CAPINねこちゃんの里親会 in 亀有 東京都葛飾区

3月のイベント予定
  • 犬のイベント3月5日(日)CACI里親会 千葉県市川市
  • 犬のイベント3月12日(日)ちばわん 船橋いぬ親会 千葉県船橋市
  • 犬のイベント3月19日(日)CACI里親会 千葉県市川市
  • 犬のイベント3月19日(日)ちばわん 定例篠崎いぬ親会 東京都江戸川区
  • 猫のイベント3月25日(土)ちばわん 赤坂ねこ親会 

4月のイベント予定
  • 犬のイベント4月2日(日)ドッグシェルター 駒沢譲渡会 東京都世田谷区
  • 犬のイベント4月2日(日)ちばわん 湘南いぬ親会 神奈川県鎌倉市
  • 犬のイベント4月9日(日)ちばわん 船橋いぬ親会 千葉県船橋市
  • 犬のイベント4月16日(日)ちばわん 定例篠崎いぬ親会 東京都江戸川区
  • 犬のイベント4月22日(土)ちばわん 山本書店プチいぬ親会 神奈川県相模原市
  • 猫のイベント4月23日(日)ちばわん 市川ねこ親会 千葉県市川市
  • 犬のイベント4月30日(日)ちばわん 臨時篠崎いぬ親会 東京都江戸川区

5月のイベント予定
  • 犬のイベント5月14日(日)ちばわん 船橋いぬ親会 千葉県船橋市
  • 犬のイベント5月14日(日)ちばわん 八王子いぬ親会 東京都八王子市
  • 犬のイベント5月21日(日)ちばわん 定例篠崎いぬ親会 東京都江戸川区

くわしく見る>>
保護動物の里親になるまでをイラストで解説します。
ペットを迎えるまでを
イラストでご紹介♪

[ペットと住めるお部屋探しなら]
ペット共生賃貸ハウ
ペット共生賃貸ハウ横浜

キーワード:しつけ

猫と楽しく暮らす~快適住まいづくり 第2回 ”立体的な工夫”で空間の質を高めよう!

  • 猫に関連する記事
  • すまい、くらしなどに関連する記事

イメージ
テリトリー(縄張り)をもち、その範囲内で見回りや狩りをしながら単独生活をする猫にとって、「完全室内飼育」は受け入れやすい生活環境です。
そして、なにより安全と猫の生活に必要なものがそろっている室内は、とても贅沢な場所にもなります。
しかし、家の内外を自由に行き来する猫の生活にある好奇心を刺激する環境や運動量の不足から発生するストレスを解消するために”室内空間の質”を充実させる必要があります。
今回は、”猫が退屈しない仕掛けづくり”をご紹介していきます。

続きを読む

猫と楽しく暮らす~快適住まいづくり 第1回 猫の行動パターンをもとに空間構成を考える

  • 猫に関連する記事
  • すまい、くらしなどに関連する記事

イメージ
十数年前まで、日本では「猫は自由な放し飼い」というイメージがありました。
しかし、近年の住宅事情から、都心では交通事故やFIV(猫エイズ)・FeLV(猫白血病ウィルス)などの伝染病、植え込みや菜園で使われている農薬が体につき舐めたことによる中毒死などの危険から猫を守るためや、他の家の庭での排泄などによるトラブル防止のために、「完全室内飼い」が広まってきています。
そうした飼育環境の変化に、室内でも猫が快適に生活するための工夫が求められるようになりました。

続きを読む

犬と楽しく暮らす~快適住まいづくり 第1回 犬の行動範囲をもとにレイアウトを考える

  • 犬に関連する記事
  • すまい、くらしなどに関連する記事

イメージ
十数年前まで、日本では「犬は外で飼う」というイメージがありました。
靴を脱いで過ごす日本式住宅、そして番犬として犬を飼っていた日本人にとって、当たり前の飼育スタイルでしたが、今や都心のマンションのみならず、郊外の大きな庭がある一軒家でも、欧米のように犬と室内でともに暮らす家が多くなってきました。

続きを読む

お悩みグセ解消エクササイズ 10時間目 ドッグランで戻ってこない

  • 犬に関連する記事

イメージ
自由に走り・他犬と触れ合い・遊べるドッグランは、犬にとって他犬といろんなコミュニケーションができる場所。
活動的な仔にとって、ドッグランで過ごすことは、とても楽しい時間です。
しかし、犬にとって楽しいからこそ、飼い主さんが呼んでも来ないことが多くそのことがお悩みグセになることもあります。
ママのところに行くよりも遊んでいた方が楽しい・・
今の気持ちに正直に行動するのが犬。呼んでも戻って来ないのは、彼らにとって当たり前のことです。
犬の気持ちを理解し、愛犬自ら飼い主の元に戻りたいと思わせるように、考えさせるように練習していきましょう。

続きを読む

お悩みグセ解消エクササイズ 9時間目 電話に吠える

  • 犬に関連する記事

イメージ
電話音が鳴り始めたら、会話が終わるまで吠え続ける・・・
 
犬は、電話音から始まる人の声という「刺激」に興奮
→ 吠え出すきっかけになり
→ それが習慣化する
→ 与えられた仕事のように電話音が鳴る度に吠え続けるようになる
 
犬に悪気は無くとも、会話が聞き取りづらい程吠え続けるのを放っておくのはいいことではありません。
犬に「電話=吠える」に変わる別の仕事を用意し、「吠える」ではなく、愛犬が楽しく、飼い主に優しい仕事を犬自ら望み、率先してやるように教えていきましょう。

続きを読む

犬と人が共に笑顔で暮らすために ~ドッグトレーニングチーム dog luck~ 第4回 犬を取り巻く社会に変化を<dog luckの活動から>

  • 犬に関連する記事

イメージ 犬と一緒に暮らそうと思ったとき、まず考えるべきは「どんな犬を飼いたいか」ではなく「どんな犬となら一緒に暮らせるのか」であるはずなのに、そう考えるよう促してくれる人は実はあまりいないのです。繁殖の背景など、尚更です。

続きを読む

お悩みグセ解消エクササイズ 7時間目 自分のウンチを食べる

  • 犬に関連する記事

イメージ
自分のウンチを食べる・・・
 
人間では考えられませんが、犬にとっては異常行動ではありません。
母犬は、仔犬の肛門を舐めて排泄を促し、寝床を汚さないためにそのまま食べて処理をします。
ペットショップで見かける仔犬のゲージでは、ウンチをすぐに片付けられないことがあります。仔犬にとって、暖かい湯気と強い匂いのある出たての糞はとても刺激的です。興味から始まり、咥えて食べてみたことをきっかけに糞を食べることが習慣化し、癖になることもあります。

 
糞を食べるなんて汚い、考えられない、治さないと!
 
そう考える飼い主も多くいますが、やめさせようとすればするほどうまくいかないもの。食糞対応は、100%を求めるのではなく、上手に管理することで食べれない習慣を作る方が近道です。

/p> 続きを読む

犬と人が共に笑顔で暮らすために ~ドッグトレーニングチーム dog luck~ 第3回 トレーニングの本当の意味とは? <トレーニングの実例から>

  • 犬に関連する記事

イメージ dog luck のトレーニングには、決まったスタイルがあるわけではありません。したがって、トレーニングの一例を見ることが必ずしもdog luckのトレーニングの“方法”を知ることにはつながりません。でも、トレーニングの根底に流れるdog luckの姿勢や哲学は伝わるはずだと考えます。dog luckのトレーニングに貫かれる“犬と向き合う心構え”。トレーニングを通じて飼い主の腑に落ちた“トレーニングの本当の意味”。それはトレーニングの方法論以前に、まず考えなければならないことかもしれません。

続きを読む

犬と人が共に笑顔で暮らすために ~ドッグトレーニングチーム dog luck~ 第2回 人と犬と社会をつなぐトレーニング

  • 犬に関連する記事

イメージ まだまだ「特別なこと」と思われがちな犬のしつけやトレーニング。多くの人が、何か手に負えない問題が生じてから初めてトレーニングを検討する、というスタンスのように思います。積極的なトレーニングが必要なのは「余程の問題がある場合」と考えているのです。でも、それでいいのでしょうか?

続きを読む

お悩みグセ解消エクササイズ 6時間目 食事の準備に吠える

イメージ
食べることはとても待ち遠しい1日の楽しみです。
食事の準備が始まると目を輝かせ近づいてくる仔、クルクルと回りながら喜ぶ仔、右に左に動きながらピョンピョンと跳ねて喜ぶ仔、ヨダレを出しながらじーっと見つめて待つ仔・・・
これだけ喜んでくれる姿を見るのは飼い主としても嬉しいもの。
ですが、興奮し過ぎて、吠えて催促する仔もいます。すぐ止む程度の吠えなら我慢できても、作っている間ずっと吠え続けられれば、イラっとしたり、住環境によってはお隣のことが気になります。
吠えて催促するのではなく、嬉しいことを落ち着いて待てるように教えることでお互い気持ちよく食事の時間を楽しめるようにしましょう。

続きを読む

犬と人が共に笑顔で暮らすために ~ドッグトレーニングチーム dog luck~ 第1回 dog luckのはじまり

  • 犬に関連する記事
  • すまい、くらしなどに関連する記事

イメージ ペット先進国と言われる国々では、犬を迎えたらその体格の大小に関わらず、まず最初に求められるのが「適切なしつけ」であるといいます。お行儀よく振舞えるから人の迷惑にならず、結果的に「ペット不可」と規制される場所も少なくなる。日本ではまだまだ課題の多い部分ではないでしょうか。 「dog luck」は、プロ・ドッグトレーナー3名によるドッグトレーニングチーム。「犬を取り巻く人と社会の意識の底上げ」を大きな目標として掲げています。

続きを読む

イギリスとスイスの動物事情 第4回 イギリスとスイスを訪れて dog luck ドッグトレーナー 栗山典子

  • 犬に関連する記事
  • 猫に関連する記事
  • すまい、くらしなどに関連する記事
  • すまい、くらしなどに関連する記事

イメージ

イギリスとスイスに滞在して一番感じたのは、両国とも人目線からではなく、動物からの目線で見ているということでした。
人がどのようにしたいのかではなく、その動物のニーズは何なのか、それらをきちんと満たせるのか。
動物を家族の一員としてのペットとして見る前に、人とは違う動物であることを認識する。なので、犬に関する専門的な知識はなくとも、基本的なこと、つまり犬という動物がどういう生き物で、どのようなことが必要とされるのか。犬種特性と言われる犬種による特性や気質の違い、運動量の違い。そういった知識は犬を飼う前提の知識としてとらえられているように感じました。

続きを読む

お悩みグセ解消エクササイズ 5時間目 止まって、歩かない

  • 犬に関連する記事

イメージ
散歩中、急に立ち止まって動こうとしない。
怖くて歩けない仔もいれば、歩かなければ抱っこしてもらえる、歩かなければ自分の行きたい方に行けることを学習している仔、気になる匂いがあると嗅ぎ終わるまで動かない仔など、歩かない理由は様々あります。
歩かないことが当たり前から癖になると、イヌは抱っこのままで歩くのは飼い主、愛犬が行きたい方にばかり歩く、外が怖くて散歩を楽しめない、少し歩いては匂い嗅ぎでなかなか歩く時間にならない・・・これではイヌはもちろん、飼い主も楽しめません。
お互いが楽しむための「しっかり歩く散歩」を練習しましょう。

続きを読む

お悩みグセ解消エクササイズ 3時間目 お手入れが苦手

  • 犬に関連する記事

イメージ
健康維持のためにも、欠かせない大切なお手入れ。
しかし、お手入れをされることが苦手な犬もいます。嫌がる犬に無理にすると、余計お手入れが苦手になるだけでなく、嫌なことから逃れるために威嚇したり、咬むようになることもあります。
子犬のうちから慣らしていくことがベストですが、既に少し苦手になっている犬には、我慢をさせるのではなく、お手入れされることが楽しいと思わせるような練習を少しづつ行っていきましょう。

続きを読む

お悩みグセ解消エクササイズ 2時間目「拾い食い」

  • 犬に関連する記事

イメージ
散歩中、落ちている食べ物を咥えて食べる「拾い食い」は、時に犬の体調や命に関わることもある問題です。チョコレート、骨付き鶏肉、タマネギが入っているハンバーグ、魚介類が入ったピザなど、お腹を下す、多量に取れば中毒症状を起こすものや噛み砕いて飲み込んだ骨がのどや内蔵に刺さるものは危険です。また咥えた食べ物を口から出させようとすると、取られたくないという「所有欲」から飼い主さんに咬みつく可能性もあります。落ちている食べ物があっても飼い主の指示で我慢できるように訓練しましょう。

続きを読む

ペット共生型賃貸物件の情報サイト”ペティエ”『首都圏のペット共生物件』 『横浜・神奈川のペット共生物件』アドバンスネット横浜店 ペット可 賃貸も
家族を探す Pet x You 里親・一時預かりの募集情報を掲載しております
被災地動物情報のブログ
一口災害支援基金 田代島にゃんこザ・プロジェクト
シニア犬ライフを応援するフリーマガジン ぐらんわん
TopicsRanking
GUNDOG RESCUE
竹ノ塚里親の会 ねこの里親募集ボランティアSite
繁殖犬だったハスキーの里親様を大募集いたします!
Dog Shelter
KeywordsRanking
夢の賃貸住宅 学生コンテスト