投稿・取材協力山本聖文

  1. 犬と楽しく暮らすためのトレーニング 第4回 犬と楽しく暮らすために

    犬の扱い方、しつけ方を教えるのと、犬との暮らし方を考えるのは、別のことだと思うんです。また、犬に何かを教えるのと、飼い主さんにアドバイスすることにも、それぞれ別のスキルが必要です。

  2. 犬と楽しく暮らすためのトレーニング 第3回 ほめて育てるトレーニング

    レッスンで最も重視しているのは、「呼ばれたら戻る」ことです。野原や山には鳥やウサギの匂いなど、さまざまな誘惑があります。猟に連れていった際に勝手に小鳥を追いかけていったり、落雷などの刺激に驚いて逃げてしまい、そのまま飼い主と離れて保護犬となるケースもあるので、特にガンドッグにとっては命にかかわる訓練なのです。

  3. 犬と楽しく暮らすためのトレーニング 第2回 保護犬たちとの暮らし

    犬種や飼育目的も考慮せずに行ってきた従来の訓練方法に、よくないイメージがあるのかもしれません。しかし、吠え癖などの問題行動を放置していると、保護犬のイメージが悪くなるのではと心配です。飼い主さんは「捨てられていたかわいそうな犬なんだから、大目に見てあげなくちゃ」と思っていても、周囲の人は「やっぱり捨てられていた犬なんて、あんなものよね」と悪く捉えるかもしれません。

  4. 犬と楽しく暮らすためのトレーニング 第1回 ガンドッグと出会ってから

    野原を全速力で走るイングリッシュセッターやイングリッシュポインターの姿には、見る者を無条件で感動させる美しさが備わっていて、それはサラブレッドと共通するものだと思いました。イギリスで見たガンドッグたちの訓練風景が引き金となり、時を経てドッグスクール開設へと至ったのです。

今月の人気ランキング

おすすめ記事

犬と人が共に笑顔で暮らすために ~ドッグトレーニングチーム dog luck~ 第1回 dog luckのはじまり

ペット先進国と言われる国々では、犬を迎えたらその体格の大小に関わらず、まず最初に求められるのが「適切なしつけ」であるといいます。お行儀よく振舞えるから人の迷惑にならず、結果的に「ペット不可」と規制される場所も少なくなる。日本ではまだまだ課題の多い部分ではないでしょうか。 「dog luck」は、プロ・ドッグトレーナー3名によるドッグトレーニングチーム。「犬を取り巻く人と社会の意識の底上げ」を大きな目標として掲げています。

新着記事

PAGE TOP