Categories
Encyclopedia_of_Pets
Q&A
ToLiveInHarmony
犬と猫の里親会・譲渡会 イベントスケジュール
定期イベント
  • 猫のイベント毎週(土日祝いずれか)竹ノ塚里親会 東京都足立区
  • 猫のイベント毎月第4日曜 CAPINねこちゃんの里親会 in 亀有 東京都葛飾区

4月のイベント予定
  • 犬のイベント4月2日(日)ドッグシェルター 駒沢譲渡会 東京都世田谷区
  • 犬のイベント4月2日(日)ちばわん 湘南いぬ親会 神奈川県鎌倉市
  • 犬のイベント4月9日(日)ちばわん 船橋いぬ親会 千葉県船橋市
  • 犬のイベント4月16日(日)ちばわん 定例篠崎いぬ親会 東京都江戸川区
  • 犬のイベント4月22日(土)ちばわん 山本書店プチいぬ親会 神奈川県相模原市
  • 猫のイベント4月23日(日)ちばわん 市川ねこ親会 千葉県市川市
  • 犬のイベント4月30日(日)ちばわん 臨時篠崎いぬ親会 東京都江戸川区

5月のイベント予定
  • 犬のイベント5月14日(日)ちばわん 船橋いぬ親会 千葉県船橋市
  • 犬のイベント5月14日(日)ちばわん 八王子いぬ親会 東京都八王子市
  • 犬のイベント5月21日(日)ちばわん 定例篠崎いぬ親会 東京都江戸川区

6月のイベント予定
  • 犬のイベント5月21日(日)ちばわん 定例篠崎いぬ親会 東京都江戸川区

くわしく見る>>
保護動物の里親になるまでをイラストで解説します。
ペットを迎えるまでを
イラストでご紹介♪

[ペットと住めるお部屋探しなら]
ペット共生賃貸ハウ
ペット共生賃貸ハウ横浜

スペシャリスト:里見潤

イヌに教え、教えられ 第24回 導く強さも必要

  • 犬に関連する記事

イメージ

どんぐりは、若くて元気一杯のチワワ。
「さぁ、僕についてきて!」とばかりにリードを引っ張る。
 

先輩犬チワワのあんとんは、8歳。
お相撲さん体型で散歩はゆっくりマイペース。
 

1頭はグイグイ、1頭は歩いたり歩かなかったり・・・
歩調が合わない2頭、左手と右手で持つリードが前後してしまうママは大変だ。

続きを読む

イヌに教え、教えられ 第23回 動物が教えてくれること

  • 犬に関連する記事
  • すまい、くらしなどに関連する記事

イメージ

チャイムに吠え来客を家族に知らせるのが、トイプードル「もずく」のお仕事。
 

「パパ、ママ誰か来たよ!」と、、、
 

でも、もずくが張り切ってしているこのお仕事は、家族たちにとってあんまり嬉しくないお仕事でした。
そうしてもずくと家族は、吠えても止められるトレーニングをすることになりました。
 

まずは、基本指示をした際のもずくと家族双方の様子を確認させてもらった。
家族に「スワレ」「マテ」を指示してもらうが、もずくはうまくできない。
するとママはすぐに諦めて「はい、次はパパの番ね~」 とバトンを渡そうとする・・できないことではなく、諦めてしまうことが問題でした。
犬のトレーニングの前に、家族のトレーニングが必要だったのです。

続きを読む

お悩みグセ解消エクササイズ 7時間目 自分のウンチを食べる

  • 犬に関連する記事

イメージ
自分のウンチを食べる・・・
 
人間では考えられませんが、犬にとっては異常行動ではありません。
母犬は、仔犬の肛門を舐めて排泄を促し、寝床を汚さないためにそのまま食べて処理をします。
ペットショップで見かける仔犬のゲージでは、ウンチをすぐに片付けられないことがあります。仔犬にとって、暖かい湯気と強い匂いのある出たての糞はとても刺激的です。興味から始まり、咥えて食べてみたことをきっかけに糞を食べることが習慣化し、癖になることもあります。

 
糞を食べるなんて汚い、考えられない、治さないと!
 
そう考える飼い主も多くいますが、やめさせようとすればするほどうまくいかないもの。食糞対応は、100%を求めるのではなく、上手に管理することで食べれない習慣を作る方が近道です。

/p> 続きを読む

イヌに教え、教えられ 第22回 手段を選ぶとき優先するものとは

  • 犬に関連する記事
  • すまい、くらしなどに関連する記事

イメージ

自宅で預かっていた保護犬シェットランドシープドッグの「シェリ」に、里親を希望する家族が現れた。
 
シェリは、人が好きで穏やかな犬ですが、要求吠えとトイレトレーニングが引き続き必要なため、私がトライアルをはじめる家族とシェリをフォローすることになった。
 
トライアル初日、家族にトイレトレーニングのやり方を伝えた。
すると、シェリは、初オシッコ成功し皆で喜び、シェリ誉めた。
そして、シェリが夜泣きせず寝てくれるか気になるパパとママにハウストレーニングを伝えた。
すると、パパとママいうことをよく聞き、その夜、全く吠えず過ごしたシェリ。
ママから「すごいいい仔。本当に吠えるの?」と聞かれた私は「ちゃんと吠えるようになるから心配しなくていいですよ」と笑う。
心配されていたトイレと夜泣きは、その後も問題なく順調にトライアルをスタートした家族とシェリでした。

続きを読む

お悩みグセ解消エクササイズ 6時間目 食事の準備に吠える

イメージ
食べることはとても待ち遠しい1日の楽しみです。
食事の準備が始まると目を輝かせ近づいてくる仔、クルクルと回りながら喜ぶ仔、右に左に動きながらピョンピョンと跳ねて喜ぶ仔、ヨダレを出しながらじーっと見つめて待つ仔・・・
これだけ喜んでくれる姿を見るのは飼い主としても嬉しいもの。
ですが、興奮し過ぎて、吠えて催促する仔もいます。すぐ止む程度の吠えなら我慢できても、作っている間ずっと吠え続けられれば、イラっとしたり、住環境によってはお隣のことが気になります。
吠えて催促するのではなく、嬉しいことを落ち着いて待てるように教えることでお互い気持ちよく食事の時間を楽しめるようにしましょう。

続きを読む

犬と共に踏み出す一歩「KIDOGS」 第6回 「できることを」~最終回~ 犬の講師 里見潤

  • すまい、くらしなどに関連する記事

イメージ

      保護犬に、新しい家族を見つける。
      自立に悩む若者に、一歩を踏み出してもらう。
 
それが、キドックスでの活動の目指すものです。
 
しかし、当たり前のことですが、目指すものに何もなく順調に進んでいけるだけではありません。うまくいく時とうまくいかない時を繰り返しながら、少しづつ少しづつ変わり、成長していくものだと感じています。
それは、保護犬も若者も一緒。

続きを読む

イヌに教え、教えられ 第20回 相手を知る

  • 犬に関連する記事

イメージ

愛犬の行動に困っている飼い主さんと話をしていると、「悩みそのものに飼い主さんの目が向いてしまうのだな」と感じることがある。
例えば、
「バイクや宅配人が押す台車に吠える」
「家族の手足にジャレて、噛んでくる」
「電信柱や道の脇、どれも嗅ぐから散歩が進まない」

困った行動を愛犬がやらなくなればいいが、やめさせられないことが続くとイライラして感情的に叱ってしまう、、、ということが考えの中心にある飼い主。
愛犬がどうしてそのような行動をとるのか?
視点を変えてこれらの行動を犬の立場から見てみると、飼い主にとって困った行動も、犬には理由があって行っていることなのです。

続きを読む

犬と共に踏み出す一歩「KIDOGS」 第5回 ドッグトレーナーとして参加する理由 犬の講師 里見潤

  • すまい、くらしなどに関連する記事

イメージ

ドッグトレーナーとして自立支援プログラムに参加してから3年近くが経ちます。
KIDOGSに参加する前に、保護団体Dog shelterのスタッフとして、保護犬のトレーニング経験はありましたが、保護犬を通じて引きこもりや就労が継続的に出来ない若者の自立をサポートする活動は初めてでした。
 
実は私自身、20代の頃に仕事を辞め、引きこもりをした経験があります。
昼夜逆転、日中は家を出ない、人との会話は親と親戚だけ、他者との接点を持たない、そういう時期がありました。
そして、そんな自分になっていたのは「自分の心が弱く、自分自身で逃げることを選んだ」からだと今の私は知っていますが、その当時は親や周りの環境のせいにしていました。

 

そんな私が引きこもりから抜け出たきっかけは、『犬』です。

続きを読む

イヌに教え、教えられ 第19回 みんな違っていい

  • 犬に関連する記事

イメージ

雑種犬のポンタは、保護団体の一般社団法人ランコントレ・ミグノンに保護され、新しい飼い主に迎えられました。
 
          初めて犬を飼う家族。
          若くて体力がある中型犬のオスのポンタ。
 
人と犬、お互いが楽しく暮らせるように、家族は躾け方レッスンを受けてくれることにしました。
 
レッスンを始めて4回目、うまくいかないことはあっても、家族は犬生活に考えていたより早く馴染んでいるように見えた。その理由は、家族の犬との面白い付き合い方・向き合い方にあるように思う。

続きを読む

イヌに教え、教えられ 第18回 一緒にいると楽しいから、褒められたいから「聞く」耳を持つ

  • 犬に関連する記事
  • すまい、くらしなどに関連する記事

イメージ

愛犬が、散歩の時に引っ張る・他の犬を見て吠える・誘惑があると指示を聞かないなど、飼い主の愛犬に対する悩みを改善していく時、スワレ・フセ・マテ・コイ・アトへ(付いて歩く)などの服従訓練を愛犬・飼い主さんに教えていきます。
イヌに、人の指示を優先し、人に合わせることを学ばせて、引っ張りたくても、吠えたくても、飼い主の指示でそれらをグッと我慢できるようにしていきます。

続きを読む

イヌに教え、教えられ 第17回 足りないものに気付かせてくれる

  • 犬に関連する記事
  • すまい、くらしなどに関連する記事

イメージ

柴犬のメスで7歳の「おまめ」は、私が初めて自分の責任で飼い始めた犬です。
 
訓練の専門学校で学んでいた頃、ジャーマンシェパードを担当し、柴犬の担当をしたことはありませんでした。
しかし、ドッグトレーニングの仕事をするようになり、「人を咬む」という悩みでトレーニングの依頼が多かった柴犬に興味を持ちはじめました。本能や行動・性格面・癖など、犬種によっては個体ごとに表面化する特徴が違うことがあります。柴犬を自分で飼い、共に生活をし、経験する必要があると考えおまめを飼いはじめました。

続きを読む

犬と共に踏み出す一歩「KIDOGS」 第2回 保護犬 KIDOGS 犬の講師 里見潤

  • 犬に関連する記事
  • すまい、くらしなどに関連する記事

イメージ
今回は、KIDOGS(キドックス)のプログラムに参加する保護犬をご紹介します。
 
茨城県土浦にて、現在4頭の保護犬がキドックスに参加しています。
彼らは、人間の様々な事情で飼うことが困難となり、保護団体「CAPIN(キャピン)」に保護されました。
キャピンでは、常時十数頭の犬が保護されており、その多くは10kg以上の中型犬、そして犬種はほとんど雑種犬です。
 
キャピンで保護された犬たちは、一般ボランティアが日々交代で世話をしています。忙しい時間の合間に、車で山間にあるキャピンの施設に通い、散歩や食事、健康管理をしています。

保護犬の中には、力が強い中型犬や人との良い関係を教えられずにきた仔もいます。そんな仔たちを散歩することは、大変なこともあります。犬が好き、という気持ちだけではボランティアを続けることは難しいことです。
キャピンで保護された犬達は、ボランティアが愛情をもって触れ合い、時間を掛けて世話をしていくことで、新しい家庭に迎えられるために必要な人との信頼関係の土台を築いていきます。
キドックスでは、そんな仔たちの中から自立に悩み他者とのコミュニケーションに難しさを感じている若者たちにとって、それぞれの若者が自らの課題を乗り越えていくために、若者と共にトレーニングすることが適していると判断した犬を選び、キャピンの協力を得て週4日のプログラムを行っています。

続きを読む

イヌに教え、教えられ 第15回 自らの命で何かを伝える

  • 犬に関連する記事
  • すまい、くらしなどに関連する記事

イメージ

犬は人間より寿命が短く、愛犬は家族より先に旅立つ。

私は、訓練士であり、一人の飼い主でもある。
保護団体のスタッフをしていたこともあるし、今は里親が見つかるまでの間、保護犬を自宅で預かる一時預かりボランティアもしている。
保護譲渡される犬の多くは2歳〜6歳位だが、シニア年齢の仔も少なくない。年齢が高くなるほど、新しい家族は見つかりづらくなる。
長い保護期間の後、ようやく新しい家族に迎えてもらってたが、家族と一緒に過ごせる時間を長く持てずに旅立つ仔もいる。

続きを読む

イヌに教え、教えられ 第14回 「諦める」を教える

  • 犬に関連する記事
  • すまい、くらしなどに関連する記事

イメージ
シェットランドシープドッグの「サリュ」と「ラフィン」は、穏やかで人が大好き。
 
2頭はとてもいい仔なのですが、散歩中にオートバイに出会うと吠えずにいられない。
素早く動くもの、走り去るものに興奮し、吠えて追いかけようとする。それは牧羊犬であるシェットランドシープドッグのDNAがそうさせるのだ。大きな音で走り去るオートバイは、彼らには一大イベントです!
パパとママを困らせようなんて気持ちは無いけれど、頭で考える前に本能的に体が動くサリュとラフィン。困った家族たちとサリュとラフィンは、トレーニングを受けることになりました。

続きを読む

犬と共に踏み出す一歩「KIDOGS」 第1回 KIDOGSの活動と目的 KIDOGS 犬の講師 里見潤

  • 犬に関連する記事
  • すまい、くらしなどに関連する記事

イメージ
私は、ドッグトレーナーをする傍ら、飼い主に捨てられ保護された犬を一般家庭で暮らすためのトレーニングを通し、引きこもりや就学就労を継続的にできずに悩む若者たちの自立をサポートするNPO法人キドックス(KIDOGS)の活動に参加しています。
 
NPO法人「キドックス」は、「人と犬」双方の支援に繋がる活動をしたいと考えた当会代表の上山琴美のもとに、犬の専門家など数名が集まり、2013年4月茨城県土浦市にある土地と平屋を借り活動を始めました。
 
NPO法人動物愛護を考える茨城県民ネットワーク「CAPIN」の協力のもと、毎週火曜日から金曜日の日中に保護犬を預かり受け、参加する若者がそれぞれ1頭、保護犬のトレーニングを担当していきます。
保護犬が再び家庭で暮らし始めた時、一緒に暮らす家族が困らず、犬も安心してスムーズに生活に慣れていけるように、人の指示を理解し従うためのトレーニングを行っていきます。
犬たちをトレーニングするのは、あくまで参加する若者たちであり、犬と若者の双方にトレーニングのやり取りを教え伝えていくことが、ドッグトレーナーとしての私の役目です。

続きを読む

ペット共生型賃貸物件の情報サイト”ペティエ”『首都圏のペット共生物件』 『横浜・神奈川のペット共生物件』アドバンスネット横浜店 ペット可 賃貸も
家族を探す Pet x You 里親・一時預かりの募集情報を掲載しております
被災地動物情報のブログ
一口災害支援基金 田代島にゃんこザ・プロジェクト
シニア犬ライフを応援するフリーマガジン ぐらんわん
Category Topics
カテゴリーランキング
GUNDOG RESCUE CACI
竹ノ塚里親の会 ねこの里親募集ボランティアSite
繁殖犬だったハスキーの里親様を大募集いたします!
Dog Shelter
RSS Topics
KeywordsRanking
夢の賃貸住宅 学生コンテスト