投稿・取材協力

  1. 子供と犬を守るために 乳児とゴールデンレトリバーの事故を考え CPDT-KA 栗山典子さん

    乳児とゴールデンレトリバーの事故がおきたとき書かれたあるブログをもとに、犬のトレーニングに取り組む栗山典子さんの視点を通し学ぶべきことのお話しです。

  2. 犬が匂いを嗅げる散歩をしていますか?「嗅ぐ」ことがとても大切な理由

    散歩中に、木や草地、電信柱をクンクンと嗅ぎ、呼んでも歩き出そうとしても踏ん張って動かない愛犬。 なぜ、犬は、こんなに匂いが嗅ぎたいのでしょうか?いったい、何が楽しいのでしょうか?

  3. 子供と犬を守るために 乳児とゴールデンレトリバーの事故を考える ドッグコーチ 里見 潤 さん

    その時の状況も飼い主も犬も、皆それぞれ違うので、どの可能性も考えられます。 では、痛ましい事故を起こさないためにどうすればいいのか。 噛んだ原因を探す以外にも、できる事があると思います。

  4. 子供と犬を守るために 乳児とゴールデンレトリバーの事故を考える

    2017年3月、ゴールデン・レトリーバーが乳児の頭部を噛んで死亡事故を起こしたというニュースを知り、犬と暮らしている人も暮らしていない人も、多くの人がショックを受けました。 このような痛ましい事故が再び起きることがないように、私たちが知っておくべきを犬とつながりのある様々な人に聞いてみました。

  5. イヌに教え、教えられ 第31回 犬(動物)目線からの譲渡

    自宅で保護しているミックス犬の「しらす」 しらすは、穏やかで活発な犬ですが、慣れない人や人混みが苦手で端っこで震えてしまいます。 ある日、そんなしらすを見て、里親希望してくれたご家族がいました。

  6. 犬と猫と人間 『皮膚のトラブルと皮膚常在菌』のお話し

  7. 犬と猫と人間 『放射能と被ばく』のお話し 【その3】知っておきたい!知ってほしい!『放射能と被ばく』についてのキーワード

  8. あなたは、人目線ですか?犬目線ですか?

  9. 犬と猫と人間 『放射能と被ばく』のお話し 【その2】散歩・食べ物からの”内部被ばく”を考えてみよう

  10. 犬と猫と人間 『放射能と被ばく』のお話し 【その1】まずは、原発事故後の日本の状況知ろう!

  11. イヌに教え、教えられ 第30回 犬は今を生きている

  12. 猫と楽しく暮らす~快適住まいづくり 第2回 ”立体的な工夫”で空間の質を高めよう!

  13. 犬を迎えるとき大切なこと ~マッチング(お見合い)で共に幸せを~

  14. 犬と猫と人間 『眠り』のお話し

  15. イヌに教え、教えられ 第29回 根気よく、気長に向き合う

おすすめ記事

みんなの夢、猫の未来 第1回「不幸な猫をなくそう!」

猫は、保健所による捕獲義務のない動物です。その代わりに去勢や避妊の助成を行っている自治体が多くあります。足立区では、オス猫の去勢に2000円、メス猫の避妊に4000円の助成金制度を設けています。

新着記事

PAGE TOP