アニマルライツ

犬と楽しく暮らすためのトレーニング 第3回 ほめて育てるトレーニング

犬と楽しく暮らすためのトレーニング
山本聖文

ドッグトレーナー・ドッグライフカウンセラー・ドッグアドバイザー

    第3回  ほめて育てるトレーニング


呼び出しの訓練をしている犬と飼い主、それを見ているスクールの生徒さんたち。呼び出しの訓練をしている犬と飼い主、それを見ているスクールの生徒さんたち。

  山本さんのスクールで、問題行動を矯正する「快適生活クラス」を見学しました。大型犬も小型犬も、それぞれ違う種類の犬たちがグループになって、飼い主さんと一緒に参加しています。

  訓練の様子を解説していただきながら、ドッグトレーナーの仕事についてお尋ねしました。

◆訓練でまず覚えてほしいことは

呼び出しの訓練をしているところ。呼び出しの訓練をしているところ。

  レッスンで最も重視しているのは、「呼ばれたら戻る」ことです。野原や山には鳥やウサギの匂いなど、さまざまな誘惑があります。猟に連れていった際に勝手に小鳥を追いかけていったり、落雷などの刺激に驚いて逃げてしまい、そのまま飼い主と離れて保護犬となるケースもあるので、特にガンドッグにとっては命にかかわる訓練なのです。

  例えば、飼い主さんに呼ばれて犬が戻ろうとする途中にボールやチーズを置き、それでも気をそらさずにまっすぐ戻ってくるような訓練をします。どんな誘惑があっても、呼ばれたら必ず戻ることを覚えてもらいます。

◆むやみに叱らないのは、なぜ

  飼い主さんの足元は快適な場所なのだと、犬に覚えてほしいのです。足元に戻れば、飼い主さんがほめてくれる、なでてくれる。おいしい食事や楽しい遊びが待っている。飼い主さんの足元は、叱られたり叩かれたりする場所ではない。いいことがある場所だと思ってほしい。

  もともと私は馬術の世界で馬を扱っていました。馬は身体が大きいから引っ張れないし、叩いたからといって言うことを聞いてくれるわけじゃないですから。服従させるという感覚があまりないんです。

指示通りにできた犬をほめている山本さん。指示通りにできた犬をほめている山本さん。

  教えたことができた時、犬を思い切りほめます。声のトーンもあげて、オーバーアクションでほめちぎります。大げさなくらいに喜んでみせて、初めて犬に気持ちが伝わるのです。

  ほめられていることがわかれば、指示も遊びのひとつと捕らえ、犬は正しい行動を覚えていきます。うまくできた時には「どうよ?」と誇らしげな表情を見せたり、うれしい時には口角が上がって笑っているような顔にもなるんですよ。

◆トレーナーをしてきて、よかったことは

  やはり、飼い主さんの笑顔を見たり、喜ぶ声を聞いた時に、うれしい気持ちになります。

  ボールやフリスビーなどの道具を使ったレッスンをします。すると副次的に、今までできなかったボール遊びができるようになることがよくあります。

怖がりで、咬み癖が強かった犬。山本さんのレッスンでかなり改善されたようです。

  「問題行動も治ってきたし、いろいろな遊びもできるようになって、私たちもワンもとっても楽しいです!」と飼い主さんから言われると、トレーナーになって本当によかった、と実感します。

  先日も、生徒さんの愛犬が競技会デビューを果たしました。スクールにやってきたばかりの頃は、ずっと吠え続けていたワンちゃんでしたが、現在では攻撃的な行動も緩和されたので、フリスビーの競技会に出場することができました。

競技会に出場した時の飼い主さんのうれしそうな笑顔は、私の大切な宝物です。

◆トレーナーとして、困ったことは

  愛犬の成長を喜べない飼い主さんには、困ります。

  人間の子どもの場合で言うと、例えば、今までプールで5mしか泳げなかった子が、10m泳げるようになったとします。その時、今までより泳げるようになったことをほめるのではなく、標準より泳げていないとか、他の子はもっと泳げるなどと言ってしまうような人。

  犬の場合も同じですが、わずかな成長にも気づいてあげてほしいのです。そして、その犬種にとって最高のことができるようにトレーニングしていきましょう。

犬と楽しく暮らすためのトレーニング 第2回 保護犬たちとの暮らし

犬と楽しく暮らすためのトレーニング 第4回 犬と楽しく暮らすために

山本聖文

山本聖文

投稿者の記事一覧

(やまもと きよふみ)

ガンドッグトレーナー
ドッグライフカウンセラー

会社員として不動産関係の仕事をこなす傍ら、学生時代から続けていた馬術の訓練のため、1987年、イギリスへ留学。
馬術の指導教官がガンドッグの訓練を手掛けていたことから、トレーニングの基礎を学ぶ。
2007年、指導教官が所属するガンドッグクラブでの研修を経てガンドッグトレーナー、ドッグアドバイザー(犬種アドバイザー)の認定を受ける。同年、社会動物環境整備協会の資格試験にトップの成績で合格し、ドッグライフカウンセラーとなる。
2007年12月 「DogSchool I’ll(アイル)」を設立し、現在に至る。
DogSchool I’ll Webサイト:http://gundogsch.exblog.jp/

関連記事

  1. ある日、捨てられた仔猫に出会った《 体験談 》 第1回 仔猫を拾…
  2. ペットと共に暮らすために考えたいこと 第9回 迷い犬、迷い猫を保…
  3. 鳥猟犬をたすけるために 第8回 「いのち」をめぐる多くの課題
  4. イヌに教え、教えられ 第1回 犬は今を生きる。
  5. イヌに教え、教えられ 第18回 一緒にいると楽しいから、褒められ…
  6. アメリカの動物事情 第2回 シェルター(保健所)
  7. イヌに教え、教えられ 第25回 急がないことが、近い道
  8. イヌに教え、教えられ 第6回 身近な人こそ褒めてみよう

今月の人気ランキング

PAGE TOP