グッズ

とっても簡単♪アバウトOK!リメイク
オーバーオールで両肩かけスリング作り

わんこと一緒にお出かけの時、スリングがあるととても便利!

だけど、、
うちの子には少し窮屈かな・・・
小型犬だけど、体重は重いのよね・・・
片方だけに荷重がかかると肩が痛くなる
などなど、お悩みの皆さま、私もそうだったんです。

わんこの荷重を分散させて肩への負担を軽減できる「両肩かけスリング」
これが、なかなか売っていません。
インターネットでやっと見つけたものも、うちのワンコには、袋部分が浅かったり、、

ないなら作ろう!!!といろいろ考えて、作ってみました。
素人、しかもとってもアバウト、いい加減大好き!な私の作り方を恥ずかしながらご紹介します。

【材料】オーバーオール(男性用Lサイズ)… 1着

オーバーオールを用意します

今回は、男性用のLサイズの大きさです。
私個人の意見ですが、女性用の大きなものよりも、男性用の方が服のライン的にはオススメです。
女性用ですと、どうしても腰のラインを少し絞って作ってある事が多いく、ワンコの出入りを考えたら男性用が使いやすいと思います。

ズボンの脚の部分をカットします(★1)

カットした生地は、後ほど使いますので、捨てないで下さいね。

 背中の部分の真ん中にハサミを入れます(★2)

いいですか、アバウト!で大丈夫です。
お尻から股に近い所まで切って大丈夫ですよ。
これが「本体」になります。
このカットが浅いと、肩に掛けるのが、ちょっと大変になります。

 「ズボンの脚」の部分を2枚に切ります

*1枚:本体の背中部分に使います(★2)
*1枚:本体スリング底部分に使います(★1)

 「背中の部分」(★2)の仕上げをします

本体と「ズボンの脚」の布をミシンで縫い付けましょう。

【黄色いライン】
ズボンの幅そのまま。
裾部分を使えば、まつり縫いなどの処理は不要です。
【赤いライン】
20~25センチくらいで大丈夫です。
余分な部分は、カットしてミシンで縫っていきます。

こんな感じです。

【緑のライン】
ロックミシンかまつり縫いで処理をします。
ジーンズですので、切りっぱなしも良い味わいになるかもね。

 「スリングの底」(★1)の仕上げをします

オーバーオールの脚をカットした本体(スリングの底部分)に、ミシンで縫い付けましょう。

底部分は、ワンコの荷重がかかりますし、ホリホリする事もありますので丈夫に仕上げます。
ロックミシンのある方は、ロックミシンと直線ミシン、
直線ミシンのみの方は、二重に縫うと丈夫で安心です。

完成です!

肩紐は、取り外し自由ですから、背中にクロスにすることもできます。
ワッペン で飾ってみました。

 

縫う所も切る所も少なく、アバウトOK!良い加減万歳!な感覚で大丈夫です。
是非トライしてみて下さいませ!

こんな感じで使用します。

「かくれんぼ出来るの」by 小珠(モデル犬)

わんポイントアドバイス

*肩のベルトが細くてちょっとクッションが欲しい方
赤ちゃん用のスリングに使う肩ベルトカバーがおすすめです。
100円ショップにもあります。

*スリングの中
私はクッションを入れて使用してます。

境谷真佐子

境谷真佐子

投稿者の記事一覧

(さかいだにまさこ)
タイ式ヨガインストラクター

「あるなら探せ。無ければ作れ」をモットーに、愛犬の快適な生活とお出かけを探求しています。 楽しいお出かけ情報や、グッズのリメイク術をご提案していきます。

愛犬小珠のブログ『小珠メモ』:https://ameblo.jp/umeran0412/
心臓病、パグ脳炎の小珠(こだま)との日々

関連記事

  1. 愛猫家に大人気!伝統工芸品「猫ちぐら」
  2. わんことのお出かけレポート 第3回 パグの小梅ちゃんと共に「お台…
  3. ペットの医療・健康 第13回 「てんかん」について知ろう 【体験…
  4. ワンコと一緒にアウトドア! 第3回 キャンプグッズ、キャンプレシ…
  5. 猫と犬と一緒に暮らす
  6. わんことのお出かけレポート 第2回 パグの小梅ちゃんと共に「コス…
  7. わんことのお出かけレポート 第1回 パグの小梅ちゃんと共に「伊豆…
  8. 絵本 『さいごのぞう』 作者 井上奈奈さんインタビュー

今月の人気ランキング

PAGE TOP